<< 脱亜論を見直しましょう | main | 世界大戦へ秒読み開始 >>

ベーシックインカムを考察する

ちょっと面白い物を見つけました。

【BI→BN】世界経済を救う方法を思いついた【エル・プサイ】

三行まとめ

 ・失業者を審査して生活保護するより全員に食糧配給する
 ・みんなブラック企業より配給食でのニートを選ぶ
 ・労働者が減って社畜は給料UPウマー、ニートは将来の心配ゼロになってウマー

実に面白い考察だと思いますので、今日はこれについて考えてみましょう。

こんな話がニュー速VIP(2ちゃんねるの雑談板)でされているというのが、インターネット時代の面白い所ですね。昔だったら、学者とかが格式張った論文を書いて、一部の人だけがそれを見て、権力者に潰される(笑)というお決まりのパターンをなぞる事になったのでしょうが、こうして2ちゃんねるで議論され、まとめサイトに載り、私のような個人ブログが取り上げ・・・と、実に多様に取り上げられるようになりました。そして、その意見が正しい事であれば、色々な人に認められるのです。これは実に楽しい事です。
こういう流れが出来上がりつつある今こそ、民主主義の醸成期であると感じます。これまでの民主主義なんて、全部まやかしですよ。だって、権力者がマスコミを支配し、マスコミの言う通りに誘導された馬鹿な国民が、政治を選んだ「つもり」になっていただけの物を、どうして民主主義と呼べますか?
国民が議論を交わす場も無い状態で、どうして民主主義が機能するって?馬鹿じゃないの?
インターネットという武器を手に入れて、ようやく民主主義が正常に機能する下地が整ったという事です。

私がこうしてブログを書いている事に対して、「お前、そんなブログで愚痴を吐き出して、何がしたいの?意味が分からないよ」と言う方も、「お前、政治家にでもなりたいの?」と言う方も、「だったら、こんなブログなんかでグチグチ言ってないで、世界を知ることだよ!影響力のある人に会って、人脈を築くべきだよ!」と言う方も居る訳です。
しかしそれは、古い時代の方法論です。インターネットが普及してわずか十年の間に、世界がその性質をガラリと変えた事に、そろそろ気付いてください。
これからの時代は、国民の一人一人が目を覚まし、一人一人が自分の考えを持って議論をし、一人一人が未来を描く時代です。事実、政治家に引けを取らない程の知識を蓄え、正しい議論を巻き起こす力を備えた「個人」がどんどん増えてきています。ええ、まあ、ご承知の通り民主党の議員は馬鹿過ぎる為、それを超えるのは全く難しくないという事もあります(笑)
国民全員が政治家よりも賢くなれば、世界は変わる。事実、国民が知った事実を政治家へ電話、ファックス、メールで伝える事で、私たちは自分の意志を表明する事ができます。私はここに明るい未来を感じずには居られません。
つまり、権力者に取り入って政治家になるより、こうして匿名の一個人として、正しい(と信じている)情報を流す方が、余程有意義だという事です。少なくとも私はそう考えています。権力者に取り入った時点で同じ穴のムジナですよ。将来的には、こうした議論が更に活発になり、権力者に取り入らなくても、大金持ちじゃなくても、普通の人でも政治家になれる。こういう状況まで持って行けると思います。という訳で、そろそろインターネット投票の実現を頼む。TwitterやFacebookとの連携もあると、なお面白い事になりそうです。
如何に一部の権力者が嘘の情報を流して国民を誘導しようとしても、嘘を見抜く人がどこかに必ず現れるのです。恐ろしい時代になってしまった物ですね、権力者のみなさん?どうやら、あなた方に利益を誘導するような事は、そろそろ出来なくなってしまうようですよ?(笑)
オラオラ、さっさとインターネットを規制する法律を通さないと、大変なことになるぞ?あん?出来るもんならやってみ?まあ、それやったらクーデターだけど。

毎度の事ですが、少し話が逸れましたね。
今日は、上でご紹介したスレの議論にならい、ベーシックインカムについて考察してみたいと思います。
スレ主さんは、BIから更に進んだ概念として、ベーシックニュートリメント(「食糧配給型社会」もしくはそれを実現する制度)という概念を提唱されました。現実的には人間は食料だけでは生きていけませんから、最低限のお金を支給するベーシックインカムに落ち着くとは思いますが、確かに実現すれば世界がひっくり返るでしょうね。ふふふ。面白い面白い。が、今日の所は基本からという事でベーシックインカムについて勉強しておきたいと思います。
本当はもう少し経済について書いて、理解を深めてもらった後でこの話はしようと思っていたのですが、まあいいでしょう。今の私達に必要なのは、未来に希望を持てる情報なのではないかと思いますから。

ところで、ベーシックインカムとは何か、ご存知でしょうか。
ベーシックインカムについて簡単に説明しますと、「最低限所得保障制度」の事を言います。「働かなくても生活できる」制度と言えば、分かりやすいでしょうか?
こう言うと、「働かざる者食うべからずだ!」とか「働かなくても生活出来るなんて事になったら、深刻なモラルハザードが起きてしまう!」とか、こういう意見も多いと思います。ええ、普通にこれまでの価値観で考えると、とんでもない話だと思いますよね。何もしなくても国民に、一ヶ月10万円なりの金額が支給されるとなれば、一日中ごろごろ家で寝て過ごすような人が増えてしまうかも知れない!
なんて事だ!検討する意味すら感じられない!そんな事になったら日本は破滅だ!第一、国民全員に配るようなお金がどこにあるんだ!?日本が借金で大変だと言っている時に、何を考えているんだ!・・・と、多くの人が思ったでしょうし、ベーシックインカムに賛成の立場を表明したライブドアの堀江氏などにも非難が殺到した訳です。
しかしですね。冷静に考えてみてください。
働かずにブラブラ暮らす人間が増えたとして、それの何が問題なのですか?(笑)

私はベーシックインカムには大賛成です!

私は先日、「経済の本質とは・・・」において、経済の本質とは、カネではなくモノであると言いました。芋の蔓を食って飢えを凌いでいた戦後の時代の方が、現代よりも遥かに厳しかったであろう事は明白であるにも関わらず、何故現代日本人は失業に苦しみ、生活保護を受ける事も出来ずに餓死し、年間数万人も自殺してしまうのか!?食料はこんなにも余って廃棄されていると言うのに餓死!?おかしいだろ!馬鹿か!と、書きましたね。
つまる所、「カネが無ければ動こうにも動けない金融資本主義」が主流である限り、人間は幸せにはなれないのです。何しろ、この制度のもとでは、ある程度のお金を貯めた人間が急に力を持ち始め、超大金持ちは政治すらも取り込み、カネを持たない者達を奴隷化しようとしてしまうのですから!(ゲーム理論を勉強した方なら分かるでしょうが、そうするのが金持ちの最適解なのだから仕方ありません。善良な金持ちが居ないとは言いませんが、最終的にはそうなってしまう)
国民全員が幸せに暮らす為には、国民全員がお金を得る手段を持っていなければなりません。その為の方法とは、「国民全員に職を用意する」もしくは「国民全員に最低限暮らせるだけのカネを配る」のどちらかしかありません。現代日本はこのどちらも行なっていない為、職が無く金も無く、捨てるほど余っている食料を買う事すら出来ずに絶望の中死んでいく人間が多いという訳です。では、どちらの方法を取ればいいのかと言うと、私は断然「国民全員にカネを配る」ベーシックインカムを推奨します。

・国民全員に職を用意する、国民皆雇用の問題点。

現実的に、そんな事は不可能です。ある程度は公共事業の拡大などで雇用人数を増やす事は出来るでしょうが、これにも限界があります。アメリカを見ていれば分かるでしょう。オバマが完全雇用を目指したばかりに、アメリカは自国で賄い切れない分を外国に求めています。米韓FTAだって、韓国人の職をアメリカ人に移す以上の意味はありませんしね。同じようにTPPでは日本人の職を奪い、アメリカ人に与えようとしているのです。
そうなるとどうなるかと言うと、職を奪われた韓国人や日本人は、死にます。死んで人数が少なくなれば、市場が縮小します。市場が縮小すれば、一時的には完全雇用に近い状態になったアメリカ人も、再び職を失います。これは、焼畑農業みたいなもんですね。あるいは、狩猟民族の発想と言った方が分かりやすいでしょうか。こんな事を世界を舞台にやらかせば、戦争にならない方がおかしい。馬鹿な事はやめろ。今の飽和した世界に必要とされているのは、農耕民族的発想なのです。

・国民全員にカネを配る、ベーシックインカムの問題点。

ありません(笑)

と、このように、ベーシックインカムは良い事づくめなんですよ!
え?いくら何でも「問題点はありません(笑)」の一言で済ませるのは適当過ぎるって?・・・しょうがないですね。じゃあ、ベーシックインカム反対派の人間が言う理由を、ひとつずつ潰して行って差し上げます。

Q.国民全員にカネを配るなんて、そんな財源はどこにあるんだっ!?


A.お金は刷ればいいでしょ(笑)

経済の本質はモノです。お金はモノの取引を行う為の記号に過ぎません。たかが紙切れの流通量を増やすだけの事に、いつまでビビってんですか?何度でも言いましょう。食べる物はあるのに、お金が無いせいで国民が餓死する!こんな状況は間違っています。まして、日本はちゃんと自国の通貨を持っていて、日本銀行がそれを発行する権利を持つのですから、遠慮せずにピシピシ刷って配るべし。
実際にお金を調達する手段は、「日本銀行が通貨を発行する」「日本政府が国債を日銀に買い取らせる」「日本政府が政府紙幣を日銀に買い取らせる」の三つの中から好きな物をどうぞ。どれでも効果は同じです。
また、そうして刷ったお金は社会を循環しますので(「友へ贈る政治経済 基礎の基礎」でも説明しましたが、お金は消滅しないのです)、そうなれば景気が良くなります。繰り返しになりますが、現在の日本はデフレ「需要が少なく供給過剰」ですから、循環するお金の量を増やす事は理にかなった政策であると言えます。お金さえあれば、国民はお金を使います。景気が回復して社会不安が無くなれば、若者は家庭を持って子供を作ろうとします。少子化問題もこれで解決です。
え?インフレに転じたらベーシックインカムを無くすのかって?いやいや、その時こそ増税でしょうが。消費税10%でも20%でも、好きなようにすればいいじゃない。

Q.最低限の収入が保障されては、勤労意欲が無くなるだろ!?

A.無くなりません(笑)
親からもらえるお小遣いが少なくて、友達と遊びに行ったり漫画を買ったりするにはお金が足りないからと、アルバイトをしている学生が居るのは何故?彼らはどうしてお小遣いをもらっているのに、勤労意欲が無くなっていないのですか?こんなアホな反対論を唱える人の頭の程度が知れるというもの。
ベーシックインカムで生活に必要な最低限の収入が保障される事になれば、ボランティアのような奉仕活動に力を注ぐ若者も出て来るでしょう。お金が無ければ出来なかった政治活動なども、気軽に出来るようになるかも知れません。収入が少ないアニメーターのような職に就く人も増えるでしょう。余裕が出来れば、文化も発展します。現在のアニメ業界、小説、マンガ、どれもこれも「売れる」と分かっている物を優先的に大量生産する為、非常に似たような流行物ばかり乱発される始末。何故そんな事になるのか?売れなければ食べられなくなるからです。ベーシックインカムで生活が保証されるようになれば、もっと面白い物が表に出る可能性は非常に高いと言えます。そして、作られた名作アニメのDVDが欲しければ、ベーシックインカムで得られる最低限の収入の他に、労働による収入を求める人が必ず出ます。で、何でしたっけ。ベーシックインカムが成立すれば勤労意欲がなくなる?何を馬鹿な事言ってんです?(笑)
ところで、勤労意欲がどうとか抜かすこういう方々は、現在の生活保護についてはどう思ってるんでしょう?働かずに生活保護を受けている人と、ワーキングプアとして激務に従事している人の月の収入がほとんど変わらない・・・それどころか、働かずに寝ている生活保護受給者の方が収入が多かったりする。生活保護受給者は医療費もタダ!こういう状況の方が、余程勤労意欲を削ぐと思いませんか?私、かなり仕事する気なくした事があるんですが。そりゃあ、一生生活保護の方が楽でしょう。
ベーシックインカムで全員に最低限の収入が保障されるようになれば、当然生活保護など無くなりますし、ワーキングプアだろうが何だろうが、働けば働いた分だけ上乗せの収入になるのです。人材の流動性が高まる事で、やりがいのある楽しい仕事につける確率も増します。これで勤労意欲が湧かない理由が分からないな。

Q.働く人が居なくなって、社会が回らなくなるだろ!?

A.回ります(笑)
現実の社会を、よーく見てごらんなさい?働く人が居なくなるどころか、働けない人が溢れてる現状ではありませんか。とっくの昔に労働力過剰なんですよ。おまけに、「働かなければお金が得られない=生きられない」という状況は、非効率的な歪みの原因となっています。つまり、大した事の無い仕事に時間を掛けたり。自分の仕事がなくならないように、わざと問題を起こしたり。自分が出世する為に同僚の足を引っ張ったり。馬鹿げていると思わないんですか?労働力が過剰で、やる仕事が少ないから、こんな非効率的な事が許されてんだよ。公務員のサボりグセとか見てりゃ明らかだろうが。
昔と現在を比べてみましょう。火を起こすにはライター一本で行けますし、膨大な計算もコンピュータが代わりにやってくれますし、農作業をはじめあらゆる作業が機械化され、どんどん人間の手を必要としなくなって行っています。こうして効率化が進んでいる以上、全員が働こうと思えば、「どうでもいい仕事」が増えるのは当たり前なのです。社会を知らない経済学者のお坊ちゃんなどは、「余剰労働力は新たな価値の創造にあてられる」とか簡単に言いますが、そんなに簡単に新たな価値が創造できてたまるかよ馬鹿www
で、どうして「どうでもいい仕事」を頑張るために、精神を病んだり身体を壊したり、自殺したりするの?馬鹿じゃん。まさに、金融資本主義が行き過ぎた弊害。カネの価値が神格化される事で、訳のわからない事になってしまっています。
最低限の生活が保障されている中であれば、転職も簡単に出来るようになります。経営者も使えない人間の首を遠慮無く切れるようになります。ニーズにマッチした人材が、適職に就く事で、より暮らしやすい社会になります。自分に合った仕事を探し続ける事も出来ます。働かずに最低限の消費で我慢して一生を終える生き方も出来ます。私たちの先祖が、積み上げてきた技術革新の恩恵を、甘受すべき時代に入ったのです。
また、人間というのは衣食足りて礼節を知るという言葉もあるように、綱渡りで落ちれば即死という状況より、下にはネットがあるので失敗しても大丈夫という状況の方が、のびのびと力を発揮します。そうであってこそ、仕事が楽しくなるという物。人間が社会との関わりを望む生物である限り、誰も仕事をしなくなるなどという状況はあり得ません。
思い浮かべてください。「必要無い仕事」をしない代わりに、必要とされる仕事に生き生きと取組む日本の若者たちの姿を。それは、とても素晴らしい未来だとは思いませんか?

いかがでしょうか。
こうして見ると、ベーシックインカムは良い事づくめです。現在の金融資本主義が行き詰まった、その次の段階。新しい資本主義の姿がここにあります。
・・・ところが、これがなかなか成立しない。それを邪魔する勢力が居る。政治家がこれを推進する事さえ邪魔される。ベーシックインカムを推進しているのは、新党日本ぐらいです。・・・無力過ぎる。では、ベーシックインカムを阻む勢力とは、一体誰なのか?

それは、現在の金融資本主義で大儲けしている、ただ一握りの権力者達です。つまり、TPPを推進している人達と同じ勢力です。ロックフェラーとかあの辺の奴らだ。
彼らのような「超金持ち」はですね・・・ベーシックインカムで労働力の適正化が起きると、大損するんです。現代の人々が、身体を壊してまで一生懸命に働いているのは、元を辿れば大金持ちの権力者を更に肥え太らせる為なんですよ。金融という武器を握られ、カネという幻想に踊らされ、見えない鎖につながれ、過酷な労働に従事する奴隷。それが私たちです。何しろ彼ら資本家という名の悪魔達は、人類全体が豊かな暮らしをする事なんて望んではいない。自分だけが儲かり、自分だけが肥え太り、自分以外の全ての人間を支配したいと夢想しているのですから!(先ほども少し触れましたが、ある程度のお金を持てば、権力を買収して保身をはかる事が最適解となってしまうので、これは金持ちの資質による問題ではなく、必然なのです。お金持ちの方が更にお金を儲けやすいのが資本主義社会である以上、仕方のない事です。これが現在の資本主義の限界なのです)
ベーシックインカムで最低限の収入が確保されるという事は、まさにこの奴隷の鎖を断ち切る事に他ならない。
「働かなければ収入がなく、物が買えず、生きていけない。どんなに物が供給過剰で余っていても、買えないのでは仕方がない!」という構図こそが、我々奴隷の足につながれた鎖なのです。
だから権力者はベーシックインカムに大反対します。誰が好き好んで奴隷解放なんてするかよ!奴隷の鎖を外してもらえる日を待つのではなく、私たち奴隷の側から鎖を壊すように動かなければならない!
これは、現代の奴隷解放運動ですね。

・・・さて。しかし冒頭でも言った通り、私たちはインターネットという武器を手に入れました。権力者がどんなに嘘をマスコミに垂れ流しても、騙されない人達が情報を発信出来るようになりました。国民が自分で情報を収集し、自分の頭で考え、政治に影響力を及ぼせるようになって来ているのです。私のように、一切得にもならないにも関わらず、真実の情報を発信しようとする人間が大勢居る!多様な見解を参照する事で、誰もが自分の頭で考える為の情報を手に入れる事が出来る!
こうなって来ると、いくらカネをかき集めた大金持ちの資本家であろうと、思う通りに世の中を動かす事などできはしない!何故ならアメリカも日本も、れっきとした民主主義の国であり、独裁者が好き勝手出来る国ではないからです。中国のような一党独裁三流国家とは、ここが違う。
その大きな流れの第一弾が、つい先日ありましたね?そう、橋下大阪市長の誕生です。マスコミの情報操作に負けず、大阪市民が民意の鉄槌をくだした。権力者への鉄槌を望む声が、勝利したのです。この事の意義が大きいと、私が大はしゃぎした理由がお分かりいただけますか?私があの時、異様なまでに喜んだのは、私たちが権力者を刺し殺す武器を手に入れた事を確信したからです。
こうして、「権力者が好き放題やれば、国民に制裁される!」という事が広く認知されれば、条件はオールクリア。邪魔者は居なくなります。さようなら、私達を奴隷扱いして来たクソ権力者の皆さま。潔く平民のところまで落ちて来い(笑)

実は、ベーシックインカムを導入出来る国は、非常に限られています。例えば、ギリシャのような国がベーシックインカムを導入すれば、死にます。当然です。社会主義国も全部ダメ。資本主義国であっても、多数の条件をクリアしていなければ無理です。
真面目にコツコツ働いて、一億二千万人の需要を支えてなお余る過剰な供給能力を築き上げ、対外貿易でも常に黒字を叩き出し、世界一の対外純資産を持ち、「円」という世界に通用する自国の通貨を持つ我が国、日本こそが!日本だけが!ベーシックインカムという制度を導入する資格を持つ唯一の国と言っても過言ではないのです!
何これすごい!今までの苦労の全てが、日本が世界で初めてベーシックインカムを導入する為の伏線にしか見えない!
新時代の夜明けは、日本から始まる!

ベーシックインカムに未来の希望を見た方は、応援お願いします。
人気ブログランキングへ

コメント
>昔と現在を比べてみましょう。火を起こすにはライター一本で行けますし、膨大な計算もコンピュータが代わりにやってくれますし、農作業をはじめあらゆる作業が機械化され、どんどん人間の手を必要としなくなって行っています。こうして効率化が進んでいる以上、全員が働こうと思えば、「どうでもいい仕事」が増えるのは当たり前なのです

 日本がベーシックインカムでなんとか急場をしのいでいる間に、とにかくIT技術やロボット技術などを開発して、人類の労働に係る負荷を少しでも低減し、いずれは世界中の人間を過度の労働(全く労働がなくなるわけじゃあないよ)から解放するというのは、ありでしょうか?
  • ぽぽ
  • 2011/12/14 7:46 PM
コメントありがとうございます。

ご質問の件ですが、ありだと思います。
今のところベーシックインカムを導入出来そうな経済基盤、技術力、金融制度、教育水準を満たしている国が、日本ぐらいしか無いように思えるという話であって、最終的には世界中の人間が所属する国家からベーシックインカムで最低限の所得が保証される世界が理想的ではないかと思います。そのためには、IT技術、ロボット技術の進歩の他、正しい資本主義を履行する為の金融制度が不可欠となりますが・・・金融制度が間に合わない国では、ベーシックニュートリメントのような食糧配給制度を導入するのもいいでしょうね。とりあえず、何にしろ世界にこれを広げるには、教育水準の向上、治安の改善が最低条件となるでしょう。
そして、それは十分に可能だと思います。人類の技術の進歩を舐めてはいけません。そういう意味では、将来は明るいと思うのですが・・・まずは、現在のきな臭い世界情勢を、何とかしなければいけませんね。その為には日本にはもっとしっかりしてもらわなければ。
また、恐らくベーシックインカムによって伸び伸びと好きな仕事が出来るようになれば、技術の発展速度は大幅にアップすると思われます。「やってみたいけど、でも生活が出来なくなったら・・・」という不安は、誰もが抱える物でしょうから。そういう人たちが全力を発揮すれば、スゴイ事になると思います。
全世界に理想的資本主義が浸透するには、私たちが生きている間には少し時間が足りないでしょうけど、そこは我々の子孫にお任せするという事で(笑)
  • 真人
  • 2011/12/14 10:05 PM
 ベーシックインカムに対する最大の抵抗は、「働かざる者食うべからず」という「倫理観」ではなく、それをやった時の効果が今のところ未知数だからというものではないかと思います。

 今までどこの国でもやったことがない(ナウル共和国で似たような政策をやったという話を聞いたことがあるが、その時はうまくいかなかったとは聞いている)ものである以上、実行してうまくいけばいいが、もし失敗した時のリスクを考えると、どうしても二の足を踏まざるを得ないというところでしょうか。まあそういう人間心理はよくわかるが、それを「働かざる者食うべからず」という「今までは美徳とされてきた倫理観」でごまかそうというのはいささかずるいかなと。

 もっと、「働かざる者食うべからず」というのはパウロの時代から言われていることではあるが、この格言を最もうまく利用してロシア共産革命を成し遂げたのがボリシェビキですからね。共産テロリストどもにいいように利用されたという側面もあるんですが、ベーシックインカムに反対している奴らも似たようなものがあるんですかね。

 政策として実行するには勇気が足りないと言えばいいのだが、なんかこういう立派な格言でごまかしたがるのも人の性なのかもしれませんね。今までやってきたことを路線変更するというのは、確かにきついことだし、リスクも伴うということはよくわかりますがね。

 個人的には、人々の最低限の「生活部分」に関しては、決して侵してはいけないものとして、何らかの形で保証していかざるを得ないと考えているのですが、それがベーシックインカムという形となるかはいまのところ未知数ですね。
  • ぽぽ
  • 2011/12/17 11:15 PM
まさにその通りだと思います。
おまけに、ベーシックインカムの構想は、どうしても共産主義を思い起こさせますから、抵抗感はなお強いものとなっているのでしょう。
近々、資本主義と共産主義についてまとめようと思っていますが、根底に流れる考えはどちらも同じです。資本主義が極まれば共産主義と同じ構図にたどり着いてしまう。資本主義と共産主義のいい所を抽出した、資本共産主義国家こそが、次世代にあるべき国家の姿だと思うのですけどね(笑)
何にしろ、「条件が揃わない限り」ベーシックインカムも上手く行きません。私が見る限りでは、日本でなら上手くいくと思いますが、他の国では無理でしょう。
ベーシックインカムに必要な条件を正しくまとめた上で、活発に議論をしなければいけません。少なくとも、「働かざるもの食うべからず」などという、全員が働かなければ食う事も出来なかった時代の価値観で、議論を停止してはいけませんね。
  • 真人
  • 2011/12/18 2:18 PM
はじめまして。張間義文と申します。真人さまのすばらしいベーシックインカム考察について、小生のブログに「教科書」としてリンクさせていただきました。何か不都合な点があれば、お知らせください。
日本だけがベーシックインカムが可能だというのは、まったく同感です。生産性の向上が続く限りにおいて、お金を刷り続けていくことができるわけですから。それには、元になるベースの生産力(この円高でさえ輸出過多の現状)、技術力、勤勉さ等が必要ですから。
 お久しぶりです。ベーシックインカムについて私も少しずつ勉強していますが、その他に「負の所得税」についても関心があります。まあ概要は何となくわかったのですが、労働のインセンティブを与えるという点では、負の所得税の方が効果がいいとも言われております。

 ただ、負の所得税だと国民一人一人の所得を正確に把握する手間が出てくるため、国民番号制度みたいな者を導入するなど、結構面倒な点も多いようですね。

 もしよろしかったら、負の所得税についても詳細なご考察を拝見したいと思います。

 ・・・・・・うーん、他人任せで案あり考えていないな、俺。
  • ぽぽ
  • 2012/01/10 2:40 PM
>張間義文さま

コメントありがとうございます。
貴ブログにてご紹介いただき、ありがとうございます。光栄です。というか、こんな勢い任せで書いた記事で、本当によかったんですか。心配になるぐらいです(笑)
当ブログはリンク等すべてフリーとなっております。転載も、掲載元さえ記述していただければOKです。これからもよろしくお願いします。
  • 真人
  • 2012/01/10 8:17 PM
>ぽぽさま

お久しぶりです(笑)

負の所得税についてですか。分かりました。近いうちに考察をまとめてみたいと思います。
ただ、私はベーシックインカムは「税金」とは切り離して考えなければならない物と考えていますので、負の所得税には基本的には反対ですね。少し考えてみたいと思います。

>・・・・・・うーん、他人任せで案あり考えていないな、俺。
いいのではないでしょうか(笑)
私も三橋貴明さんに「ここはどうなってるんですかっ!?記事にしてください!」と言いたくなる事なんてしょっちゅうですし。
私はそんなに有名でもなければ忙しくもないので、ある程度はご希望に沿ったテーマで記事を書く事も出来ると思います。私程度の話が参考になればの話ですけど(笑)

よろしければ「このテーマはどうなの!?」というのがあれば、教えていただければと思います。私も考察の幅が広がると思いますので、双方にお得な話ですね。
  • 真人
  • 2012/01/10 8:40 PM
お金を刷ってみんなに配る。ベーシックインカムの趣旨は理解できます。日本経済の復活の会の小野会長や三橋貴明氏も日銀引き受けや政府紙幣による公共投資等でデフレ脱却する必要性を述べています。しかし、何年も前から主張しているが、財務省や日銀がかたくなに拒んでいるのも事実です。景気回復のための手段としては理解できますが、その実現性はどの程度のものでしょうか?この案に国民の何割程度が理解され賛同しているのか?また、賛同している政治家がどの程度おり、国会等で働きかけをしているのか?その辺についてお答えいただけたらと思います。
  • デフレ脱却
  • 2012/02/04 1:41 PM
>デフレ脱却さん

>財務省や日銀がかたくなに拒んでいる
まさにこれが問題な訳で、何故これを財務相や日銀が拒めるのかと言うと、国民がそれを知らない為に、突っぱねても問題ないと判断されているということです。そして、それを指摘できる政治家に、私達国民が選挙で力を与えてこなかった。この事に、すべての原因があります。この状況で実現は不可能です。当然、国民のほとんどはベーシック・インカムなどという言葉すら知らない状況です。政治家も国会で働きかけはしていませんね?何しろ、新党日本ぐらいですからね。ベーシック・インカムについて賛成の立場を明言しているのは。そんな事は、言われずとも見れば分かる事です(笑)

しかし、現在がそうだからと言って、未来永劫そうなのかと言えば、そんな事はありません。国民ひとりひとりが、デフレ脱却さんと同じく「景気回復のための手段として理解出来る」というレベルまでは、最低限底上げされなければ話にもならないのです。
「こういう政策が考えられますね」「誰がそれに賛成しているのですか?いつ実現できるのですか?」というのでは、いくらなんでも性急過ぎるのではないでしょうか。
残念ながら、「今の所は、ベーシック・インカムは理解を得られていない」というのが答えとなります。
  • 真人
  • 2012/02/06 10:01 PM
 よく言われる「ナウル共和国版ベーシックインカム」の失敗ですが、この話には続きがあります。

 確かにリン鉱山が掘りつくされ、資源を失ったことで最貧国へと転落したナウル。国民の勤労意欲は衰え、総ニート、総メタボ化した国。実際、レンタカーの車のナンバーを発行する費用さえない。こう聞くと、かなり悲惨な印象を受けますが、実はナウルの人々にはそれほど悲壮感もなく、むしろ能天気に日々を暮らしている。そりゃあもうこちらがうらやましくなるくらい。

 比較的温暖なナウルでは、天然の食べ物が豊富で、そのため経済破綻していながら、餓死者はほとんどいない。失業率50%ですが、これが現状です。みんな仕事がないときは家事を手伝ったり、魚を釣ってきたりして、平和にのんびり生活の糧を得ている。政府にもいっちょ前に文句を言う(笑)。全く、ろくに働きもしないくせにろくでもない連中だ(笑)。しかも、失業状態でも10人の子持ちの家族がいるのはざらで、どこかの島国のように少子高齢化で年金崩壊、などと騒いではおりません。ましてや過労死するものもほとんどなし。50%が失業しているから、インフラなどは崩壊寸前ですが、まあ何とも陽気にのんびり人生を謳歌しているようですな。

 かたや、技術が世界でも最高水準で、もはや働かなくても食事が国民全員にいきわたるレベル(とりあえず、コンビニの余りでもいいというならばという条件が付きますがね)にまで達しているというのに、生活保護が止められて餓死するというおかしなことが起こっている島国がどこかに存在します。まことに不思議な国です。

「ナウルの動く怠け者」と「日本の動かざる働き者」とでも題して二つの国を比較しながら映画でも作ってみたら面白いんじゃないですか。いったい違いがどこにあるのか。まあ国の規模や気候条件なども異なるので、一概には言えないが、考えてみるのもいいかと思いますね。
  • ぽぽ
  • 2012/04/06 7:49 PM
>ぽぽさん

ナウル共和国についてはあまり詳しく知らなかったんですが、面白い現象ですね。ちょっと詳しく調べてみようかな(笑)
おっしゃる通り、現在の日本の状況は、誰がどう見たっておかしい状況です。世界最高水準の技術、他を圧倒する生産力、毎年経常収支は黒字を記録し、1500兆円もの対外純資産を誇る、世界一の大金持ち国家。
何でこんな国に住む国民が飢えなければならないのか、訳が分かりません。全ては、「お金に人々を縛り付けようとする支配者層」の罠に、がんじがらめに絡め取られている事が原因であると考えています。
どうにかして、この状況に風穴を開けてやりたい物ですが・・・
  • 真人
  • 2012/04/06 8:11 PM
はじめまして。
選挙どこ入れようかと当日になって調べ始めて、巡り巡ってなぜかここに来てます(笑)

ベーシックインカムという単語をいまここで初めて知りました。
生活保護は審査が厳しく(もう働けない、という判断されないといけない)、もらえる額は実は生活するには足りないらしいです(働けないレベルですので、援助なしで生活するのも厳しい人が多い)。エアコンを買うことが認められず、熱中症で死んでしまった人とかいるそうです。
ベーシックインカムについても、全国でやるとなると、家賃、水道、物価等に差が有るので、「やるぞ!」となって、細かくつめようとすると不利な場所の人からガーガー文句が出て、結局先延ばし→自然消滅、の憂き目をみそうですね。
そこらへんの考察あったら聞きたいです(←人任せw)

ベーシックインカムに対する問題点に対する反論は、ブログ主の方に全面的に賛成です。
自分は設計やってますが、楽しいからやってます。何かを作るってすばらしいよね☆
(お金も大事ですがw)
  • リリー
  • 2012/12/16 12:19 PM
はじめまして。ブログ名称の変更で呼び込まれたご新規さんです。過去の記事を読み漁っているところです。

ベーシックインカム案及び中庸主義について、とても良い案だと思い、「日本こそが!日本だけが!ベーシックインカムという制度を導入する資格を持つ唯一の国と言っても過言ではないのです!」というところに激しく共感しました。

そこで、1つ懸念点です。みんなが、ニーズにマッチした人材が、適職に就く事ができればよいと思うのですが、どうしても、だれもがやりたくないと思う仕事、例えば3Kと呼ばれる「きつい」「きたない」「きけん」のような仕事も、社会においては必要とされますよね。ごみの収集とか、老人介護?とか、葬儀屋とか?(偏見があったらごめんなさい)
ベーシックインカムがあると、そういう職種にだれも付きたがらず、じゃあ外国人を雇うのかというと、それも違うんじゃないかと思ったりするのです。国として、楽しい仕事はするけど、きつくて汚いところは他人にやらせるって、ちょっと道徳的に嫌ですしね。
私は、そういう働き手がいなくて困っている仕事は、ベーシックインカム制であれば、当番制にするみたいなやり方があるんじゃないかな、と思っています。日直みたいに、みんなが一回は経験する。と。
または、ベーシックインカム制ではなく、収入のない人にそういう仕事を割り振ることで対価としてお金を支払う。というのもありなんじゃないかと思っていますが、いかがでしょうか。
後者の案は、ベーシックインカム制のメリットを打ち消してしまうようなので、やっぱだめか。と今自分で思ったのですが、いかがでしょうか。

わかりにくい文章ですみません。回答いただけますととてもうれしいです。
  • nana
  • 2013/02/01 6:07 PM
数週間は誰も見ないだろうココでド素人がつぶやいてみる。

1 ベーシックインカムが保障されれば「やりたくない仕事」への対価が上がり、労働条件が緩和される。

2 「職業に貴賎なし」という職業倫理観がおそらく世界一かも知れない日本人(という都市伝説?)

3 最後は召集令状、当番割当制、裁判員制度

1×2+3=?
  • 月光仮面
  • 2013/02/16 8:19 PM
ベーシックインカム制について、
拝見させていただきました。
興味深い内容でした。

少なくとも自殺は減らせるでしょうね。
事業の失敗を恐れて結局普通の職業に就く層を、技術のイノベーションに充てることもできるかと思います。

ただ、誰もやりたがらない職業に関しては、確かに誰も来ないということも考えられますが、逆に、そこは賃金を上げることで対応する(国が補助金を出す)などで対応できるでしょう。

唯一問題となるのは、本当に働けない層(幼児子育て中の単身者、心身の障害者、DVなどで身を隠さざるを得ない人)なんですが、これらは別途国で生活を支える方向でいかないといけないでしょうね。

と、いうことで、私はその案やってみる価値があると思います。

1000文字以内にまとめて、首相官邸のHPにご意見をアップしてみられてはいかがでしょうか。

実現したら面白いことになると思いますよ。
  • noname
  • 2013/06/10 4:33 PM
なるほど!と思える点が多かったですね。
良いですね。文章に生命力を感じます。
ベーシックインカムという形かはわかりませんが、現状の技術水準で無駄に吸い上げられている労働力、搾取など足枷を軽くし、拘束されている力をある程度国民の手に取り戻すという意味では非常に重要な手段かと思います。
  • もぐ
  • 2014/04/18 3:34 AM
 nana様
 良い提案だと思います。
 3kに対しては、賃金が労働者に直接渡るようなシステムが必要であると思います。
 現状では、経営者が搾取しています。例えば、職業安定所を通じて支払いするとか。
 
  • MT
  • 2014/04/19 7:29 AM
ずいぶん前の記事にコメントすみません。
始めまして、青りんごと申します。

私は震災(福島住です)をきっかけに心身を怖し(弱いと言われて仕方ないですが)、
震災の年に就職活動をする年だったので、
無職になってしまいました。
無職という社会のド底辺からすれば、
ベーシックインカムは賛成なんですけど、
よそ様では「無職が働かずに金欲しいだけ」
と説教されてしまうので言えずにいました。
管理人様の意見に大賛成です。
無職は働きたくても職がない、職に見合う心身がない(これだけで日本ではダメ人間扱いされてしまう)、
働いても最低限の生活ができないかもしれない、
という問題があります。
ですが、ベーシックインカムをすれば、
私のように病んでいる人も、
病院の帰りにちょっといい物を買おうとしたり、
少しは(病人でも)活気が出ると思うのです。
そしてそれは日本の暗い雰囲気を払拭させるために必要だと考えております。

あと、全く関係ないですが、
就職活動時代、
「どうしてリク○ートに踊らされるように就職活動しないといけないの?」
とも思いました。

これからも色々参考にさせてください。
乱文長文失礼しました。
  • 青りんご
  • 2014/05/17 2:06 PM
3K労働に関しては、ベーシックインカム以後の世界では労働に対する価値観が変わるので、労働が文化的活動になると思います。
なので、3Kのような仕事がどうしたら文化的なやりがいのあるものになるのか1億2千万の頭脳を結集して考えればいいと思います。
日本には任天堂という会社がありますが、常に業界にイノベーションを起こしてきました。そういう会社が日本にあることを希望に思うべきです。任天堂に入りたい若者が多いそうです。若者も新しい事、面白い事試したいし作りたいんだと思います。なので、ベーシックインカム以後の世界では仕事を遊びやゲーム化するようなことも出てくるかもしれません。
働かざる者食うべからずなんて世界からは絶対出てきませんよねこんな発想。
なのでそんな世界が来たら、毎日が遊び毎日が文化的活動という世界がくるかもしれません。
技術大国日本なんて言われてましたが、ベーシックインカムでパラダイムシフトが起きたらアイディア大国日本になっていくんじゃないでしょうか?
  • 労働はもう古い
  • 2014/06/15 3:40 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM