<< 秘密結社ネトウヨ | main | 2013年はどうする? >>

2012年総括

「韓国の残飯を客に食わす文化、感動に打ち震えた。それに比べ日本は情けない」…作家・雨宮処凛

年の暮れに、まさかこんなマジキチ記事を目の当たりにする事になるとは。これ、韓国への痛烈な皮肉なんじゃないの?褒める振りして思いっきり蹴落とそうとしてるんでしょ?そうとしか思えないんですけど。でも、書いた人が筋金入りのマジキチなので、多分本気で褒めようとしてるんだろうなあ・・・そうかそうか。
何と言うか、今年一年を象徴するような記事だなあ、と。韓国のマジキチっぷりがバレた事は前提として、無理矢理褒めようとしてる辺りに、時代の流れの変化を強く感じます。

みなさん、一年間お疲れ様でした。
明日から帰省しますので、1月6日までブログはお休みします。更新環境は持ち運びませんので、しばしの間お別れでございます。年が明け、仕事が始まってから、またお会いしましょう。まずは、美味いもん食って、酒をかっくらって、初詣なんかもしちゃったりして、のんびり過ごして英気を養う事にします。
つうか、さすがにもう無理。限界。会社の仕事二倍モードは鬼畜すぎる。既に心身ともにボロボロになっておりますので、お正月ぐらいはのんびりと過ごして回復しないと、マジで死ぬ。

それにしても、激動の一年間でしたね。
消費税増税法案の可決で、谷垣元総裁がやたらと叩かれていた事すら、今となっては懐かしい。終わってみれば私の言っていた通り、自民党は景気回復を前面に押し出して選挙を戦い、見事に勝利して見せたでしょ。予想外だった事があるとするなら、過半数など余裕でぶっちぎっての大勝利を得られた事です。ここまで来たら公明党抜きで三分の二取って欲しかったなー、とは正直思います(笑)
そして、何と言っても流れが激変したのは、8月でしょう。韓国大統領李明博による竹島上陸、天皇陛下の侮辱発言。オリンピックでの独島パフォーマンスに怒っていた事など、吹き飛ぶような出来事でした。これで目を覚ました日本人が、えらく増えたと思います。これがきっかけで、韓国にベッタリな民主党の正体が暴かれ、ノーを突きつけた人が増えました。そういう意味では、ありがとう韓国。でも、陛下を侮辱した事は絶対に許さんよ。これはもう、本当に不思議な事なのですが、日本人の血が否応なくざわつくとしか表現できない感覚でした。あの怒りが無ければ、今年を戦い抜く事が出来たかどうか。

三年三ヶ月に及んだ民主党の悪政が終了し、自民党安倍政権が誕生しました。おかげさまで、明るい気持ちで年明けを迎える事が出来そうです。
心境的には、「天の岩戸が開いたぞー!」ってなもんです。

来年の私の言論は、今年の言論とはまた違った物になると思います。
何故なら、今年のはじめと同じ路線で「正しい知識を身につけろ!日本は危機に見舞われている!逃げるな!戦え!さもなきゃ死ね!」という事を言っていると、来年は多くの人にそっぽを向かれるであろうという確信があるからです。そんな事は言われずとも知っている段階に入った訳です。日本の状況は第二ステージへと移行しました。概ね予想通りの展開です。計画通り!(キリッ
私は、大多数の日本人が抱いているであろう気持ち、空気を読み、それに応じた言論を展開します。ボケているようであれば檄を飛ばしますが、「まずい、緊張し過ぎだ」と思ったらおちゃらけます。来年もバランサーとして記事を更新して行きたいと思いますので、ちょうどいい中庸の地点がどこにあるのか見失った時は、当ブログを覗いていただければと思います。

人間は、危機感を持ち続ける事は出来ません。輪ゴムだって、伸ばし続ければあっという間に劣化し、切れてしまいます。もちろん、「常に危機感と緊張感を保て!」と言うのは簡単です。そして、それが実行出来る超人的な人も居るのでしょう。しかし、それを万人に求めるのは不可能です。
私は、自分のブログを読んでくれている人に、思いつめてもらいたくはありません。私が見えているのと同じ、明るい未来を共有して、その未来の実現に向けて前向きに活動して欲しいと願っているのです。ですから、私は「出来る事をやりましょう」とお願いするだけです。「あれをやれ、これをやれ」と、命令するような事はしません。誰かの努力が足りないなどとは絶対に言いません。「朝日新聞から産経新聞に変えました!」という程度の話であっても、「よくやった!」と全力で褒めてあげたい。そうやって、みんなが少しずつ行動を起こす事が、未来をより良く変えるのです。
必死にやる一人より、ちょっとだけがんばる百人の方が強い。これが真理です。
もちろん、来年の参院選が残っている今、油断すれば一気に食い破られる事になるでしょう。そういう意味では、相変わらず予断を許さない厳しい状況であると言えます。力を弱めたとは言え、マスコミの無節操な捨て身の報道には、騙される人も出て来るでしょう。しかし、だからこそ、「肩の力を抜いて、ヌルヌルと戦おうじゃないか(笑)」と、私は言いたい。

このブログを見て、「こんなにも笑える保守ブログは初めてだ!」と評価してくださった方が居ました。
その通り。お分かりいただけて嬉しいです。昨日の「秘密結社ネトウヨ」などもそうですが、最近の私は読みに来てくれた人を、楽しませようとしています。正しい知識、正しいデータに基づいた分析を元に、シビアな現実を突きつける事は続けていますが、その中に希望と笑いを見出して欲しいのです。せっかく安倍総理というまともな方が日本の政治界の頂点に立ったのに、ここで少しも息をつけないようでは、みなさんは疲れて壊れてしまいます。
人は、楽しくない物には見向きもしないものです。楽しいからこそ物語を共有し、楽しいからこそ拡散し、楽しいからこそ頑張れます。面白い物でなければ、知人に紹介しようとさえ思えません。韓国のヤバさを知りたければマンガ嫌韓流を読めと言われて、素直に読んでくれる人がどれだけ居ますか?という話です。
日本人が政治の話を好まないのは、それを面白く話す事を許さない『雰囲気』こそが原因なのではないか?私はそう考えています。ですから、来年はまずは私が政治の話を、とことんまでコミカルに、楽しく語って行きたいと思っています。楽しいからMGRブログを読む。気が付いたら、正しい政治経済の知識が身についている。いつの間にか日本を大切に思う仲間が増えている。そういう状態を目指して行きたいと思います。

実は、私にこの考え方を教えてくれたのは、全五巻のラノベだったりします。鷹見一幸さんが書かれた、「小さな国の救世主」という物語です。いろいろな本を買って読んでは売り払うというサイクルを繰り返している私ですが、この小説は本棚に大切に保存されています。一生売る気はありません。手垢が付いてボロボロになるほど繰り返し読んでいる、大好きな小説です。
中央アジアに位置する架空の小国「セリカスタン」を舞台に、国を割る部族間の紛争、大国である中国からの無体な干渉、そういった「個人ではどうにも出来ない」難題に挑む、一人の日本人旅行者の少年の物語です。最強無敵の力がある訳じゃない。日本政府の助けを借りられる訳でもない。持ち物はノートパソコンとデジカメのみ。最後まで一人の無力な少年として、大勢の人たちの力を借りて、彼は戦い続けます。「お前は馬にも乗れんのか!」と罵倒されながら。うん、普通の日本人は乗馬技術とか無いので、勘弁してあげて。
セリカスタンという架空の国には「初めての狩りで獲った狼の尻尾を頭飾りにして身に付ける」という風習があります。日本の土産物屋で買ったアライグマの尻尾の帽子の特徴的な柄から、「日本には、変な柄の尻尾を持つ狼が居るのだな」と妙な誤解をされた事から、日本人の少年は『シマオオカミ』と呼ばれるようになります。そのシマオオカミの名が、軍師として、英雄として、セリカスタンの大地に響き渡る事になるのです。勘違い系小説らしい、ハッタリの効いた面白さがある物語です。
その物語の中で、ある重要情報を全世界に拡散する為に、ホームページを活用する場面があります。小国とは言え一国の政府が重要情報を流すホームページなのですから、普通の発想であればお固いホームページになるのが当然です。ところが主人公シマオオカミは、日本で同人活動をする大学の先輩に頼んで、萌え絵全開のかわいらしいホームページを作ります(笑)
「日本の人たちは、セリカスタンなんていう国がある事も知らない。俺だってここに来るまで知らなかった。知ってもらわなければ始まらない。だから、まずは興味を持ってもらう必要があると思うんです」
こう言って、「セリカスタン三人娘」という、物語のヒロイン達をモチーフにしたホームページを作り、全世界に向けて発信するのでした。作者はっちゃけ過ぎやろ、と初めて読んだ時は思いました。しかし、その考え方は、絶対的に正しいと思うのです。読んでくれる人を楽しませたいという気持ち無くして、どうしてコンテンツが魅力を持つでしょうか?現在の日本のマスコミに致命的に足りていないのは、この要素なのです。
例えば、この物語のように、中国によって侵略され、住民を殺され領土を奪われているチベットやモンゴルの人たちが、このような手段で全世界に向けて情報を発信したならば・・・今の時代、そういう話は絵空事ではないのだと思います。ツイッターで政変が起きる国があるように。フェイスブックでマスコミを通さずに情報を発信する、日本の首相が居るように。

物語がどのような結末を迎えるのかは、皆さん自身の目で確かめていただきたいと思います。久しぶりにアマゾンリンク貼っとこう。



私のブログが、真面目に活動していらっしゃる他の人の物とは違う、独自路線を歩んでいる理由を挙げるとすれば、こういう何という事は無い小説からも、使えそうな情報を余さず吸収しているからだと思います。人間、学ぼうと思えばどんなにしょうもないと思える物からでも、学べる物はあるのだと痛感しています。年間百冊本を読む人間を、甘く見てもらっては困りますね。もちろん、それは私が真面目にやってないという話ではなく、「大真面目に、不真面目をやっている」という事なのです。そういうの、日本人の皆さんには、共感していただけるものと確信しています(笑)
脳みそが溶けそうな程くだらない本を読んだとしても、「そういう物を好む人が居る」という学習にはなります。そういう人が居るという事を知っていれば、「どういう思考回路を構築すれば、それを楽しむ事が出来るのか」というシミュレーションが可能になるのです。私がしょっちゅうハズレ本を購入しては嘆いているのは、そういう学習の為であって・・・負け惜しみじゃなくて・・・いえ、負け惜しみです。すんませんでした。
えっと、何の話でしたっけ。そうそう、要するに、「政治の話だから真面目に書かなきゃ駄目」とか、そういう固定観念が私には無いのです。そうでなければ、このブログの持つおかしな、一種独特な雰囲気は、決して作られる事は無かったでしょう。

当ブログのコメント欄に来ては、自民党への疑心を植え付けようと、がんばって工作を仕掛けているみなさんにご忠告。その手の不安を煽る方法では、心の底から楽しんで自発的に活動する我々を、止める事は出来ませんよ。誤情報を流しても無駄。諦めて、よそでやりなさい。その方がまだ成功率は高いと思いますよ。誰も思うように反応してくれないから、寂しいでしょ?何故君たちの工作が効果を発揮しないのかと言うと、私と君たちでは見えている世界の格が違うからなのです。だから、このブログに集う人達のレベルも、自然と君たち工作員のちっぽけな思惑とは、大きく外れた所にある。
なんてったって、どうやらこのブログの読者には秘密結社ネトウヨの大幹部が、大勢いらっしゃるようだから。みなさん、冗談を解してくれる余裕のある人ばかりだから、大好きです(笑)

固いだけの木では、すぐに折れてしまいます。
私たちは、柳のしなやかさをもって、これからの戦いを勝ち抜いて行きましょう。力を抜くべきところは抜き、やらなきゃいけない場面では全ての力を一点に集中して強行突破!それが、2013年の戦い方のスタンダードです。飴と鞭とも言う。
戦いを楽しみましょう!そして勝利を喜びましょう!その時は、目の前に迫っています。今年の初夢には期待出来そうです。

それでは皆さま、よいお年を!

2012/12/29 MGRブログ 真人

↓来年もよろしくお願いいたします。

人気ブログランキングへ

コメント
ワーイ、一番乗りかな。
真人さん、年末年始はゆっくりしてくださいね。

ヤマト通信班所属のアリスです。
  • アリス
  • 2012/12/29 11:24 PM
はじめまして。最近、真人さんのブログを知ったばかりですが、物事の本質を見抜く素晴らしい洞察力に感服しています。竹島の日の騒動で、ハメられるところを真人さんのブログのおかげで回避しました。ありがとうございます。
今は日々、小学生の息子たちや両親、知り合いに拡散と啓蒙を行っているところです。真人さん、体を大切に。これからも、宜しくお願いします。下手なマスコミより多大な影響力を発揮される日も近い気がします。
  • にゃお
  • 2012/12/30 12:11 AM
真人さん、激動の一年でしたが、本当にお疲れ様でした。ヒヤヒヤ、ワクワク、ドキドキの連続で正直疲労もしましたが、おかげ様でとっても楽しかったです。ありがとうございました。
来年もまた、お腹の皮をよじらせて下さいね。(笑)
  • メグミン
  • 2012/12/30 12:46 AM
一年間お疲れ様でした。
私は某小説投稿サイトから流れてきたオタク課のネトウヨ社員ですが、このサイトに出会わなければ、安倍さんの支持者にもなっていなかったと思います。3年前は、ミンスにこそ入れなかったものの白票で出しましたし。
ですがこのサイトのお陰で、大まかにですが経済の仕組みを把握することが出来たと思います。ようやく政治の話を楽しむ入り口にも立てたような気もします。
改めてありがとうございました。

ちなみに「小さな国」は私も既読です。
作者が後書きで「自分で体験した事しか小説に出来ない」みたいなことを言っていて、「おいおい、作者は一体どんな波瀾万丈な人生を……」と、戦慄した覚えがありますw
  • 通りすがりのオタク
  • 2012/12/30 1:06 AM
真人さん、そして秘密結社ネトウヨの同志の皆様。お疲れ様でした(^-^)v
真人さんには何度爆笑させられたか数えきれません♪

ただ私達は『祖国日本が大好きな普通の日本人』なだけですが、ひとりひとりのパワーが国も人々をも動かすとゆうことを体験できました。
これからも祖国を護るために闘いましょうσ(^_^)
  • 2012/12/30 2:34 AM
真人様、帰省なさるとのこと、どうぞ心身ともにごゆっくり静養なさってください。

高校生にも薦められるこのようなブログを探していました。リラックスできるから、学びも効果的なのかも知れませんね。楽しみがなければ生きる意味もありませんものね。
私が目覚めたのは7年前でしたが(ネットで偶然・・いや、必然。)、まだまだお役に立てて居ないなーと情けない思いです。
2009年のあの猛暑の夏、ポスティングさえ勇気の無い私はひとり黙々と自前のチラシを公共のトイレやバス停のベンチなどに置き忘れたフリをした日々を思い出します。孤独でした。そんな半端な私でしたが、心から応援していた麻生さんでした。
麻生財務大臣が、安倍総理が、ついに誕生したんだ!!夢じゃない!ほっぺをつねる毎日です。朝起きてまず、「良かった〜!」という感動で一日が始まるきょうこの頃です^^この感慨は言葉で言い表せません。
もちろん、厳しい戦いが始まっている事も忘れていませんよ。私も秘密結社の末員ぐらいにはなりたいと思っています。
安倍総理も、麻生大臣も、この政権奪還のために、地道な下地作りを重ねて来られたのでしょうね。これからまた、共に日本を取り戻す活動に参加できる。有難い事です。

長くなってしまい、申し訳ありません。

どうぞ御健康で良い御年をお迎えください。
これからもよろしくお願い致します。

  • ゆうま
  • 2012/12/30 3:13 AM
救世主は永久保存ですよねー。
高校時代にはまってましたw
  • α1
  • 2012/12/30 3:24 AM
一年間お疲れさまでした。
来年もよろしくお願いします。
  • エイダ
  • 2012/12/30 4:21 AM
ほんとうに2012年お疲れ様でした!

私がこのブログを知ったのは確か今年の9月だったと思います。それからの怒涛の展開!まさに天のお導きでした。これからもぬるーく「ネトウヨ」(←面倒だからこの呼称でいいです。)続けたいです。
コメントは質が高いし、順位もずいぶん上がってきましたね。来年もよろしくお願いします。
  • ソーラー
  • 2012/12/30 5:05 AM
首相官邸主導で経済政策を担う日本経済再生本部の「産業競争力会議」のメンバーに竹中平蔵さんを起用

安倍晋三首相は27日、最重要課題と位置付ける経済再生の司令塔となる経済財政諮問
会議の民間議員に伊藤元重東大教授らの起用を内定した。
日本総合研究所の高橋進理事長も有力で、経済界からは東芝首脳の起用を検討している。
いずれも経済成長を重視する顔ぶれで、デフレ脱却への道筋を確実にしたい考えだ。

諮問会議とともに首相官邸主導で経済政策を担う日本経済再生本部の「産業競争力会議」
メンバーには、竹中平蔵慶大教授、楽天の三木谷浩史社長らを充てる。

諮問会議には東芝の西田厚聡会長か佐々木則夫社長のどちらかを起用する方向だ。

ttp://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2705A_X21C12A2MM8000/?dg=1
経済諮問会議に竹中平蔵慶大教授、楽天の三木谷浩史社長らを充てる。」
・・て嫌だな。これは嫌だ。
  • 岡地正敏
  • 2012/12/30 6:32 AM
このブログ
おもしろい
最高やね
  • 恒星
  • 2012/12/30 10:47 AM
おはようございます。今年中に自民党の政権に代わって、ほんと良かったと思います!私もネトウヨなのかも。自覚なかったけど、真人さんのプログを読むと民主党のままじゃ日本危ないと思って。ネットは普通の人の声が文字になるから、色々な人の素直な考えが分かって安心します。来年も宜しくお願いしますm(_ _)m
  • ひまわり
  • 2012/12/30 10:54 AM
おつかれさまでした。
お正月ぐらいは日本人らしく、神社に参拝してマッターリしたいですよね。

でも…

一つ気になったんですけど…なんで経済財政諮問会議に高橋進とか伊藤元重とかが呼ばれたんでしょうか?さらに産業競争力会議に竹中平蔵とか…絶句なんですけど。やっぱりアメリカの圧力?それとも失敗したときの的除け?林芳正が農水大臣に任命されたのもチョット引っかかる。TPPへの参加圧力が大きいから、参加は既定事実で抵抗できないってこと?農家の的除け担当?

真人さん。年末に不安要因を吐き出して申し訳ない。でも判れば教えてください。
  • KOU-KOU
  • 2012/12/30 12:14 PM
あっ…上の方で書いている人いた。
二番煎じでスンマセン

書いてて思ったけど、ひょっとして、またマスゴミの飛ばし記事?
  • KOU-KOU
  • 2012/12/30 12:18 PM
真人さん、一年間本当にお疲れ様でした。そして、ありがとうございます。
私が初めてこちらのブログを読ませていただいたのは、今年の初めだと思います。当時はまだ50位くらいにランクだったと思います。何て面白いブログなんだろうと思いながらも、ランクが下の方だから、捜すのを苦労したのを覚えてます。しかしながら、現在のランキングは、ベストテンに入る勢いで素晴らしいと思います。やはり、正しい意見は賛同を呼ぶのですね。これからも楽しく時には厳しくよろしくお願いします。良い年を迎える事ができて本当に良かったです。また、来年もよろしくお願いします。
  • こんこん。
  • 2012/12/30 12:27 PM
みなさん、一年間お疲れ様でした。
という所で、もう記事は書かないんですが、気になってるだろうアレについて。

>経済財政諮問会議のメンバー
安倍さんに連れて来られた、一時は経済界を支配していたメンバーが、現実のデータを目の前に並べられて涙目になる未来が見える(笑)
竹中などの言い分を聞く気などさらさら無く、徹底的にやっつけて、後顧の憂いを断つ狙いでしょう。心配せずに見守っていればいいと思います。
  • 真人
  • 2012/12/30 1:08 PM
確かに安倍総理には期待しているが、政治は人気投票ではないし、全て白紙委任するつもりもない。
これから何をするかが重要であり、冷静な視点で判断する必要がある。
経団連や全農や日本医師会等の強力な圧力団体におもねって、改革を断念し既得権益擁護・利益誘導に走るのであれば、来年の参院選では手酷いしっぺ返しを食うだろう。
  • 石郷岡
  • 2012/12/30 2:41 PM
遅ればせながら、ごあいさつだけでもと思い書き込みいたします。

本当に、今年一年お疲れ様でした。

お仕事がお忙しい中、楽しくてためになる記事をいつも更新してださって、ありがとうございました。

あと、コメント欄の皆様も、ありがとうございました。こちらのブログはコメントでも勉強させてもらったり、勝手に勇気づけられたりしています(^^)

来年もいい年でありますように。
参議院選挙も、みんなで喜びたいですね!

それでは皆様よいお年を(^^)ノ゛
  • はぴはぴ
  • 2012/12/30 3:15 PM
いつも楽しく見てます。今年一年お疲れさまでした。また来年もよろしくお願いいたします。
  • ネトウヨ旭川渋みいつも楽しく見てます。今年一年お疲れさまでした。また来年もよろしくお願いいたします。
  • 2012/12/30 4:04 PM
〉現実のデータを目の前に並べられて涙目になる未来が見える(笑)

真人さん。わざわざありがとう。
良いお年を!
  • KOU-KOU
  • 2012/12/30 4:57 PM
また2000円札を発行してもらえないかと思ってます。きれいな沖縄の首里城が描いてあって、いつの間にか発行されなくなったけど。景気回復にもなると思って。
  • ひまわり
  • 2012/12/30 4:57 PM
石郷岡さん。
>経団連や全農や日本医師会等の強力な圧力団体におもねって、改革を断念し
>既得権益擁護・利益誘導に走るのであれば、来年の参院選では手酷い
>しっぺ返しを食うだろう。
経団連はまぁ攻撃しても良いとして、TPPに反対するのなら、全農や日本医師会等は別に味方でも良いのでは?それに改革ってなにを?そんなに改革って大切なの?私は改革とか聞くとどこかの赤い連中しか思い浮かばない。もう日本には改革ごっこなんかやって政治を弄繰り回す暇はないと思うよ。それよりも国を豊かにすること。国を強くすること。そっちの方がよっぽど大切でしょうに。
  • KOU-KOU
  • 2012/12/30 5:27 PM
真人様、秘密結社ネトウヨの皆様w
本当にお疲れ様でした。

悪夢のような一年でしたが、最後に安倍総理が誕生できたこと、本当に夢のような気持ちです。

主人の半年にもわたる説得により愛国に目覚めた私ですが、こちらのブログに出会ってからは更新が本当に楽しみで、毎日夜になると何回も更新されてないかチェックしていましたw
コメントされる皆様もとてもいい方ばかりでうれしいです。

ハラハラした一年は終わります。
来年は安倍自民党の動向を見守りながら心穏やかに過ごせたらと思います。
でももちろんマスゴミ監視は続けますよww

みなさん良いお年を!
  • ニコ
  • 2012/12/30 6:53 PM
石郷岡さんは、どういう訳かTPP推進を自民党に期待していたり、何か勘違いしているようです。当ブログの主張とは真逆を行ってるようですし、コメントをする場所を選ばれては如何でしょう?(笑)
  • 真人
  • 2012/12/30 9:08 PM
一年間お疲れ様でした!!
来年も楽しみにしています!
秘密結社ネトウヨの皆様方も、よいお年をお迎えくださいませ!←全然秘密じゃない(笑)
  • かげちゅ
  • 2012/12/30 11:34 PM
真人さん、1年ありがとうございました。1年半ほど前貴ブログを知って依頼のファンです。長げーよ、とか言いながら夜至福の数分を過ごすのが楽しくて。
真人さんには自民党政策&広報担当になって頂きたいくらいです。世耕さんや甘利さんも実直な方とは思いますが発信力が。
来年もご自愛の上、余力の部分で私達を楽しませて下さい!
  • 下水油
  • 2012/12/31 4:21 AM
今年も一年お疲れ様でしたー。
  • sasanaka
  • 2012/12/31 12:27 PM
今年もお疲れ様でした。
なにより日本が大好きという気持ちが伝わってくるこのブログが好きですよ。
滅多にコメントを入れない人間なのですが、
つい入れてしまいましたし。
天は自らを助けるものを助く、というつもりで来年は、
この大好きな日本のかけらひとつでも支え育てる年にしたいと、いち国民として思いつつ…

年末年始、ごゆっくり羽根を伸ばしてください。また来年、楽しみにしております!
  • SIX
  • 2012/12/31 6:09 PM
お疲れ様でした。よいお年を!
来年も元気な記事を楽しみにしております。
  • BJ
  • 2012/12/31 10:13 PM
秘密結社ネトウヨ所属の者でーす(笑)。

ヌルヌルと戦う、まさに私もそう思います。秘密結社ネトウヨ所属のみなさんは、それぞれに家族のことや、仕事、日々のこといろんなことを抱えながらの戦い、ヌルヌルといかねば根負けしてしまいますよね。

こちらのブログは、その感覚いいなあーと思うことがよくあります! 私が好きな著名人の方々と似てる明るさがあるというか、、、、多くのどんよりしてたり腹立たしい事象を、うまく料理される腕前にただただ感心してしまいます。

どうか、ゆっくり休んでください!また、来年も読ませていただきたいなーと思います。これだけの記事アップされるのも本当に大変だと思いますが、適度な脱力で続けてくださいね!
  • fish
  • 2012/12/31 11:29 PM
(笑)、、、。特使を韓国に派遣することくらい当たり前でしょう(笑)。「いい船出にしたい」それくらいのことが言えなかったら国家間交渉なんてできないでしょうに。関係がイヤな先方とも、うまく解決していかなければ、普通の社会生活もできません。
大事なことは、特使に安倍総理が何を託してるかですよ。そんなトップシークレットはもちろん国民は知り得ません。前回も、真っ先に中国行ったことが、媚中だと保守からも(ほんとに保守かは怪しい)叩かれましたが、安倍総理は言い訳もせず、国益のために中国に訪問しました。いまはその時、何を言い、中国がだまったかも明らかになってますが、当時は中身がわからないだけに媚中媚中と、、、。
中国船のは、領海でもなく、排他的接続水域でしょう? そこでの違法操業はもちろん違法ですが、だいたい事情きいて罰金払わせたら終わり〜なのが慣例というか、、、。
コメントに反応したくないのですが、訪れて後ろ足で砂かけてくような行為にイラッとしたので、すみません。
今年もいい記事楽しみにしてます。
  • fish
  • 2013/01/02 12:37 AM
あけましておめでとうございます。
これから数年掛けて日本は『普通の国家』へと脱皮していくことになるのだと思います。
日本国民のことを第一に考え、公共投資・軍事増強などなどを必要に応じて行える国家に、です。
今年は、その普通の国家への道『戦後レジームの脱却』への具体的なストーリーを、安倍政権から国民全体へと共有する年になるのだと私は予想しています。
外交は小康状態を維持しつつ、日米同盟・環太平洋地域との連携を深めること。そしてその間に国内の抵抗勢力というか売国勢力を封じ込めることになると期待しています。

そしてその安倍政権が発信するストーリーを広めていくのが、私達のような『目覚めた国民』(秘密結社ネトウヨ)の役目なのかなー、と。

今年もよろしくお願い致します。真人さんの記事を楽しみにしています。
  • へび散漫
  • 2013/01/02 9:20 PM
明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さっそく麻生さんがミャンマーに切り込んで行かれましたね。
待ちに待ったあの笑顔が新聞の一面に(笑)
いやー、なんか久々に年が明けたような気がします。
  • エイダ
  • 2013/01/04 11:27 AM
額賀特使、靖国放火問題触れず 韓国次期大統領に親書 朴氏、早期訪日に意欲
産経新聞 [1/5 07:55]

【ソウル=加藤達也】自民党の額賀福志郎元財務相は4日、安倍晋三首相の特使として韓国を訪れ、ソウルで朴槿恵(パク・クネ)次期大統領と会談した。額賀氏は朴氏の2月の大統領就任後、早期に首脳会談を開催したいとする安倍首相のメッセージを伝達、朴氏も「日程を調整する」と前向きな姿勢を示した。

会談後、記者会見した額賀氏によると、靖国神社への放火を認めた中国籍の劉強容疑者(38)について、韓国側が「政治犯」と認定し日本に引き渡さなかったことに関しては、双方とも言及しなかったという。
  • 額賀特使、靖国放火問題触れず 韓国次期大統領に親書 朴氏、早期訪日に意欲 産経新聞 [1/5 07:55] 【ソ
  • 2013/01/05 8:05 AM
 天皇陛下侮辱問題触れず。
 靖国放火問題触れず。
 竹島問題触れず。
 その他数多くあるが、どうして日本が韓国に対して気を使わなければならないのか。
 未来志向の談話を検討しているとの事であるが、いつまで騙されれば気が済むのか。
 反日教育をしている国、
 捏造した歴史を教育している国、
 日本から多額の援助金を取っている国、
 事あるごとに日本を貶める国、
  未来志向なんてあるはずがない。
 韓国は、慰安婦問題で未来永劫に、お金を取るのは明白である。
 また、政治的に利用するのは解りきっている。
 明らかに日本の政策が間違っているのである。このあたりで、お金を止めて、毅然とした態度を取れば、成功する。
 脅せばお金が出てくる、国内的な政策にも使える。日本を貶めれば、国内世論が上がる
日本は何も言わないし、お金は出てくる、援助は、貶めれば貶めるほど多くなる。
 これで、未来志向? 韓国にとっては、未来志向でもなんでも良いわけである。
 未来永劫、日本を貶めれば、お金が出てくるのである。過去の歴史が物語っている。
 これ以上は、日本人の誇りが許さない。
 いい加減しろよ。
 未来志向の談話よりも、日本人の誇りの方が大切だと思う。
 韓国は突き放すのが一番。60数年間騙されてきたのではないか。
  • 2013/01/05 7:54 PM
金融緩和は「カンフル剤」=規制・構造改革を―楽天・三木谷氏
時事通信 [1/4 17:00]

楽天の三木谷浩史会長兼社長は4日、都内で記者団に対し、安倍政権が掲げる大胆な金融緩和について「あくまでもカンフル剤だ」と述べ、景気の押し上げ効果は一時的との考えを示した。
三木谷氏は、政府が新設した日本経済再生本部の産業競争力会議のメンバーとなることが固まっている。
また、三木谷氏は最近の円安進行に関して「円安に振れすぎると、海外での調達力や企業買収力に影響する」と指摘。
中長期の持続的な成長には新産業の育成や既存産業のグローバル化が不可欠との認識を示した上で、「本格的な規制改革、構造改革が必要だ」と強調した。
  • 金融緩和は「カンフル剤」=規制・構造改革を―楽天・三木谷氏 時事通信 [1/4 17:00] 楽天の三木谷浩史会長
  • 2013/01/05 9:37 PM
>誠さんへ

お気持ちはわかりますが
安倍自民党を応援してきた、こちらのブログのマネージャー始め、こちらのブログに集う多くの方々は、悔しい思いをしながら、じーっと堪えているんだと思いますよ。
経済を立て直して参院選に勝利を得るまでは・・・と。
韓国なんて時期を見て、ペシッと叩いてやればいいんじゃないでしょうか。
私は、むしろ韓国よりも国内反日勢力の大掃除を先にすべきではないかと思っています。
だけど、韓国のことを知れば知るほど歴史といい、文化といい、慰める言葉もみつからないほど、な〜んにも誇るもののない国なんだな〜と思います。まるでコンプレックスの固まりのような国なんだな〜と思います。
  • BJ
  • 2013/01/06 2:38 AM
>BJさんへ

 ご意見ありがとうございました。
 国内反日勢力の大掃除が先と言うことは、その通りだと思います。

 マスコミ(テレビ)が韓国をヨイショする度、チャンネルを変えていますが、変えても韓国ばかり、最近はテレビを見ないようにしています。
 マスコミ駆除に参加したいと考えています。
 ただ、主張したいのは、韓国に対して余りにも寛容な態度が、現在の状況を作り出していることは、間違いないと思います。

 内閣府にも投稿したところです。

 ご指摘のように参議院選挙までは堪える事とします。ありがとうございました。
 
  • 2013/01/06 8:55 AM
農産輸出倍増「1兆円」 首相方針、TPP視野
産経新聞 1月6日 7時55分配信

 安倍晋三首相は5日、経済再生に向けた成長戦略の一環として
農林水産品・食品の輸出額の目標を現状の倍以上となる「1兆円」と定め、
輸出拡大策を強化する方針を決めた。世界の人口増で
農林水産品の需要が伸びていることから、
国内市場中心から輸出の比重をより高めた農業政策への転換を目指す。
貿易立国を支える一産業として農業を育成していく狙いがある。

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130106-00000057-san-bus_all
  • 農産輸出倍増「1兆円」 首相方針、TPP視野 産経新聞 1月6日 7時55分配信  安倍晋三首相は5日、経
  • 2013/01/06 12:57 PM
自分は去年の暮れに此処をようやく知ったのですが、わずか数記事で腹筋を鍛えさせて頂き脳味噌を柔軟にして頂けました

ブログ主のような豊富な知識と事象を明解に洞察し説明できる能力、ユーモアのセンスを尊敬していますが、だからといって依存はしません。つねに勉強させて頂き自分の頭で考えます

今年も勉強させて頂きながらガンガン腹筋を鍛えさせて頂く所存ですので宜しくお願いします(腹筋四段八個を目指しています)
  • Vnonymous
  • 2013/01/07 10:23 PM
この靴の代表的なブランドと言えば、「カスタニエール」。エスパドリーユの母国・スペインで生まれ、その起源は1776年に誕生したエスパドリーユの作り手、ラファエル・カスタニエールにまで遡るそうです。1930年代に、欧米の各リゾート地でエスパドリーユが大流行し、広く認知されることになりました。その後、1936年のスペイン内戦時には国営化され、兵士たちの履くエスパドリーユをつくっていたこともあるそうです。
日本は力も面積も上から数えた方が早い大きな国です。
糞記事書いたバカは残飯食えよw
日本がやると叩くくせにwバカチョンマインドに染まった異常者バカサヨ(大爆笑)
  • アジア
  • 2013/08/07 10:08 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM