<< 支配構造を読み解いてみようか | main | 衆参W選挙の可能性? >>

経済基礎04 借金は正義

いつも応援ありがとうございます。

政治 ブログランキングへ

実はこの記事、最初は「イヤッッホォォォオオゥオウ!」という題名で書いていたのですが(笑)、内容を読み返してみると「ん?これって、経済基礎の続きって事でいいんじゃね?」と思いましたので、色々と付け加えてそういう事にしてしまいたいと思います。

これまでの『初心者向け経済講座』シリーズは以下の通りです。

超簡単経済基礎01 お金自体に価値はない
超簡単経済基礎02 通貨発行者の視点
超簡単経済基礎03 現代の錬金術師
超簡単経済基礎04 デフレになってしまったら
超簡単経済基礎05 希望の未来が見えますか?
経済基礎01 GDPを理解しましょう
経済基礎02 貿易は富と職の奪い合い
経済基礎03 全ての源泉はGDP

ははは。気がつけば結構たくさん更新してるもんですね(笑)
流石にそろそろネタが無くなってきたような気がします。何というか、基礎じゃなくなりつつあるような。
ちなみに、今回の記事は「経済基礎04 借金は正義」という題なのですが、何故前の題が「イヤッッホォォォオオゥオウ!」だったのかと言うと、記事を書き始めたきっかけが、以下のスレだったからです。

イヤッッホォォォオオゥオウ!分割払い! 2013

ワロタw
簡単に説明すると、上記は2chの『バイク板』のまとめなのですが、あそこではローンを組んで欲しいバイクを買った時、「イヤッッホォォォオオゥオウ!(IYH)」と言うらしいのです。そうだったのかー(笑)
つまり、ローン組んでバイクを買っちまったぜー!という書き込みに、「これはいいIYHwww」みたいなレスが付く訳ですね。

1:774RR:2011/12/18(日) 22:55:40.60 ID:QIHPUTyb
お前が1年我慢している間に、俺たちは慣らしを終える。
お前が2年我慢している間に、俺たちは日本を1周している。
お前が3年我慢している間に、俺たちは無数の出会いと別れを繰り返している。
お前が4年我慢している間に、俺たちは気付くだろう『バイクとはなんぞや?』
お前が5年我慢している間に、俺たちは愛車に無数の傷が付き一心同体となっている。
お前が6年我慢している間に、俺はローンを終えている。
イヤッッホォォォオオゥオウ!

11:774RR:2011/12/19(月) 11:42:41.07 ID:cRVBc8tX
ローンだろうが一括だろうが商品の値段は一緒
重要なのは手数料
これは一例

▼分割手数料
  (商品代金−頭金)×0.65%×分割回数

100万円を5年60回ボーナス無しで借りると
39万も余計に払うことになる。

  だから? なに?

*     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /   イヤッッホォォォオオォオウ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ    | *     +    。     +   。 +
     〈_} )   |
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――


バイク板の住人は大抵悪ノリしているので、「一目惚れしたバイクをローン組んで買っちまったぜえええっ!ヒャッハー!」とやっているように見えますが、日本のエコノミスト(笑)どもなどよりも、遥かに『借金の有効性』を理解しているように見えます。・・・いやまあ、本当に何も考えずにIYHしちゃってる人も居そうですけど。
バイク板古参のIYH巧者が借金のいい所も悪い所も理解している証拠に、闇金とかの違法高金利を除けば最高に危険な「リボ払い」については、「リボだけはやめとけ」と言っていたりします。

8:774RR:2012/10/21(日) 01:00:02.54 ID:joRcn/Ax
デジカメ板姉妹スレより

530 :名無CCDさん@画素いっぱい [] :2009/02/20(金) 23:54:12 ID:YhXjifO10
リボのヤバさを簡潔教えておくれ

532 :名無CCDさん@画素いっぱい [↓] :2009/02/20(金) 23:57:13 ID:hd3dAFvR0
>>530
ここのツワモノどもがやめろと言ってる。
なぁ、これだけで十分やばいと思わないか?


こういう、借金のリテラシーという物は、実際に金を借りてみなければ身に付かない物なのかも知れません。そういう意味で、IYHを使いこなしている方々は、真面目にコツコツ働いて貯金をしまくっている一般の人よりも、遥かにお金を使い慣れている、使いこなしていると言う事が出来るでしょう。いいか悪いかは置いといて(笑)
まあ、個人的には、数十万円程度の散財でローンを組んだと聞くと、「もう少しちゃんと金貯めとけよ・・・」と思わないでもないですが、こういう細かい物でお金の使い方を勉強するのがいいです。いきなり家とかの大型案件に手を出すのは、賢明とは言えません。私も昔、特に意味もなく一万円ぐらいの商品を、12回分割払いで買った事がありますが、あれはいい勉強になりました。クレカの金利高すぎワロロローン。お店のお姉ちゃんも、「えっ?12回分割ですか!?」みたいな顔して見てないで、止めてやれよ!当時は俺も何も知らない少年だったんだから!(笑)
ちなみに、リボ払いがヤバイ理由というのは、『リボ払いは、毎月一定額(五千円とか一万円とか)を返済に充てる借金で、下手な使い方をすると返済枠が利息の支払いのみになってしまい、元金が減らないという事であったりします。多分法定内では一番えげつない借金です。

ところで、皆さんは「借金は金が無い奴の最終手段。ニコニコ現金一括払いが一番いいに決まっている」と思い込んではいないでしょうか。私はそうは思いません。目的あっての借金に限り、出来るならした方がいいし、借りた金の返済は可能な限り遅らせるべき(笑)
現実をシビアに見てみますと、「金持ちほど借金をしている」というのが真理であったりします。
何故なら借金には、

1.手持ちのお金が無くても、お金を動かす事が出来る。
2.手持ちのキャッシュを保持したまま、更なる投資を行う事が出来る。


という、非常に大きな利点が二つもあるからです。

借金をした方が賢い事例その1

これは、私が尊敬している某経営者の経験談なのですが、彼は学生時代に家庭の事情で極貧生活を強いられる事になりました。親からの仕送りは完全にストップ、住む場所を確保するだけで無一文になってしまい、明日食べる物にも困る状況になってしまいました。
そこで彼が真っ先に選んだ手段が、借金です。
消費者金融で一万円借りて、最安値のスーツを購入。塾講師のアルバイトをして、お金を稼ぐ事にしました。借金をして買ったスーツと自分の技能を元手に、借金の利息以上に稼げば問題無いと判断した訳です。いわゆる、初期投資の考え方ですね。
よく考えてみれば、最初に「借金をしてスーツを買う」という事をしなければ、彼は塾講師のアルバイトは出来なかった訳ですから、遠からぬ将来に無一文になって、大学中退→転落人生といった未来が確定していた訳です。借金をして、明日のご飯ではなくスーツを買った所に、彼の凄さが表れていると思います。いやまあ、当たり前の判断と言えばその通りですが。
こうして借金をして身なりを整え、キッチリ仕事にありついた話を見ていると、「生活保護とか何甘えてんの?就活出来ないとか馬鹿なの?死ぬの?」という気分になったりします。

さて。この借金は、正義か?それとも悪か?

借金をした方が賢い事例その2

実際に借金をした事がある(ローンを組んだ事がある)人であれば実感している事だと思いますが、世の中には「超低金利で借りられるローン」という物が存在します。その筆頭と言える物のひとつが、住宅ローンです。
世の中では「持ち家派」と「賃貸派」が熾烈な争いを繰り広げていたりする訳ですが(笑)、どちらが正しいなどという話をするつもりはありません。一長一短です。
ただ、私の目から見れば、年利1〜5%程度の超低金利で、しかも35年(なんと420回払い!)といった超長期のローンで、何千万円という大金を借りられるのは大チャンスに見えます。その辺の中小企業のオヤッサンなら、ヨダレを垂らして借りにくる条件だと思います。まあ、お金の使い道が自宅だから好条件で借金出来る訳で、中小企業への融資がそんな条件になる事は絶対にあり得ませんが。(そして、自分がそこで暮らしている限り、賃貸収入なども見込めないので、決していい投資先とは言えない)
額が巨額なだけに、低金利でも地味に支払い額は痛いのですが、それは置いといて。まあ、組むローンの額を間違えなければ、賃貸物件で家賃を支払うより、月々の支払いが安く済むといった利点もある・・・場合もあります。
さて、例えば一千万円のローンを三十年で組んでいるあなたが、手元に百万円の現金を持っているとして、繰り上げ返済して借金を減らすべきか否か?私は否であると考えます。もちろん、借金をしているという事が重荷で、一刻も早く返してしまいたいという気持ちは分かるんですが。
百万円の現金は、他の手堅い投資で運用するなり、『万が一何かが起きた時』の為に貯金しておくなりするべきです。ご家庭をお持ちで子供が居るという事になれば、なおさら。虎の子の現金百万円は、繰り上げ返済などには使用せず、子供の学費などに備えて貯金しておいた方が賢い。
何故か?
手持ちの現金を年利1%の借金の返済にあてた直後に、急な怪我で入院して百万円使わなきゃならないなんて事になったら、どうするんですか?って話です。繰り上げ返済しちゃったら、手持ちの現金が無いでしょ?年利10%で百万円借り直すんですか?(笑)
手持ちの現金(キャッシュ)の残高は、日々の生活の中で最も重要な項目です。冗談めかして言いましたが、ここで年利10%でも借りる事が出来ればまだマシで、障害が残るような酷い怪我で職を失う可能性も出て来た・・・となった場合、治療費すら借りられないという、最低最悪の事態に陥る可能性があります。日本ではそんな事滅多に無いけどね。病院が貸してくれたりするので。
ついでに言うと、住宅ローンと生命保険は一蓮托生なので、そういう酷い状態になった場合、住宅ローンの残額が保険金から支払われ、チャラになる可能性があります。残額が800万円でも、700万円でも、同じくチャラ。だったら、800万円チャラになった方が得やろ?まあ、これは『万が一』が起きてしまった時の事なので、それを期待するのは間違っていますが。
しかし、そういう万が一が起きてしまった時、手元にまとまった現金があると無いでは、天と地ほどの差があります。
また、借金をして高額な商品を買う必要に迫られた時も、全額借金で買える事なんてあまり無いです。となれば、これもやはり『頭金という名のキャッシュ』が物を言います。やはり、繰り上げ返済は悪手であるという見方が、投資家視点から見れば優勢だと思います。
あなた個人が投資家マインドを持っている必要はありませんが、勤めている会社や、所属している国家には、そのぐらいの金融知識は持ち合わせていて欲しいとは思いませんか?(笑)
・・・と、こういう事まで考えると、借金は可能な限り返さない方が得なのです。少々の金利支払い分ぐらい、キャッシュを手元に残す為の手数料として見れば、安い物です。借りられる時に借りておき、可能な限り返さない。基本的にはこれが最強。

これは、「借金の金利でいくら余計に払わなければならない」という見方をしていては気付けない事です。「手持ちのキャッシュを最大化するにはどうすればよいか?」という視点を持っていなければ、永遠に理解出来ません。
そして、大金持ちと呼ばれる人は、必ずこの視点をもって借金をしています!(笑)
断言してしまいますが、金持ちが考えるのは、如何に少ない手持ちの額を頭に、如何に多くの額を借金して、如何に多くの利益を稼ぎだすか。これしかありません。
いい暮らしをしているお金持ちが、何億円も借金してたりってのはよくある話です。一億円の借金をして、一億五千万円を儲け、三千万円の利子を支払うのが彼らのやり方です。キャッシュフローがいいから、何億円借りても大丈夫なのです。銀行も、それを見越して金を貸します。儲かる事が分かっている限り、利息が数%取られた所で痛くも痒くもないのです。

さて。この借金は、正義か?それとも悪か?

このような事例を見ていますと、一つの事にお気付きいただけるかと思います。つまり、借金というのは基本的に『借金を元手に、支払い金利以上の儲けを生み出そうとしている時にする物』であるという事です。
一戸建ての家屋であろうが、マンションであろうが、車だろうが、バイクだろうが、例外はありません。バイク板の皆さんは、カッコイイバイクにまたがってヒャッハーしたいだけに見えるかも知れませんが(笑)、自分が心から満足の行く買い物をして、ツーリングなどの楽しみを通じてリフレッシュし、バリバリ働く事で金利以上に稼げるのであれば立派な投資です。「今すぐにバイクを買い、乗り回す」という事に金利以上の魅力を感じるからこそ、彼らはローンを組んでバイクを買うのです。
逆に、バイクなど趣味でも無いにも関わらず、バイク買ってシートかぶせて駐輪場で眠らせているだけなら、それは散財です。何故借金してまで買ったのか、まったくもって謎です。
まあ、私から見るとバイクに使う金というのは無駄金なんですが、何がその人にとって大切な物かというのは、個人の価値観ですからね。幸せな金の使い方とは、こうだ!と個人に強制するような社会では、窮屈ですし。生活が破綻しないように賢く借金する知恵を身に着けているのであれば、好きにすればいいのではないでしょうか。
もしかすると、「俺は、バイクが取り上げられたら、仕事なんて絶対にしねえぞ!」という人も居るかも知れません。こういう人にとっては、バイクを購入する為のローンは、労働意欲を担保する為の投資なのでしょう(笑)

それではここらで、あなたのマネーリテラシーをテストしてみましょう。投資勘を養うトレーニングみたいな物なので、気軽にお答えください。

10万円のブランドバッグと、2万円のプレステ3、どちらが高級品ですか?

「10万円のバッグに決まってんだろ、無駄金使ってんじゃねえ!」と思った方は不正解です。
多くの人は「ブランドバッグの方が高級品だ!」と言うと思います。しかし、私はプレステ3の方が高級品だと思います。お金に対して多角的な視点を持つ、マネーリテラシーの高い人であれば、十中八九そう考えると思います。
まず、ブランドバッグから見てみましょう。確かなブランドのバッグですから、当然品質は良いはずですし、二年〜三年ぐらいは十分に使えるはずです。金具が壊れても修理などのサービスも充実しているでしょうし、うまく手入れをして使えば一生ものになる可能性もあります。名の知れたブランドのバッグを肩から下げる事で、ちょっとした優越感も味わえます。良い物を求める人は、こうした『気分のよさ』に対してお金を払うのです。

仮に三年間、10万円のバッグ一本で行くとするなら、月々の負担額はわずか3600円。似たような値段のバッグを10個も20個も買い揃えるようではアホですが、一つか二つぐらいなら、そこらの高校生のアルバイト程度でも、十分に購入可能な物だという事が分かります。一から金を貯めても大した時間は掛からないでしょうし、ローンを組めれば即買出来ます。

一方、プレステ3はどうでしょうか。本体価格こそ安いかも知れませんし、バッグと違って色々なソフトで遊べるので得だと思うかも知れませんが、そのソフトが問題です。新品のソフトだと、確か五千円ぐらいしますよね。まさか一本のソフトで一年も二年も楽しめる人は居ないでしょうから、二ヶ月に一本新しいソフトを買うとすれば、三年間で9万円です。初期費用の本体価格と合わせて11万円。ほら、もうブランドバッグよりも高くなった。
しかもこれは、プレステ4が発表された現在で、ようやくプレステ3の価格が2万円強に落ちた場合の話であって、発売当日に購入していたら、確か本体価格は四万〜五万ぐらいしてたんじゃなかったか。
つまり、プレステ3とは、維持費が異様に高くつく高額商品であり、トータル費用はブランドバッグ以上になる可能性が高いのです。一ヶ月に何本もソフトを買うような人だと、更に酷い事に(笑)

(私が好きで毎日見ている、日替わりタイトルの閣下は、さすがにゲームに金を使いすぎだと思いますw)

という訳で、その辺の女子高生が不釣合いに見えるバッグを肩から下げているのを見かけたとしても、変な目で見るのはやめましょうね。そこら辺の男子高生がゲームにつぎ込んでいる金額の方が、余程高い可能性があるのです。ブランドバッグぐらい、その気になれば誰でも買えます。買えないとすれば、何かしらお金に対する向き合い方に、問題があるのです。
残念ながら、マネーリテラシーが低いという事になります。

あ、もちろん、ブランドバッグとプレステ3を同列に語る事に無理がある事ぐらいは分かっています。問題なのは、そういうお金に対する嗅覚があるかどうかです。

借金は無条件に悪だと考えている人は、大抵の場合において、マネーリテラシーが欠如しています。従って、上記のようなブランドバッグVSプレステ3などという事は考えた事も無く、賢いお金の使い方についても考えた事も無い。借金という、言わばお金の使い方上級編についても、当然分かってないという訳です。
たくさん給料をもらっているはずの人が「お金が貯まらないよー」などとボヤいている原因は、大半がマネーリテラシーの欠如による物でしょう。日本人には「お金の事を話すのは卑しい」という価値観が根付いてしまっており、これが悪い形で出てしまうケースが多すぎます。大勢の人が、お金の事について考える事を、最初から放棄してしまっているのです。
ちなみに私は、こういう所だけはキッチリしているので、毎晩飲み歩いていてもお金は貯まります。給料日前の金欠病など、未だかつて経験した事がありません。それは、決して私が高給取りだからではなく(むしろ安月給ですw)、それなりのマネーリテラシーを身に付けているだけの事。
この程度の、『最低限のマネーリテラシー』に関する事ぐらいは、中学校の必須科目にしてもいいんじゃないかな。

では、駄目な借金とは何か。それは言うまでもなく、特に必要でもないのに高価な物を購入したり、あろう事か朝鮮玉入れ(パチンコ)などのギャンブルに熱くなった挙句に大金を突っ込んだり・・・とまあ、『借金の金利以上に、稼げる見込みが無い』事の為にする借金。つまり、返せる見込みの無い借金が、駄目な借金です。いわゆるサイマー(債務者)などと呼ばれる人は、大抵が『返せる見込みの無い借金』をしています。それではダメなのです。いわゆる借金漬けになってしまった連中の大半は、そもそも借金をする資格のない人です。

あと、最後にこれだけは注意。友人に借金や保証人を頼むのは、ダメ、絶対。これに関しては、いくら未来への投資の為の借金であっても、無条件で駄目な借金です。
お金の貸し借りは最強の友情ブレイカー。友人間でのお金の貸し借りは、せいぜい五千円ぐらいまでにしときなはれ。
大金を貸す時は、あげるつもりで。返って来なかったら縁切り上等。そういう気持ちでなければやってはダメ。例え何十年の付き合いがある親友だろうが、駄目な物は駄目!

「金は貸すな。相手を友人と思うなら、知恵を貸せ」

幸い、私は色々と勉強しておりますので、友人が助けを求めてきた時に貸せる知恵ぐらいはあるつもりです。みなさんもそうしましょう。
お金を借りる時は、正々堂々と、商売で金貸しやってる銀行や質屋で借りてください。あの人達は何だかんだ言ってお金を扱うプロだから、数社並べて見積りを取れば、おおよそ適切な金利を提示してくれるはずです。あなたが金を貸すに値しないブラック野郎だったら、門前払いしてくれるはず。門前払いを恨むんじゃないよ。「あなたには貸せない」と判断してくれた事を、感謝するべき。
まあ、借金出来なくなっても、普通に生きていく分には問題ありません(笑)

本日の結論
未来の為の投資である限り、返せる借金は正義である。バンバン借金して、返済は引き伸ばすべし。


と、普段「借りたお金はすぐに返しなさい!」と言われていた人からすると、ビックリするような結論が出てしまった所で、私が何を言いたいのかは、もうお分かりですね?
国の借金ガーの皆さんは、お帰りくださいという事です(笑)

日本政府には、例えお金が手元に無かったとしても、やらなければならない事が目白押しです。例えばそれは、遠からず起きるであろう震災に対応する為の国土強靭化であったり、敵国(特に中国と朝鮮、あとロシア)に対抗する為の、軍事力増強であったりします。
言うまでもなく、震災で何十万人も死んだ後で復興するより、事前に設備を補強しておいて被害を軽減した方が、掛かる費用はダントツで安く済みます。というか、人が生きるか死ぬかの話なのですから、ケチる所じゃありません。存分に借金しましょう。
日本政府は、わずか1%以下という世界最低の超低金利の国債を発行出来る立場なのですから、どんどんお金を借りて、こういった事業につぎ込むべきなのです。それは即ち、塾講師のアルバイトをする為にスーツの購入が絶対条件だったように、日本という国家を滅亡させない為には必要不可欠な投資です。しかも、日本政府が借りるお金は、銀行に眠っている我々の貯金です。即ち、『政府の借金=我々日本国民の資産』なのです。本日説明した通り、返せる借金は正義な上、私達からお金を借りて儲けさせてくれると国が言っているのですから、なおの事問題ないという事。これ以上に信頼出来るお金の借り手なんか、他に居るものですか。
つまり、「お金が無いから軍事費の増強は無理だー」とか言ってる連中は、銀行機能(借金)という資本主義の根底を流れるシステムを一切理解出来てない、マネーリテラシーが壊滅した馬鹿だという事です。こんなんが経済のプロを名乗ってるとか、どんな冗談じゃアホが。

日本政府は、無い袖を振る為に、借金しなはれ(笑)




おまけに、上の「GDPが全ての源泉の図、完成版」(チャロチャロ様、漢字の紳助様、ありがとうございました)を見ていただいても分かる通り、政府が借金をしてその金を有効に使えば、キッチリGDPも増えます。個人が借金して使うのとは段違いのレベルで、政府の借金は経済をグルグル回し、内需を拡大してくれるのです。
まあ、民間人が一斉にイヤッホウし始めれば、それと同じ効果があるんですが。借金しても儲かる投資先が少ない以上、正義の借金は少なくならざるを得ないと言っている訳なのです。だから、政府が代わりにイヤッホウしよう。
GDPが増えれば税収も改善される為、日本政府が動かせるキャッシュは増え、お望みとあらば借金の返済にあてる事も出来るようになります。財政破綻が怖いと言うなら、なおさら今は国債を発行(借金)して、政府が自由に使えるキャッシュを増やすべき。現在の日本の問題は、『日本政府が、通貨の発行機関(日銀)を子会社に持っているにも関わらず、自由に動かせるキャッシュを持っていない』という所にある訳です。訳の分からない話だとは思いませんか。
いい加減に、借金は悪だというお粗末な思考停止からは抜けだしていただきたいと思います。いいですか、借金は正義!なのです。

という訳で、日本政府は存分にIYHしていただければと思います(笑)

ただし、個人の借金は、割とアッサリ破綻する可能性がありますので、皆さまのマネーリテラシーを存分に磨いていただき、投資は自己責任でよろしくお願い申し上げます。

いやあ、ホント、投資関係のブログとか書いてる人は、よくやるよなあと思います。私は怖くて、そんな無責任な事は書けないよ。読者の皆さん一人一人の財政状況なんて、当たり前ですが知りませんし、知らない以上、適切なアドバイスなど出来ません。万人に共通する投資アドバイスなど存在しません。どの程度のリスクを取れるかは、一人ずつ異なるからです。
例えば、今は「ハイレバレッジを掛けない限り、日本株への投資は鉄板だ」と私は思っていますが、それにしたって六十歳超えて定年を迎えて隠居しようという人が全財産を日本株に投資して、万が一参院選で自民党が敗北し、日本株が真っ逆さまに下落なんて事が起きたら・・・なんてことにまで責任は取れない訳です。いや、老後の資産を全部吹っ飛ばすようなアホな人は、そうそう居ないだろうとは思いますが、「絶対に儲かる!」と言われるとやっちゃう人が、いつの世にも一定数存在する。俺はその事を知っている。
資産の配分ぐらい自分で考えんかい。そこまで面倒見切れるかボケナス。
海の上に浮かんでいる物が日本列島であれば「まあ、絶対に沈まないと思うよ!」と太鼓判も押しますが、相手が笹舟か豪華客船かも分からないのではどうにもなりません。どんなに人事を尽くしても、沈むときゃ沈む。豪華客船が沈み、笹舟が生き残る事もある。個人の借金を保証するとか、相手が親兄弟でも無理だわ(笑)

従って、私が今大胆にIYHしてもいいと断言出来るのは、日本政府だけです。頼みましたよ、安倍総理!

日本政府イヤッッホォォォオオゥオウ!と思った方はクリックを。

政治 ブログランキングへ

コメント
 返せる見込みがある借金は確かにアリだと思います。

 借金してまで投資する場合や、ローンを抱えている人が投資する場合は借金やローンの金利を上回るほどのリターンがない限り投資すべきではないと思いますが、真人さんはどう思いますでしょうか。

 また、自国通貨建ての国の借金は通常の借金と異なり返さなくていいはずなのに、そこを理解していない人が政財界に多すぎて困りますね。

 ちなみに、私個人としてはブランド物のほうが高価だと思います。
 バッグを持ってようが持っていまいがゲームはやりたくなりますし、使い方が荒っぽいので、日本製ではない外国産のバッグでは、とても持ちませんし優越感を抱けませんし、そもそも周りの人はブランドに興味持っていないからブランド持っていたって誰もすごいと思いません。
 私のマネーリテラシーとしては上記のとおりでございます。
 私と似たような価値観を持っていらっしゃるような方も少なからずいらっしゃると思います。

 真人さんは私とは違うマネーリテラスーや着眼点を持っていらっしゃるのですごいと思います」。
  • あいうえお
  • 2013/03/26 11:30 PM
>あいうえおさん
もちろん、金利を超える利益を得られない限り、投資にはならないだろうと考えておりますよ(笑)
そして、日本円建て国債という名の借金は、永遠に返す必要のない借金だという事についてもその通り!日本円を発行するのが日本銀行であり、日銀が日本政府の子会社的存在である以上、日本国債とは詰まる所日本銀行券(現金)の亜種に過ぎません。これも過去に主張していた通り。
色々と繋がって参りましたね(笑)

あと、ゲームとブランドバッグの比較が、「そもそも比べられる物じゃないだろー!?」というのも、おっしゃる通りで、記事にも書いておりますが、そうは言っても『10万円、20万円の価格がついたブランド物が売れている以上は、それにゲームソフト以上の価格を付ける人が、客観的に見て居る』という事なわけです。そういう着眼点にもなればなー、と思って書かせていただきました。市場原理は面白いですね。
ちなみに、私自身はブランドバッグの良さも、バイクの良さも、正直なところ分かりません(笑)
  • 真人
  • 2013/03/26 11:46 PM
真人様、大事な点が抜けていませんか?

そう、外国ブランドのバッグなら、少なからぬ金が海外へ流出する点です。プレイステーション本体やおおくのソフトウェアは国産ですよね
  • 自由主義詩歌
  • 2013/03/26 11:54 PM
>百万円の現金は、他の手堅い投資で運用するなり、『万が一何かが起きた時』の為に貯金しておくなりするべきです。ご家庭をお持ちで子供が居るという事になれば、なおさら。

この主旨で書かれた本を読んだことはあるのですが、深く考えていなかった。

住宅ローンを組んで現在返済中ですが、ある程度貯まったら、繰り上げ返済をしようと考えていました。

確かに「何かあった」時に、自由になる現金が手元にあった方が安心ですね。
「返せる当てがある」ならば、(その時の金利は考慮しないとして)何時返しても、滞納がない限り金融機関は文句をいいませんからね。

残念ながら現金を確保しても、自由になるお金は小遣い程度なので、有効な投資は出来そうにありませんが。
  • hinode
  • 2013/03/27 12:08 AM
お疲れ様です。
自分も貧乏性で小心者なので、どうしても無借金経営に憧れてしまいますね〜 大金持ちになれるタマじゃないです(涙)

でもアメリカとかユダヤ人が極貧から一世代で大富豪になった話とかには、やっぱりこういう賢い借金がでてきたような気がします。アイデアはあるのに元手がない!ようなときにはリスクをとるのが大金持ちへの道ですね。

国家に関しては三橋先生のおかげて家計や企業会計にはない特徴があると分かりました。通貨発行権とか、徴税権とか。

あと、個人的には国家は輸出入を除くと基本的に閉鎖系である、というのが特徴かなと思っています。
企業は出来の悪い社員を解雇すれば、生産性が高まりコストを抑えられるわけですが、国家は出来の悪い国民を国外追放するわけには行きません。
国民全員に持てる力を最大限発揮してもらうのが国家の取るべき道ということきなるんだろうて思います。
  • 漂着物
  • 2013/03/27 12:14 AM
 漂着物様へ

 素人考えかもしれませんが、実際に経営をなさっている場合には、無借金経営がベストのような気がします。
 
 健全経営をしているのに、担保物件の値下がりによって貸しはがしを受けた人を存じておりますし、今のデフレの世では借金の金銭的価値は段々上がってしまいますので、借金には様々なリスクがあるため、無借金経営が今のデフレの状態では一番だと思います。

 安倍さんには、ぜひデフレを脱却していただきたいと思います。


 
 
 
  • あいうえお
  • 2013/03/27 12:24 AM
なるほど。借金にもデフレ期の借金とインフレ期の借金とがあるわけですね。深いです。
  • 漂着物
  • 2013/03/27 12:43 AM
バイク板の話は、
「ある若い女性が高価な宝石を欲しいと思った。
 彼女は20歳の時に20年ローンで宝石を買いその後ローンに喘ぐべきか、爪に火を灯してお金を貯めて37歳のときになって現金で宝石を買うべきか?
 どちらにしても彼女は少なくとも17年間は質素倹約することに変わりはない、しかし20歳の時に宝石を買えば彼女はその分長く宝石で自らを着飾れるのだ。しかも若く瑞々しい自分を、だ」
というような寓話を思い出しました。

ニコニコ現金払いは理想的ですが、しかし時の流れというものも考えなくてはいけません。欲しいものが手に入るだけのお金を貯めた時に、それを自分が楽しめるだけの能力や余生を保っているとは限らないわけですし。

日本で借金が悪とされがちなのは、貯蓄を是とした高度経済成長期の国策を引きずっているという面もあると思います。
つまりかつては、いちいち金融リテラシーを全国民に徹底して無数の個人投資家を作るのではなく、貯金・預金を通じて投資のプロ(銀行)にお金を集めることでお金を回そうとしていたわけですね。国民の金融リテラシーを向上させる教育をするのが面倒だったからという面は、少なからずあったと思います。
……まあデフレになって以降は、その銀行が機能不全起こしてお金の流れを滞らせてる感がありますが。

返す当てのある借金は、いい借金(少なくとも悪くない借金)です。つまり、返す当てのある将来を思い描けるような、希望に満ちた社会が、いい社会なわけです。デフレなんてのは最悪ですね。

安倍首相になってから、漸く、未来に希望を持てる(=借金しても将来には返せるアテのある)社会になってきたのではないかと思います。
  • へび散漫
  • 2013/03/27 1:16 AM
日本IYH!!!
  • ネトウヨ参謀本部太陽分局
  • 2013/03/27 4:03 AM
主様、今回の話は濃密です。(笑)
漢字の紳助も、「凄い記事が出たぞ!!」とあわてていました。

いやー、あの図を書いてくれと言われた時は、何に使うのかと疑問だったのですが、ブログを見て、あまりに予想外で驚きました。

『借金をした以上に稼ぎをだし、最終的に返せる手だてがある限り、手持ちの運用資金の幅が広がり、借金は正義である。』
↑これを真正面から提示された時点で、頭殴られたような衝撃でした。正直、これ1個だけで十分にブログのネタになるんじゃないのかと思うようなすごい話です。
というか、これ1個だけでブログを書かなかったという事自体、画期的です。普通はこれ1個だけで書いて満足しますから。

で、『将来の稼ぎや、所得損失の防止ができる行為であるならば、手が打てるうちに借金を行い、有効な使い方を行い、実際にしっかり稼ぎ、返しておつりがくるようにせよ』は、もはや戦いの極意のレベルです。

そして『借金の返済は、できるだけ遅らせろ。手数料なるものさえ払えば元金を一時的に先送りできるのは、適切な借金⇒投資⇒土台作り⇒所得確定⇒返しておつりがくる勢い、というループづくりにはむしろ有効である。』は、常勝将軍の極意レベルの至言だと思います。

で、最後の締めが『日本という国家なら、通貨の発行元、専用のなんでもいう事を聞く日本銀行ATMがあるんだから、手持ち資金を増やしたり、借金する以上に稼げるんだからIYHだよね?』ですもの。まさか、これにあの図を使うとは、恐るべし・・・・・。

上記4つの話をすべて、一気通貫に話し切って、日本がイヤッホー可能状態であることを論説するのは、日本広しと言えども主様ぐらいですよ、マジで。
更新お疲れさまです。

まさかこう来るとは思わなかったwww
俺自身は債務調停による返済中で、(今年10月にようやく完済予定)マネーリテラシーが0なのはもはや明らかなのですが(泣)、日本政府にはそんな心配などまるで要らない。
物凄く判りやすい、経済系エントリの革命的な記事だと思います。いやマジでマジで。

個人的には、借金以上に儲ける技能もアイデアも無いため、一生金持ちにはなれそうもないのですが(泣)その分政府には存分にイヤッホーして貰いたいです。
その分俺の手取りも増える!(爆笑)
  • ひがしかん
  • 2013/03/27 6:20 AM
いつも楽しく見させてもらってます
母親が金融緩和をしても食糧品などは国民の命に関わるものだから、父の働いてる食品会社ではインフレの恩恵にあずかれず、世間の給料増加とのギャップが生まれるのではないか。つまりうちの給料は建設業なんかより全然潤わないのではないか。と言われたのですがどうしたらいいですか?教えてください。
  • にゅー
  • 2013/03/27 6:40 AM
おはようございます。
なるほど、そういう意味では、様々な企業が行う製品開発も、同じように開発費用が先に来ていますものね。
それを返して余りある収入、つまり売り上げからの純利益があればこその投資であり、そのために売れるものを作ろうと頑張る。
考えてみれば、当たり前の話です。
どうも、企業の借金は有り、個人の借金は悪、の感じがするのは返せなかったときのリスクへの理由のない恐怖感からかもしれませんね。
何故なら、企業は個人より沢山お金を持っているから、安心だ、のような。
ですが別途自分の資産もあらかじめ用意して、準備万端にした上での考えられた借金であれば、それは普通のことなのかもしれません。
私も苦しくなるほどのことはなかったですね、給料日前でも。計画的であればこそ、です(笑)
  • SIX
  • 2013/03/27 6:59 AM
にゅー様。横やり失礼。

2つ可能性があります。
同時進行で起きるかもしれませんが。


「食料は必需品である」ために、
お父様の会社の商品は
デフレ期の今でも売れている。

だとしたら、インフレになっても
デフレで失ったものがないから、
そりゃあ「上がり幅」は少ないでしょうね。

デフレからインフレになって嬉しいのは、
デフレで泣きを見た失業者、
バイトのお兄さん、派遣社員たちなど、
リスクを取らされた人たちです。

こういう人たちなら、インフレになると
デフレで苦しかった分が一気に戻り、
上げ幅がでかいですから。

ちなみに、インフレが一番うれしくないのは、
公務員と年金生活者です。
デフレで失うものが少なかったからです。


とは言えども、お父様の会社の業績は
良くなる可能性が高いと私は考えます。

お父様の会社の製品を買うのは、
世間一般のお財布のお金だからです。

世間の給与が上がれば、お父様の会社の製品を買う
主婦たちの軍資金が増えます。

「デフレ用安物」から「普通のいい食べ物」へ、
そして高級食材へと買い物の中心が動きます。
結果、お父様の会社の業績が向上。

インフレ期は従業員確保を
会社ががんばらないといけません。
よって、従業員への福利厚生向上。
お父様の給料も上がります。

世間の給料上がる⇒
高級製品や中級製品売れる⇒
会社ウハウハ⇒
お父様給料上がる
という事です。

インフレ期に会社の利益が株主でなく、
従業員の福利厚生に回る件については、
拙ブログのこの記事を読んでください。
【財政出動】給料増額と物価上昇はどっちが先?【金融緩和】
//ameblo.jp/charocharo01/entry-11456318422.html
借金をせず手持ちの自己資本だけでも経済の成長はできますが、借金をしたほうが遥かに高い成長ができます。

バイク板のコピペのように、ローンを使った方が6年も早く満足を得て、次のステージ(中型のバイクであれば次は大型でしょうか?)に行く事ができます。
つまりレバレッジを効かせる事ができるんですね。

結局のところ借金や金融は時間を金で買っているわけです。

今国債の金利は凄まじい低金利になっていますが、これは借金を行なって経済成長できる信用余力があるということです。

私は借金をせずにもたもたと低成長してるうちに新興国に経済力を追い抜かれるなんて悪夢は見たくありません。

借金をしたがらない無能な経営者に等しい清算主義の政治家は、背任行為で逮捕しても構わないと思います。
  • 他称ネトウヨ
  • 2013/03/27 8:15 AM
日本IYH!!!

三橋先生も同じようなことをおっしゃってましたね。ただ、負け犬根性のしみついた経営者、官僚、政治家が邪魔をするだろうと。
こいつらを強制収容所で無借金経済を体験させてみたらどうでしょう?いくらひもじくても、借金がなければOKなんだよね(笑)

ジュワッ!
  • アベトラマン!
  • 2013/03/27 9:54 AM
二度コメ失礼!

5月1日〜6日、東京の護国寺において「チベットフェスティバル」が開催されます。シナ共産党の最初にして最大の被害者チベットを支援しましょう!
チベット料理が楽しみだ。バター茶とかね。

ジュワッ!!
  • アベトラマン!
  • 2013/03/27 10:19 AM
おはようございます。
久しぶりのコメントをさせて頂きます。
三橋さんのコメント欄でチャロチャロ様がすごい記事だ!!との紹介をされていたので見に来ました。というか毎回みています!

私も38歳ですが、過去に借金して車など何台乗り換えたでしょうか(笑)借金は油断すると癖になりますよね。マネーリテラシーに欠けている時期もありました。5年前に独立起業し現在に至りますが、借金の概念も大分変わりました。
自分の技術頼みで手持ちもなく起業しましたが、建設業という業界の受注支払いシステムにも助けられ、借金無しで4年目ぐらいまでは仕事も生活も維持できていましたが、受注規模も支払い規模も大きくなり、『万が一』もあり自己資本ではどうにもならなくなった時期が来ました。まさに言われる通り借金と手持ちの関係、必要さもつくづく感じましたし、自己の限界、借金ができてこその事業拡大、長期継続なのではないかと自覚しました。

コメント欄にもありましたが、デフレ期での無借金経営は最適だと思います。お金の価値が上がります(物価(単価)が下がります)ので返す努力でイッパイです。さらに借りようとしても、時期的にシビアに評価されますので、お金を借りられる力=現在の実力というのを染み染みと感じました。この現在の実力という所で概念が大きく変わったのです。今までは借金に後ろめたさを感じていましたが、今はまあなんというか借金できるとはすごい事なのだよ!!と思っています。現在は取引先の有力者に口利きで銀行に借金し自分の会社に投資していますが、「借金(枠)も実力の内」!!借金も自分の実力(熱意、アイデア等)以上は借りれません。明日、金融機関に言って好きなだけ、すぐに借りれるような事はほぼ無いのです。先に出てきた有力者も私の起業より前から銀行との取引を開始し、借りては返しで信用と借金枠を何年もかけて大きくし、今では口利きできるまでになっているのです。信用という実力と技術による実力の評価が、企業利益と借金枠として還ってきている方です。今の目標です(笑)

主さまの本文に詳しくかいておられ、借金の目的や使い方が人それぞれある事ですので細かくは申しませんが、いい借金とは、実力を図る物差しになっていると思います。住宅ローンも多目的ローンもできる内が花というか、その時の自分の評価になっているのではないかと。借金は借金だ!!と言われる方もいらっしゃいますが、借金も目的があれば自分のお金ですよ。返せてる内は。  ちなみにアベノミクスでインフレになって行けば、まあ色々と問題も出てくるでしょうが、物価上昇(貨幣価値減少)で今ある借金は返すのも楽になっていくのでしょうね。(目減りする感覚というのを味わいたいな〜と)そういう経験がある世代ではないですが…。その時に向けて今は借金枠の大幅拡大を目指して頑張ってます。

毎回の長文失礼しました。
  • 茶の間
  • 2013/03/27 10:21 AM
うちの会社は1億円以上の借金がある
誰か助けてくれーw

個人資産は貯金3000万円に自宅土地建物がありますが、現金かローンかは物によって使い分けています。
失礼しました
  • 恒星
  • 2013/03/27 10:29 AM
本論と関係ないコメで恐縮ですが、

>10万円のブランドバッグと、2万円のプレステ3、どちらが高級品ですか?

こちらの設問は、

「10万円のブランドバッグと、2万円のプレステ3、どちらが無駄遣いですか?」

の方が、全体の流れにしっくりくると思いますが如何でしょう?
  • カルモ
  • 2013/03/27 11:22 AM
は?

「借金は悪。いつもニコニコ現金払い」で生きてきた。ローンは組まないのが我が家のポリシーだから高い家電も旦那の車もすべて現金一括払い。

じゃあ、うちがピーピーしているのは今までずっとお金の使い方を間違っていた訳?。子供には常々「うちは財産はないが借金もない」と胸を張っていたんだけど(笑)。

こういうことは小学校で教えて欲しかったなぁ〜もう年金暮らしだもんなぁ。

そうだ!
真人さんは確か占いでは大金持ちになるはずだったよね?本を出したら推薦者になるから印税分けてね。

この際、リテラシーを勉強するよりたかった方が早そうだ。ニカッ(*^o^*)。
  • うらら
  • 2013/03/27 11:37 AM
>にゅーさん
チャロチャロさんに、言いたかった事は全部言われてしまいました(笑)

>うららさん
ちょwww
まあ、無借金で年金生活まで真っ当に過ごされたのですから、それは胸を張るべき事だと思いますよ!借金は便利ですが、諸刃の剣ですからね。
  • 真人
  • 2013/03/27 12:14 PM
 他称ネトウヨ様

 大企業等ではおっしゃる通りかもしれませんが、中小企業や個人などの場合、銀行は銀行の都合で法律上お金を回収できるときは借主の都合を考えずに容赦なく回収に来るので経営者としては怖くて借りれないと思います。

 可能な限り遅らせたほうがいいといっても立場が弱い企業の場合は殆ど不可能な気がします。

 銀行としては、大企業が借りてくれない
        中小企業は怖くて貸せない
 そのため、仕方なく国債を買っているのが現状のようです。

 私、個人としては借金が怖くてしないため地下鉄乗り放題チケット目当てでクレジットを契約してその年に解除したり、
 小1のころからお年玉を郵便貯金して(バブル後なので利率は低いですが)1回もおろしていないなど、
 マネーリテラシーが低い私が言うのもどうかと思いますが上記の意見を書かせていただきました。
  • あいうえお
  • 2013/03/27 2:36 PM
hinodeさん
マジレスですけど。^^;
住宅ローンの繰上げ返済は、初期であれば十分お得ですよ。
最初の数年の返済は利子だけですから、元金は全然減ってません。
一度繰り上げ返済をすると、その後の定期返済も元金の割合が多くなります。
利率が十年後に上がったりするのですが、それも繰り上げ返済をしたことで、うちの場合は利率がかなり低くなりました。

事業資金の借金については、利子の支払い自体が経費になるので、ある程度無理の無い借金であれば確かにお得だと思います。きちんと払っていることで、信用も出来ますしね。
国金(今は名称変わったっけ?)から、「事業資金が必要じゃないですか?もっと借金しませんか?」とよく電話がかかってきます(笑)。
ヘタレなので、もっと借金する度胸はないですけど。
はい、大金持ちにはなれそうにないです(笑)。
  • ひなげし
  • 2013/03/27 4:49 PM
あいうえお様

私の書きこみは、借りれるのに借りない、つまり信用余力がある会社を指しています。

高利の借金や貸し剥がしリスクに耐えられない、つまり返せない借金しかできない中小企業の経営者は含んでいません。


語弊のある書き方だったかもしれません。
申し訳ありません。
  • 他称ネトウヨ
  • 2013/03/27 8:28 PM
やはり借金には度胸がいりますよね。

企業や個人には危なくて貸せない。また借りれない、借りてくれないから、投資先のない銀行は国債を買うというような民間にお金が回らないという流れを、ジワ〜と変える為のアベノミクスだと思います。
政府が自民党になり、少なくとも借金して国内に公共事業等などで投資するような事を言ってくれていますし、行動に移してくれているように見えますし。

ここから先は、私たちが日本の為に意識して市中にお金を回さないといけません。そういう雰囲気をみんなで作らないといけませんよね。景気がよくなるとは少なくとも政府が回してくれるお金を誰かが借りて投資する所から始まると思いますし、現存の企業で多少の嗅覚のある経営者であれば従業員増員や工場増設、ライン増など新たな借金の意欲も出るかもしれません。景気が良い時とは、また現政権や後の政権がその良い景気持続を公約してくれていたら借金は怖くなくなり、違う味がするかもしれませんね。味わってみたいものです。(甘いかも(笑)) 
  • 茶の間
  • 2013/03/27 8:40 PM
先日はお手数をおかけしました。迅速に対応してくださってありがとうございます。以後気を付けます。

私はPS3の方が高いかな、と思いました。
しかしそれはブランドバッグの価値を私がわかっていないからであって、今後かかる経費などを考えての結論ではなかったので、私もマネーリテラシーはあまり高くないのでしょう(笑)

この場合の「なるべく返済しない方がいい」というのは、つまりいつでも返済できるからというわけなのですね。
担保を元手に、手持ちのお金を増やす事ができる。そうすることによって経済活動の幅が広がる。
今までの経済学シリーズにも書かれていたように、借金というのはお金というシステムを最大限に生かす機能でもあるのですね。
もちろん意味のない借金はよくありませんが、悪いのは「意味のない」事であって「借金」そのものではないということがよくわかりました。
これからもこの経済シリーズ、楽しみにしています。
できれば、あまり話題にならない日中韓FTAに触れてみてほしいです。
様々な情報が錯そうしていますが、真人さんの見解をお聞きしたいです。

また、図々しいお願いですが以下の拡散を皆様にお願いさせてください。

ttp://www.sns-freejapan.jp/2013/03/11/okinawa02/

第二次世界大戦後、日本の主権が回復した5月15日を国民の記念日とする請願です。
請願というのは署名をもって直接国会に働きかけることができるシステムです。
署名が多ければ多い程いいので、通読の上、主旨に賛成できる方はご署名をお願いします。

今あるものを守ることはもちろんですが、こうした新たな誇りを作り上げていく事も大切に思います。
また、下世話かもしれませんがこうしたこちらからの呼びかけは反日の敵国人や売国奴に対する攻撃にもなるのではないでしょうか。
防戦一方ではキリがありません。
下らない恫喝や嘘では決して揺らがない、確かな日本という国の輪郭を形作ることができたらいいと思います。
  • サクマ
  • 2013/03/27 9:18 PM
他称ネトウヨ様

 すいませんでした。勝手に中小企業を前提に考えてしまいました。

 私の身の周りには、中小企業関係者が多いため、やむを得ず金を借りている人ばかり考えてしまいました。

 確かに、大企業は借りれるだけ借りた方がいいとは思いますが、デフレの今は借金して何かに投資しても儲からない可能性が高いため、お金を寝かしているだけで経済的価値が向上してしまうので、投資をせずにお金を眠らせるなり配当に回してしまうのが現状だと思います。

 これを、借金したほうが会社としても利益になる社会に変えていくのがアベノミクスだと思います。
  • あいうえお
  • 2013/03/28 1:15 AM
参謀長殿、皆様
いつも勉強させていただいております。
今回のお話は衝撃的でした。
「金持ち父さん、貧乏父さん」などの書籍も読みましたが、今回のお話はそれよりも分かり易く、借金は賢く使えば何も恐れることはないのだ、と認識しました。

「借金は悪!」と思考停止していたようですね、反省です。
デフレ脱却に向けて個人消費の増加が不可欠だと思います。
今回のお話が一般の人にも拡散すれば・・・
早い話がうららさんの案を採用plzということです。
全力で周囲に配りますよ!
  • かいり
  • 2013/03/28 2:37 AM
>ひなげし様

先日のコメントへのご返答、ありがとうございます。
当初ご主旨の通り考えましたので、繰り上げ返済を考えました。
主様のご意見に賛同したのは、子供の将来に不安を覚える家庭の事情があるためです。
その双方を今後考えて判断したいと思っています。
  • hinode
  • 2013/03/28 9:10 PM
ここ最近で一番面白い記事です!!
どうしよう、何度も読み返してしまいました。コメント蘭まで全て。
マネーリテラシー。私に決定的に足りなく、欲しくてたまらないものです。

ぜひこういった記事の更新を今後も期待します!!

ほんっっっと面白い!!
  • エドワード(江戸言葉)
  • 2013/03/28 11:47 PM
ブランドバッグとプレステ3かあ。
自分は、ブランドバッグのほうが無駄なような。(特に、ヴ○○ンのモノグラムとかは、馬鹿っぽい人が持っているイメージが強過ぎて。)

借金かあ。緩やかにでも、インフレ気味にならないとする気になれないなあ。

  • 緋色
  • 2013/03/29 1:42 PM
>>hinode さん

なるほど。教育資金を確保するのは大変ですものね。
教育資金は預金ではなく、学資保険でためるという手もあります。
今より金利がよかったというのもあるのでしょうが、我が家は学資保険で上の子の学費を賄いました。
強制的に一定額徴収されるというのも、貯められた理由だと思います。
上の子は高卒で就職すると言っていましたが、「お金(学資保険)はあるのだから、もう少し勉強したかったら上の学校に行ってもいいよ。」といってやることができました。
専門学校でたくさん資格をとらせてもらい、この厳しい時期になんとか就職できました。
もちろん、一番下の子の子供手当は全額貯金して学資保険行きです。

その他にも教育ローンや奨学金、授業料免除の申請など、打つ手はいろいろあります。
頑張ってください。
  • ひなげし
  • 2013/03/29 5:11 PM
これはマクロのようでいてミクロの話だわね。
マクロの話だともう一つオマケが付く。
通貨ってのは一円残らず誰かの借金なので、皆がIYHするとマネーストックが増えてインフレに傾いて返済が楽になるというオマケがね。
  • たろすけ
  • 2013/06/02 2:43 PM
ニューバランスの靴
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM