<< 火病怖いです | main | フハハハ >>

難しい時期

いつも応援ありがとうございます。

政治 ブログランキングへ

さてさて、最近当ブログに『いつものようなキレが無いなー』と感じていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。

いや、実は私自身分かってるんです。強烈なピンチの中にあった頃のキレッキレな感じが失われている感じ。そりゃまあ、自分の事ですから、私が一番分かってます。
なんか、ガチの危機の中じゃないと本領を発揮出来ない戦国武将みたいな悩みですね(笑)

そこで、「何で俺のテンションは、こんなにも低いのん?」というのを考察してみた。
自分の事なんか、考察する必要も無いだろうって?アマチュアめ。自分の心の動きを客観的に考察し、正しい結論を導く事。これが出来る人間ってのは、そうそう居らんのやで。面白いので、是非皆さんもやってみて下さい。
私のテンションが上がらない理由を自ら分析してみた結果、以下のような結論に至りました。

1.自民党に勝たせる(民主党を倒す)為にあらゆる手段を使わなければならない段階を通り過ぎた事。
2.目を覚ました人が増加した事により、強烈な啓蒙の必要性がわずかながら薄れてきている事。
3.これまでの論調だけで俺を判断して、「ふざけた記事を書いていないで、真の右翼に目覚めろ!」とか指図する人が湧き始めた事。


1と2だけならば、加減さえ間違えなければこれまで通りに書き続ければよろしい、という結論になるのですが、問題は3です。

何が真の右翼だ気持ち悪い。死ねばいいのに。

と、こういう事は『ネトウヨ参謀本部』とかタイトルに入れてる私が言ってはいけないのかも知れませんが(笑)
この辺りの微妙な空気感から判断するに、『ブサヨをこれまで通りに牽制し続ける事はもちろんの事、右へ右へと暴走させようとする阿呆も、同時に相手にしなければならないという、極めて慎重な舵取りが求められる状況になって来ていると考えられるのです。これが実に面倒くさい。右への牽制で書いた事が、ブサヨへの援護になってしまっては本末転倒ですからね。
これまではガチ右翼系の言論を展開する人は『敵の敵は味方』の法則が成立していたので、警戒する必要はありませんでした。しかし、これからはそういう人達が敵になってしまう可能性があるという事です。
よーめんさんとかね(笑)
いや、よーめんさんの主張に関しては、一部非常に共感する部分もあるんですよ?日本に多数生息しているお花畑のおっちょこさんの行動の読みとかは、他の追随を許さないと今でも思ってます。

ももクロと桑田を朝鮮半島に叩き返せ!

以前は、このようなホローの記事に引っ掛けられたおっちょこが
>よーめんさん いちがいに,ももクロは反日とは言えませんよ・・・
等と言う人が湧きました。今でこそ当ブログはブログランキングでは下記の位置に居るので現れませんが多分今も多くいるでしょう。ちょっとでも上に上がればすぐ現れるでしょう。


よーめんさん鋭い。そういうおっちょこを装った工作員は、今はうちに来てる(笑)
例えばこういうのとか。

「ネットの断片的な情報だけで、ももクロを反日認定かよ。真人もこの程度か。失望した」

やたら攻撃的なので、すぐにお里が知れます。
ちなみに、私はももクロが工作員だろうがマスゴミなどに利用されているだけだろうが、特に興味はありませんので、ももクロが反日だとは言いませんし、言ってません。ももクロのようなアホの子を利用する薄汚いマスゴミ糾弾の記事だったのですが、伝わってないのか、それとも意図的に焦点をずらしているのか。
変な論点ずらしはせずに、このように言うべきではありませんか?

「ももクロの歴史認識に対する応答は、明らかに間違っていた!」

これなら誰にも文句は言えまいよ(笑)

このようにおっちょこの動静を完璧に読み切るよーめんさんでさえ、安倍総理が靖国に参拝しなかった事で「安倍のヤロー、ぶっ殺してやりてー」とか言ってたりするので、やっぱり百%同じ意見を持っている人なんて、この世には居ないんですよ。特に、こういう『安定し始めたように見える時期』が、もっとも意見が氾濫し、割とどうでもいいしょーもない問題が必要以上にクローズアップされ、訳のわからん事になると考えられるのです。
という訳で、しばらくは政治ブログも混迷期に入るんじゃないかな、と。読者の皆さんは、その辺をよくよく考慮した上で、情報を集めていただければと思います。自分の頭でちゃんと考えないと、スゴイ事になるぞ?(忠告)

私自身は、これまでにも何度か書いてきた通り、自分の事を「バランサー」であると考えています。私と同じぐらいの『普通の日本を取り戻したいと考えている普通の日本人』が、不安に駆られた時にホッとしてもらえるようなブログを作るのが目標です。
私がこれまで『右翼過激派と取られても仕方ないような言動』をしていたのは、左に傾き過ぎた現状を真ん中へ戻す為だった訳です。真ん中に近づいたと判断したならば、右寄りの発言を控えるようになるのは当然です。

国家運営とは、例えるなら「終わりのない綱渡り」みたいな物です。民主党時代は体が左へ傾きすぎて、今にも奈落の底へ真っ逆さまに落ちようかという状況でした。この状況では、とにかく右に荷重を掛けて、真っ直ぐな体勢を取り戻す事が優先されました。前進とか後退とか言ってる場合じゃない。
しかし、安倍自民がねじれのない政権を取り戻した段階で、『ある程度バランスが取れて、前へ進める状況になった』と、私は見ています。
ただし、相変わらずマスゴミに洗脳されている左に傾きまくった馬鹿は多く、それに加えて、これまでの洗脳から目覚めた反動で右へ行き過ぎようとしてしまう人も多く、私のようなバランサーとしては『どちらへバランスを取ればいいのか、今ひとつよく分からない(笑)』という状況に陥ってしまった訳です。

こういう時は、無理に傾ける方向を急いで判断せずとも、のんびり構えて静観するのが正しいのではないか、と考えております。

左に引っ張ろうとする力は、私などが居ずとも充分に働いているので、そちらへ引っ張ろうとは思わないのですが、かと言って右へ右へとやり過ぎるのも問題が多いなあ、と。国家は、左右どちらへ行き過ぎても、滅びるのです。
最終的に右派の人達の言うように、中韓が攻めて来たら核兵器一発で粉砕!玉砕!大喝采!みたいな国になる事が嫌な訳ではないのですが、今の微妙な時期の舵取りをミスると、「日本の準備が全然整ってないのに攻めて来られた\(^o^)/オワタ」という事が普通にあり得ると思うのですね。右の過激派の人らはその辺分かってんのかと。激しく疑問であります。

はい、コレが私のテンションが上がらない理由。何をどう伝えて行けばいい感じになるのか、これもう分かんねえな?(笑)
こうなって来ると、「中国や韓国のような反日国家とは、距離を置いた付き合いで充分ですよ」とか「経済的に、こういう政策を進めるように自民党に働きかけましょう」とか「マスゴミが報道しているコレコレの情報は、嘘です!」とか、このブログの読者であれば大体知っている無難な事を繰り返すしか無くなってしまい、その結果キレ味が落ちる訳です。
常に『何も知らない人』を相手に語りかけるスタイルのブログ(世の中のブログは大体そうですがw)であれば、こんな悩みは必要無いんでしょうが、うちはそうじゃないからなー。知識や知恵を積み上げるブログだからなー。舵取り難しいなー。

まあ、裏を返すと「ここを理解すれば大丈夫だー!」と私が考える『肝心要の濃縮エキス』を記事にしまくった結果、書く事が無くなってきただけなのかも知れません。今更薄められた物を見せられても、物足りなく感じるのは道理かと。
「この人は俺の分身か!?」と思うような秀逸なコメントが増えている事からも、その傾向は見て取れます。
夏バテしてるだけとかだったら、「奮発してウナギでも食いに行くか!」ぐらいで解決したかも知れないんですけど、まったくもって難しい事です。参ったなあ。

という訳で、しばらくは「時事ネタ」に囚われるのはやめて、経済基礎シリーズだとか、国防シリーズだとか、その辺の『基本中の基本』を、貶し言葉などを抜きにした、今の人達が読んでも馴染みやすい完全版としてまとめ上げる事に尽力しようかなー、なんてね。馬鹿とか死ねとかが無くなったら、書籍化とかしてもらえませんかね。<オイ

前に書いた内容の焼き直しになるとは思いますが、時間を見付けてやって行こうと思います。て、手抜きじゃないんだからね!(笑)

↓基本シリーズの書き直しを応援してくださる方はクリックを。

政治 ブログランキングへ

コメント
真人さんがブレてる?とは思いませんが、テンションが一定のブログさんってありますよね。えい坊主さんもそうだしパチンコさんもそうですね。書かれる方が意識してるかどうかは別として、おそらくブログのテーマが一貫してるんだと思います。パチンコさんなんかは安倍政権がどうこうは抜きにして「反日勢力をぶっ叩く」の一点に絞ってると思います。えい坊主さんもそうですね。

私は真人さんの文体そのものが読んでて面白いと思いますので、書きたいように書かれればいいんじゃない?と無責任ながら思います。間違っても「役目は終えた」とか言わないよーに。まだまだこれからですぜ。
  • めろめろろん
  • 2013/08/19 10:08 PM
真人さん、こんばんは。
若輩ではありますが、この時期だからこそ、基礎を見つめなおすのが必要なのではないかなぁと思います。
映画「最後のエンペラー」をベタ褒めする人もいらっしゃいますが、私はどうもそうは思えず…もだーっとしながらも、明快かつ正確に説明も解説もできないため他の視点でも見てみればとの提案しかできませんでした。
やっぱり、基礎がなければ何事にも説得力はわかないですよね。
基本シリーズ、楽しみにお待ちしております。
  • 2013/08/19 10:13 PM
ナイス判断です!(^^)
個人的に右にも左にも寄りすぎないのが一番だと思います。

「右にも左にも寄りすぎてはまずい永遠の綱渡り」、言いえて妙だと思います。

左過ぎて売国な人は問題外なのですが、右に極端によりすぎても「今すぐ、靖国も竹島もデフレも全部解決しろ!」みたいな一発満塁ホームランのような要求に近付きすぎる危険が確かにあります。

最終的な勝利を迎えるための最短距離を歩くのが目的であり、「焦るあまりに1分1秒を惜しんで、いきなり全力猛ダッシュ」では意味がありません。

マラソンなら42.195Km用のペースと言うものがあり、そのペースに合わせて適切な走り方をするからこそ、一番速くゴールにつけるのです。
マラソンをいきなり100m走のペースで走って完走できて優勝できるのなら、誰も苦労はしませんからね。(笑)

安倍さんを甘やかさず、けどせっつきすぎない良いお付き合いの距離を目指すのが一番だと思います。現実的な幸せがほしいのが国民の願いなのですから。

さて、ネタの構成について提案。主様はここのブログについて「リアルタイム性」重視でしたよね?
という事は、逆に言えば新規に来たお客さんに対しても「以前の記事を全部読み返してくれ」という方針ではないわけです。

だったら、濃縮エキス記事をあえて、内容は同じでも視点を変えたりして書き直してリメイクしてみてはどうでしょうか?
これまでの記事を、ご新規さん用に言い換えて説明してみるというものです。

あるいは、「竹中平蔵君」「ハイパーインフレ藤巻君」「小幡君」あたりをフルボッコにしてみるとかなどの、自由主義フルボッコシリーズはどうでしょうか?

ついでに言えば、「諸国漫遊記」なんてどうですか?
主様の好きなブログにぶらり立ち寄って、「あ!この記事良いねぇ!!」と紹介するんです。
まじめな経済解説、政治評論、アニメ、漫画。
気分によってジャンルを変えても面白いはずです。
主様の紹介した記事をきっかけに、そこのブログの読者が増えたりなんかすれば面白いかもしれません。(ただし、読者のみなさんが遊びに行く際は、ブログさんには迷惑をかけないでね、とお願いしておく必要がありますが。)



よろしければご検討くださいませ。

追伸:
主様の「これまでとは違う雰囲気のネタを探す」という悩みはある意味では分かります。
私の場合、ミンス政権崩壊後、経済ネタ以外を探そうとして「国家の命運(安倍総裁誕生ドキュメント本)」とかを買って読み始めましたから。
  • チャロチャロ
  • 2013/08/19 10:17 PM
更新、お疲れ様です。

いや、本当にお疲れのようですね。
そういう時は、ポイントだけ抑えた短い記事を出していただくとか、思いっきり趣味に走った息抜き記事でも良いのではないでしょうか?

他のブログでもあまりない、コメント欄が勝手に盛り上がるブログになりつつありますから(?)、うざい記事だけカット、または非表示にしていただいて、火種だけでも提供していただいたら、ある一定の方向性は維持できますし、その中で新たなアイディアや展開が起きるのではないでしょうか?

モチロン、時事ネタ以外も経済関係の記事も歓迎です。(というか、そろそろ見たかった)

書籍化は、そろそろお声がかかってもおかしくないと思いますが、マスゴミに負けない気概ある出版社は、いないのかな〜?
  • hinode
  • 2013/08/19 10:17 PM
>『ブサヨをこれまで通りに牽制し続ける事はもちろんの事、右へ右へと暴走させようとする阿呆も、同時に相手にしなければならない』という、極めて慎重な舵取りが求められる状況になって来ていると考えられるのです。これが実に面倒くさい。

右の極端というものを認識できれば解決すると思われます。
右の極端とは何か? スメラアナーキズムです。
天皇陛下御親政のみを是とし、それ以外の政体を一切認めない立場。もちろん、国会とか内閣とか裁判所も全否定です。すべての決定には
陛下の御親裁が必要となります。(もちろん、そのおかげで、歴史的文化的統一体としての”くに”の安定性などはふっとんでしまいます)
どうです? 「右へ右へと暴走させようとする阿呆」なんて、生ぬるく見えてきたでしょ? そういう「右へ右へと暴走させようとする阿呆」に対しては、右の極端の有りようをを提示して「ハ?、何生ぬるい事言ってんの?」と嘲笑し、彼(彼女?)と真人さんの立ち位置の違いが僅かなものにしかすぎないことを示し、だったら現時点でより政治的に有効な方を選びませんか? と誘導してやることでことたれり、ではありますまいか。
  • 臥薪嘗胆
  • 2013/08/19 10:24 PM
真人さん、ありがとう、いつもホっとさせて貰っています。そうそうがウザイですよね。
小さく商売してまして、私も常に迷いながら過ごしておりますが、「誤解を恐れず正直に」「直感と信念」「慌てず焦らず心豊かに」、を心がけております。
基礎シリーズも楽しみにしています!

  • やすこ
  • 2013/08/19 10:57 PM
油断禁物だと思うけどな。
安倍政権についてですが、安定しているようでいて、実は今、官邸はとてもピリピリしているらしいです。とても危ない情報が飛び交っているようですよ。特亜の各政府は、なんと安倍政権排除に実力行使で臨もうとしているらしいです。日本の国内に数多く出入りしている各国の工作員の多くは、その国料理を提供するレストランなどを一つのセ-フハウスとして工作員の拠点にしています。レストランなら大勢が集まっても怪しまれにくいですしね。

ですから、皆さんも注意して周りの韓国料理店、中華料理店を普段より注意してウォチして下さい。いつもガラガラの店なのに、イキナリ人が集まりだして、部外者を締め出していたりした場合、その他、なにか様子がオカシイと思った場合、東京入管や警察庁などへ直接通報するのも良いかもしれません。

今はネトウヨの多くの「目の力」が求められていると思います。戦いはまだ終わってないですし。

じゃぁのさんの場合は、ハガキ作戦を推奨しているようですけど。
  • KOU-KOU
  • 2013/08/19 11:01 PM
更新お疲れ様です。

今回の記事のように自己分析ができれば、右により過ぎるなんてこともなくなるのではないかと思います。
思うに、不安になりすぎて針が吹っ飛んじゃってる状態なんだと思うんですよねー。
常に危機感がそばにあるもんだから、手っ取り早くその不安を払拭する為に「核攻撃じゃー!」って考えになるのでは・・・?

いままでの真人さんの記事は、
売国政策or売国行動情報 → 日本やばい!
不安 → MGRブログで気分スッキリ爽快!

という流れがあったので、キレッキレだったのだと思います。
今は、まぁなんだ、マスコミ&反日売国勢力の焦りが見える報道ばっかりですしね・・・。
そもそも不安にならないっていう(嘲笑

自己分析のきっかけや考え方なんかをまとめてくださるとうれしいです。

そういえば、以前真人さんが記事にしていた未来予想、大筋当たっていますね!
リアルタイム重視との事ですが、その記事が書かれた状況を想像しながら過去記事を読み返すのも楽しいものです。
  • ヤクモ
  • 2013/08/19 11:11 PM
真人さん更新おつかれさまです。

>私と同じぐらいの『普通の日本を取り戻したいと考えている普通の日本人』が、不安に駆られた時にホッとしてもらえるようなブログを作るのが目標です。

まさにその目標どおりのブログになってると思います。
真人さんの文章は読んでてホッとします。
どんな記事でも^^
ちょこちょこ挟んでくるモンハンネタとかマンガネタもツボなので、真人さんの自由に書いてくださいv
  • きなこ
  • 2013/08/19 11:34 PM
自分で保守、右とかいってる人は戦中の朝日新聞を読むといいと思います。
『俺の代弁者?』
って思うこと受け合い(笑)
  • poo吉
  • 2013/08/20 12:12 AM
幕末期、政略的に尊皇攘夷を煽っていたリーダー達が、在野に火が付きすぎてしまい逆に時代に取り残された、何故かそんな話を思い出しました。

私的には真人さんとかけだし鬼女さんのブログが一番近いです。お盆前後は朝鮮人共に激怒していましたが、今は落ち着き真人ブログ読みながら凸頑張っています。読者に媚びない
  • 犬韓民国
  • 2013/08/20 12:22 AM
真人さんコンバンハ(・∀・)/
いや、流石に国会会期中とか選挙とか無いときには仕方ないですって!肝心の安倍サンも休んでたんだから....
本日「竹林はるか遠く」をゲットしました。遅くない?と思われる方もいらっしゃるでしょうが「無いのです!」
近所のそして隣町の書店に無いのです。店員さんに調べて貰い倉庫から出てきました....でも何故倉庫に?どうして店頭の新刊コーナーに無いの?疑り深い性格の私は少し疑念を持ってしまいました。だってあちこち見てるのに店頭に並んでるの見たこと無くて。
まさか....まさか故意的に並べて無いとか無いよね?皆様の地元では如何でしょうか?
  • まだない
  • 2013/08/20 12:30 AM
真人さんのブログが一番腑に落ちる部分は、実はそのバランサー的なところです。

私もえい坊主さんとパチンコさんのブログが大好きで、逆にランキング上位のブログはあまりに先鋭的過ぎて共感できません。

なぜなら、理想論が先に立ち過ぎていて、現実感がないからです。正直彼らの論調は過激すぎて多くの支持を得るのは難しいでしょうし。

韓国と断交出来ればこんなに爽快な事はないと思いますが、現実的には色々な障害があり、政府もそう簡単に踏み切れるものではありませんし、たとえそうしようとしても様々な利害の調整と、国民への理解に時間がかかるでしょう。

真人さんはバランサーでもありますが、現実主義者なんだと思います。言葉では死ねだのなんだの過激ですが、内容は実に現実的で、戦略的です。

きっとテンションが下がった理由は、ここでどんなに語っていても、所詮同じ考えの人間が見て喜んでいるだけになってしまっているんじゃないか、という部分なのかなぁと思います。

恐らく国民の1割程度の真正サヨクは死ぬまで治らないと思うので放っておくとして、まだまだ国民の半分以上を占めている目覚めていないお花畑層にいかに正しい知識を浸透させていくか、今はその段階に入っているように思います。

真人さんには是非その卓越した文章力を生かしてそこを攻めて頂きたいなぁと他力本願な思いを抱いています(スミマセン)
  • rich
  • 2013/08/20 2:22 AM
国家はいわば「艦」です。左に傾いても右に傾いても沈むことに変わりはないです。大東亜戦争前に生まれたなら、「戦争反対!」と叫ばなければなりません。
私事で恐縮ですが、今は第三の建国の時期に当たっていると判断し、第二の建国「明治維新」について勉強しています。「武士道」とか「学問のススメ」とかね。平成の武士道とは何かを考えています。
第一の建国は聖徳太子ですね!]造鬚發辰撞しとなせ、▲轡淵船腑鷦媽笋鯑本の国是としてくれました。

というわけで標語:
やられたらやりかえす!
反日シナチョンに倍返しだ!!
私の個人ブログは当面これで行きますw
  • ネトウヨ参謀本部太陽分局
  • 2013/08/20 4:42 AM
おはようございます。それでいいんです。つまり真人さんはまっとうな日本人なんですよ(笑)。

かの国のようにマスコミから国民・政治家・軍隊までテンションが高かったら普通ならいづれ高血圧でぶっ倒れます(笑)。

倒れない所を見ると恨みをエネルギーに変える稀有な体質らしい。異常だ(笑)。

日本人はまとまりやすく飽きっぽいと言われるけれど、常にテンションを上げている必要はないと思います。戦闘機パイロットのように「常に周囲を意識しつつもリラックスして緊急に備える」かな?

目覚めたばかりの人は見るもの聞くもの新しい世界が展開するから、恐れと興奮で過激になりやすいですよね。ちょうどうちの旦那がそういう状態でちょっとウザイ(笑)。

おとといのサンデーモーニング、毎日新聞のチョビヒゲが「靖国は異常な神社。政教分離の憲法違反の疑いがある」とキチガイのように騒いでいたので旦那も大騒ぎ「じゃあ公明党は何なんだよ」。

フフフ来たな。
「そうよね。こんなこと言っていいのかしら?。聖教新聞は毎日新聞が刷っているのに」と教えたらびっくりしていました(笑)。

今は知識を深めて仲間を増やしましょう。私は人物シリーズもいいと思うな。大阪には取り上げるのにちょうどいい人がいるじゃない(笑)。

でもみなさまご注意を!

我がMGRは天の邪鬼だからたまに弱みをみせて女心を惹き付けます(笑)。

今日はちょっと涼しそう。
良い一日を(^o^)/
  • うらら
  • 2013/08/20 6:45 AM
真人さん

おはようございます。
私的には馬鹿ボケetc系でも大丈夫ですよ(笑)。
やっぱり女性ですから代弁してくれるのはスッキリしますしσ^_^;
色々なジャンルもあっていいと思います。
ブログ頑張って下さい。
  • チョコラテ
  • 2013/08/20 7:15 AM
おはようございます。

なかなかバランス感覚のよい人は居ないだけに、真人さんは貴重な方だと思いますよ。
参謀役に徹するのにも適するそのセンスはすごいです。
いつでも感情的になったら負け。
感情的なものだけで動く醜さは、お隣の国家が証明していますからね。
もちろん、感情を見せて良い場所では、見せて構わないのですが。
思想の左右は感情論で傾くべきじゃなく、その時点で必要な感覚でいること。

私の場合は、希望や理想などを混ぜがちな癖があるため、なかなかむつかしいですねー。未熟です。
もっと平静を保たないとと自分に言い聞かせないと。
  • SIX
  • 2013/08/20 7:52 AM
 保守と右翼は違うと思いますよ。

 桜会の将校たちが、レーニンさんから資金をもらって「右翼」テロをやっていたという戦前の悪例もあります。

  そういやNAZIも国家社会主義を党名にしてましたね。「社会主義」党なんですね。

 英国でいう、「保守党」というスタンスがいいと思います。

  • 山科
  • 2013/08/20 7:55 AM
真人様 お疲れ様。

そのお気持ちよくわかります。
ま、甲子園で優勝して、次は何を目標にと思っている状態でしょう。
難しいですね。
人生、何回かそうした時があります。
特に、自分のすべてをかけるような決断をしたあとは
そんな気分になるものです。
でも、やはり歩き出さないといけない。
私も一歩一歩進みます。
  • kuni
  • 2013/08/20 8:05 AM
極端な右翼(と言われる)行動、発言は中庸を基本とする日本国民の体質には合わないわけで、それは日本の国民とだんだん乖離して行くことを表しています。
やっと保守のうったえていることが普通の国民に浸透して来た、また真実が分かってきた国民の足を遠のかす元になるでしょう。

あんまり品のない言動はマスコミの使うネタにもされますから、気をつけましょう。
  • AD
  • 2013/08/20 8:27 AM
真人さんお疲れ様です。

私は毎日いろいろブログを見ていますが、正統的な右の方のブログはすばらしいと思いますが、ちょっと敬遠しています。

なんちゃって保守な私は、竹島の式典のときも
いろいろできない事情あるんだろうなと思うし、靖国も、総理が一番参拝したいだろうに
できないってことはいろいろ事情あるんだろうなと思うかんじなので。。右の方にはお叱り受けそう(汗)。

うちの子のまわりのママ達見ていても、靖国や竹島の話題はでないし、あまり関心ないです。その関心のない層がいろいろ関心を持ったとき、真人さんのブログを読んでもらいたいなと思っています。
  • はる星
  • 2013/08/20 10:17 AM
真人さんの書きたいことを書いてくださるのが、ファンとしては一番嬉しいです。

まだコメント欄がこんなに高レベルでなかった昔、基本的な質問について記事で説明いただき大変感激しました。
調べたけど今一歩足りない、の一歩をいただけたのです。
そういう回答ができる方は貴重です。
「導く」ではなく「道を探す手伝いをする」といったスタンスはまったくブレていない。
その意味で、キレが弱まったとは全く思いません。

基本事項といっても膨大ですし、客観的な事実や、事実を見る視点という主観的なものまで様々です。
同じ事項でも、意味が変容しますし。
ググレカス、そう言うのは簡単ですが、政治に関しては、ググってもググっても迷いがある人もまた多いと思います。

というわけで、スカっとする毒舌も大好きですが、自分の立ち位置の確認もできる稀有なブログ、基本事項記事は大歓迎です。

  • ぱぐ
  • 2013/08/20 10:27 AM
さすが、深く明確な自己分析をなさっていて、脱帽です。
お元気そうでよかった。

真人さん、停滞期っぽいな、まあそういう時期もありますよね…
それより「シナチョンはアホボケカスシネ」みたいなコメントだけする人達感じ悪い…
と、思ってました。

経済基礎シリーズ、国防シリーズ、めちゃくちゃ楽しみにしています(*^_^*)。


今後、取り上げて頂けたらなと思うことの、リクエストをさせて下さい。

お隣りの国々はもう終わりでしょうが、潜伏してる人達によるテロや組織犯罪については、わたしはまだまた不安を感じてます。
彼等テロリストを、全く無自覚に支援する層と、山本太郎や三宅洋平に投票した層は、同じでしょう。
7万票17万票て、すごい人数ですよね。
この辺りを真剣に考えている言論を、わたしはまだ見たことありません。(有っても、わたしが見つけられてないだけなら、どなたか教えて下さると幸いです)
ちらっと触れても、「きれいごと並べた宣伝工作に乗せられてる、おめでたい烏合の衆」「アホのお花畑供、お前等の希望の星、山本太郎は、墓穴掘ってザマア」みたいなことばかり。
敵(というか、意見の噛み合わない相手)を、容易く侮ってアホ扱いしていては、痛い目に遭うと思います。

エコ、ナチュ、スピ好き人間達の人脈は、国内外の様々なコミュニティや片田舎まで、毛細血管みたいに広がってます。
マスコミもネットも介さない仲間友人の口伝えの伝達力の広さ速さ。いざという時の行動力、結束力の強さ。
わたしも、今は距離を置いてるけれど、この人脈を辿れば、日本中、世界中でも泊まり歩くことが可能でした。
これはもう、無自覚の秘密結社だと思います。
この人達は、B層や特定日本人の定義には当てはまらないと思います。この人達は基本的にテレビは見ないし、経済活動というか自分が儲かることに関心が薄いし、日本や世界が、平和でみんなが幸せに暮らせるようにと日々、真剣に願い努めています。

善良で愛情深いから、ある日突然、「あなたの友達の○○さんや、○○さんの友達です。」と名乗る他人が、「昔々、おじいさんは炭坑へ、おばあさんは慰安所へ強制連行されてこのかた、私たち家族は日本で仕方なく暮らして来ました。今は財産を奪われ強制送還されようとしてます、助けて。」「反原発と護憲の運動が権力者に憎まれて、冤罪で国家権力に追われてます、助けて。」なんて見ず知らずの人が逃げて来たら、きっと疑いもせず匿うでしょう。
そして、遠くに住む別の友人宅に送り込むことも可能。
この人脈を、日本の警察は追えるのかしら?。社会的地位や職業学歴などを越えた、かなり唐突な繋がり方の、細く長く強い人脈だと思います。

この秘密結社(と呼ばせて頂きます)、の存在を、より多くの日本人に認識して欲しいです。

わたしも、このかつての仲間たちと対話していきたいとは思いますが、まだまだ知識不足で、言い負かされたり、単に気まずくなったりするだけです。
MGRブログを参考に、もっと頑張って勉強して、リベンジを目指します。
協力者、求むm(_ _)m。
  • kaju
  • 2013/08/20 10:38 AM
kou-kouさんのコメントで思い出しました。

以前洗濯機が壊れて早朝コインランドリーに行ったのですが 、2・3人先客がいて更に缶コーヒーを持ちながら次々人が入って来る。みんな洗濯物を持っていない???。

どうやら仲間らしいが何この集団?

そういうことが2・3日続きそのうち年配の女性が「あなたも朝日新聞ですか?」と私に尋ねてきた。

えっ?あっそうか!。ここは朝日新聞の配達員さんの休憩所&情報交換の場所になっているんだ。毎日配達が終わるとここに集まるのね。きっと私のことを新人だと思ったんだろうな。

知らない所にいろんな集まりがあるもんだとびっくりしました。

カラオケ・コインランドリー・24時間営業のお店も要注意ですね。
  • うらら
  • 2013/08/20 10:45 AM
真人さんがうつ病再発!、ではなくて良かったです♪
  • 穂波
  • 2013/08/20 10:49 AM
お疲れ様です。
靖国参拝が話題になり、反日集団にビビり原発を停止してしまい、サヨクが愛国発言をした一般市民に暴力をふるう、こんな状況ではまだまだ日本は「立派な左翼国家」ですよ、もっと極右のカンフル剤を注入しなければならないと思います。
  • kuma
  • 2013/08/20 11:10 AM
リクエストです
これからは是非、自民党の中にいる親中・親韓・反日・帰化議員のあぶり出しをしていただけませんか?

あるいは、反日コメンテーターや竹○とかの売国奴とか

今回は自民を勝たせるため、売国自民議員にも投票しましたが、次をそうはいかない

それまでに見極めをするために時々でもいいので、もし可能ならお願いします
  • miku
  • 2013/08/20 12:05 PM
真人様、皆様、こんにちは

MGRブログは躍動的で、また今までに読んだ事のない様な表現力で物事が形象されていて、とてもユニークです。

何よりも真人さんとコメント欄の皆さんの、日本を思う気持ちが伝わって来ますので、
「今日も確り自分の持ち場を頑張ろう。」
「安倍総理、お疲れ様でございます。」
「取り返しがつかない程の嫌韓になったが、それは私だけではない。」
等と色々思い、エナジーに代えております。

経済基礎シリーズ、国防シリーズ、楽しみにしております。
少子高齢化の問題を抱えた日本の今後についても、いつか取り上げていただけたら嬉しく思います。
  • middle east
  • 2013/08/20 12:27 PM
真人様、お疲れ様です。
お気持ちお察しいたします。

真人様のやりたいようにやって良いと思いますよ。コメントの皆様もいくつもの疑惑や不安を乗り越え、ここまで来ていると思いますから。

マスゴミは増税キャンペーンに躍起になっております。が、あまりの捏造、謀略ぶりでブーメラン。増税が決まってなかったと知り始めた国民が「増税反対」を唱え始めました。
敵が勝手に自滅している時は早急に何とかしなければならない事項はないと思われます。(まー、細かく言えば色々ありますが・・・)

これからは先を見越した勉強が必要になってくると思います。いずれ来る憲法改正論議の時、自分の考えに自信を持たせるための知識を蓄えておく必要があると思います。

日本の歴史(近代、現代)。
大日本帝国憲法とはどんな憲法だったのか?
現在の日本国憲法とはどんな経緯でなりたったものなのか?

今後のため、今のうちに勉強を始めております。これがまた面白い!ますます日本に生まれたことに感謝することしきりです。

また、国防(軍隊)についても非常に関心が高くなりました。真人さんがこの辺を拾って頂けるということで非常に楽しみにしています。

これからも毎日プチッを欠かしませんよ〜
  • えむてぃ
  • 2013/08/20 12:59 PM
安倍自民党のかじ取りは心配ないのですが、テロとか暗殺とかは要注意ですね!民間防衛隊発足!!
以前、参謀総長が指摘されていたように、「畳張りかフローリングか!」などという些細な争いは出てくるかもしれませんね。古代ギリシアの民主制も、ペルシアという共通の「敵」がいなくなると衆愚制に堕しました。
しばらくはシナチョンにスケープゴートになってもらうのも一案かと。彼らが潔白なわけでもないし(笑)

やられたらやりかえす!
反日シナチョンに倍返しだ!!
ジュワッ!!!
  • アベトラマン!
  • 2013/08/20 1:41 PM
五箇条のご誓文もいいですね!大日本帝国憲法がだめなら、ご誓文まで戻ってみては?
  • カンタム
  • 2013/08/20 4:53 PM
「自民党はダメだ……これからは維新新風だっ m9(`・ω・´) 」
こんな感じの過激な方々が増えていますね。
こんな感じで戦争に突入したんだろうなぁ、と思うんです。
歴史は繰り返す、ならば、今の内から警戒するのは正解です。
この手の方々が強くなると、本当にまた戦争に突入しかねません。

仮に、奇跡のような展開で、日本が全ての領土を奪還し中韓北朝鮮を
倒したとしても、日本人が冷静さや知識を会得しない限り、百年後、あるいは
千年後、おなじような危機を経験してしまうと思うんです。

今日のエントリーは私が考えていた事とまったく一緒で、感動してしまいました。
私の言いたい事を、全部言ってくれています。
  • p読者
  • 2013/08/20 5:39 PM
ハル・ノートがコミンテルン作だったらしいしのう。シナチョンがどうなろうと、大多数の日本人が幸せに暮らせれば、それでいいんじゃ!
のう、ヨシフ屋?
  • ネト黄門
  • 2013/08/20 7:33 PM
初めまして!

この気持ちすごくわかります(笑)
多くの普通の保守の人のブログは決して特亜、米国が言うような右翼ではなく、今ある状況の中で日本をちゃんとさせることが必要だと考えているのではでしょうか?

それは今ある状況の中で最上の選択をしていくという地道な作業の中でしか取り戻すことしかできません。

例えば今仮に韓国と国交断絶した場合、竹島やそのバックの支那の主張している尖閣。沖縄はどういうことになっていくか、先制攻撃された場合日本は本当に勝てるかどうかのシュミレーションは前提となりますが、今の日本人にそこまでの覚悟を感じることができないジレンマが私にはある訳です。
そこをもう少し啓蒙していく必要性は感じます。
現実はフィクションではない分、遅々としか進まない作業の連続です。

お疲れ様です。
  • cocoa
  • 2013/08/20 8:14 PM
コインランドリーネタで・・・

元同僚が『ペットの敷物はコインランドリーで洗っている』と自慢げにいわれてから家族親族全員にコインランドリー使っちゃだめー汚いよーと触れ回っ事を思い出した・・スレチでごめんなさい。 
  • まむまむ
  • 2013/08/20 8:24 PM
真人さん こんばんは。

選挙が終わってからは呆れるニュース記事ばかりで怒る気すらわかないですよね。

真人さんの文章大好きですよ。これからもポチポチ応援させて頂きます♪


最近私が気になっているのは…"はだしのゲン"閲覧禁止の松江市の話題。

とあるニュースサイトの投稿コメントを見ていたら自虐史に洗脳されてる人の多い事多い事。
民主党や日教組にはNOと言ってる方の投稿が多いサイトだったのに、反日マンガだと訴えている人が叩かれたり松江市が叩かれていたり…全てが工作員の仕業だとは思えず寒気がしました。

日本を取り返す闘いはまだまだ始まったばかりだと痛感いたしました。
  • ネトウヨママ
  • 2013/08/20 8:27 PM
真人さんこんばんは☆

本当に難しい時期ですよね〜。
安倍政権だからこそできる、日本という歴史ある国の未来を作る絶好のチャンスに、小さな事にまで噛み付く現状は少々騒ぎすぎだと感じております。
国民が国家観を多少なりとも取り戻し始めたいい兆候ではあるのかもしれませんが、本来日本人って、人を貶めてまで自分が幸せになろうなんて、あまり思わない国民性があると思っているだけに、中韓に対するアレルギー反応が一部過剰な気がします。
安倍内閣のしているように、「ソッチ見ないからコッチも見ないで政策」がベストだと思うので、私達も、韓国に対しては国際法に則り冷めた態度で対処し、中国に対しては毅然とした態度で向かい、日本を守る援護をしていきたいですね。

基礎知識のおさらい記事いいと思います♪
経済や世界情勢は日々変わりますからね。イロイロな角度から情報を精査し直すいい機会かもしれません。
楽しみにしています☆
  • チャンコ
  • 2013/08/20 9:23 PM
真人さん、
いつもありがとうございます。
情報に対するリテラシーは、日々磨いておかないと、直ぐに流されると実感しています。
今は日経新聞に加えて、売国新聞名高い、かの中日新聞も契約して日々見ています。ただ、そんな中日新聞にあっても、消費増税反対の社説論調なんかは、非常にまともで驚いたりするんですけれども。
真人さんのブログも、そういう意味では常に我々のリテラシー能力を磨くために、益々頑張っていただきたいと。
基礎を鍛えるシリーズ、非常に楽しみです。
マスメディアのいい加減な情報に惑わされないためにも。
  • たわし
  • 2013/08/20 9:56 PM
真人さん簡単ですよ。

身体の状態で例えるなら、民主党政権は病気の状態で治すことが先決です。

自民に戻れば、今度は再び病気にならないための予防が重要になります。

利用する施設も病院からスポーツジムへと変わります。

安全保障が重要なのは言うまでもないのですが、まずは景気を回復することです。

それでも「いや、国防が最優先だ」なんて言うガチウヨがいたら、それこそ「国防厨」って返せばいいのです。

景気が回復すれば、ガチウヨの影響される人も減って理性的に判断する人が増えます。

俺はイデオロギーでしか物を言えないガチウヨを無視してます。

たまに「なんか、おもしろいこと言ってる」って感じで見てます。

これからの俺たちは、戦後体制を受け入れた原罪を認めつつ、自分の無知と闘いながら進むことだと思ってます。

他罰傾向の強いガチウヨとは距離が開くのは当然です。

個人的には西田議員の話を直に聞く度に、そういう考えが強くなりました。

むしろ、これからの方がブログで訴えたい事柄が増えます。

長々と書いて申し訳ありませんでした。
  • タコタコ
  • 2013/08/20 10:02 PM
お疲れ様です… 
ボロッかすに民主党を叩きのめし、中韓コテンパン(笑) 私も含め燃え尽き症候群的な感じは否めませんが、阿部政権を支えるという思いの軸はブレてない方々の集まりのブログだと思っておりますので これからも楽しませていただきます。
  • まさみ
  • 2013/08/21 12:48 AM
連投すみません。
非公開コメントの多さに、妨害ピープルの多さを感じます。
これを原動力にしてやってください!!
真人さんが他のブロガーさんと比べて、どれだけ必要とされてるかは
コメント欄を見れば分かるはずです。
  • p読者
  • 2013/08/21 12:50 AM
シナチョン叩きの記事を載せると売り上げが伸びるそうです。楽しい時代になりましたね!どんどん目覚めてほしいです。

やられたらやりかえす!
反日シナチョンに倍返しだ!!
  • ネトウヨ参謀本部太陽分局
  • 2013/08/21 4:43 AM
>右へ右へと暴走させようとする阿呆も、同時に相手にしなければならない

まさにこれです。
戦前、我が国を誤った方向に導いたのは偽装右翼を含めたこの手の連中の影響が大きいですからね。
で、これから日本人はこれらの勢力とも戦って行かなくてはならない。
右の中の毒素も抜いていかなくてはならない。
しかも内ゲバは避けなければならない。難しいですね。
まぁ原理主義的な連中は右左関係なく危険と言い換える事もできそうですが
過激なだけに民衆の支持を得られやすいというのが困り物でして。
「国が滅ぶ!」という表現がいかに注目を浴び易い事か…。
  • 名前をつけてください
  • 2013/08/21 6:54 AM
真人さん

shinです。確かに難しい時期ですね。

ブログネタ・・といいますか是非見解をお聞きしたい案件がございます。


「保守」「リベラル」と「右翼」「左翼」の住み分けです・・・

現状日本はこれらがぐちゃぐちゃです

自民では「鳩」と「鷹」ですか・・・

正直どちらでもいんですけど、これらの基本は目的は「日本(祖国・国益)」のため・・・でなければならないはずですよね・・・


ですが日本は現状そうなっていません・・・
俗に言う「売国奴」ですね・・・


「日本をよくする」という目的は一緒であるのは当然で、その手段が「右」「左」と議論するべきですが、現状日本はそのとおりになっていません。


この時代背景について毒舌交じりで論じることは難しいですかねぇ・・(笑)


GHQの戦後政策による日本人の洗脳(教育・情報)、朝鮮人の便乗・・・闇過ぎるwww


価値観の植え付けは本当に可能なのだと・・
洗脳されている人は洗脳されていることに気付かないのだと・・・

「俺はネットで目覚めたぜ!」という人々も本当にとけきっているかはわからない事を・・・


こういう書き込みをしている自分自身もまだ洗脳は完全に溶けていないのかも?・・・よく分かりませんwww

事実福田内閣のときは「嫌がるんだから無理に参拝しなくてもいい」と思っていました・・・


目的は日本の国益と「同じ」でありながら手段が違う。そんな者同士が健全に議論する。そんな土壌すらできてすらいないのだと・・・


これらをまとめて警鐘を鳴らすと・・・大作になっちゃうかwww

応援はしてますが、期待はしてませんwww
ご自身の生活・健康を大切に

ディープなテーマを書き込んで説得力も何もありゃしませんが・・www







  • shin
  • 2013/08/21 10:30 AM
こんにちは。

真人様のお考え、至極真っ当だと思います。

ただ、気になる点がございまして、私如き偉くもなんともない欠点だらけの一般人の戯言と思って聞いて頂けると幸いです。

まず一点。

>これまでの洗脳から目覚めた反動で右へ行き過ぎようとしてしまう人も多く

行き過ぎとは具体的にどういうことでしょうか?

例えば、私はあるサイトのコメントで

『シナは許せてもチョンは絶対に許せません』

と、書いている人を見掛けましたが、これは嫌韓というより恨韓であり、右でも何でもなく、個人的感情に支配され、支那人がいま現在やっていることすら目に入っていない盲目人間だと思います。もしくは、支那の工作員か。

仮に、真人様がこういう人たちのことを指して「右に行き過ぎ」とおっしゃっているとしたら、それは右への誤解を招く恐れがあります。

その点が今一不明瞭でございましたので、できれば明らかにして頂きたいと思います。

日本人はどれだけ右に傾いても、総合的には決して支那人や朝鮮人のようにはならないと私は信じています。

よーめんさんが『安倍ぶっ殺してぇ』とおっしゃっても、確かに、これでは安倍政権打倒を掲げる敵側に塩を送ることになってしまいますが、同時によーめんさんは「いいことやったら褒めてあげる、悪いことやったら罵る」というご自身のスタンスを明確になさっています。加えて、よーめんさんは極右軍事政権樹立を目標になさっているようですから、当然、現政権はよーめんさんの敵であります。仮に、よーめんさんが現政権打倒のために敵側と共謀するようなことがあれば、その時点でよーめんさんは日本国民の敵になりますが。

また、よーめんさんの持論は「言い続ければ現実になる」でして、これは“引き寄せの法則”にも通じる部分があります。つまり、よーめんさんが思うところの「悪いことする奴は右だろうがけしからん」を実現するために言い続けるということを実践なさっているのだと、私は解釈しております。

当然ながら、受け取る側の問題もありますから、真人様が危惧なさる理由はよく分かります。

次に

>国家は、左右どちらへ行き過ぎても、滅びるのです

ですが、これも不明瞭なので確認したいのですが、左はおいといて、国家として右へ行き過ぎるとはどういうことでしょうか?

軍事政権を右の極みだと仮定すれば、鎌倉時代や江戸時代も軍事政権でございます。しかし、ご存知の通り、鎌倉時代や江戸時代は日本文化が飛躍的に伸びた時代でもありますし、幕府は滅びても国家としては2673年間継続しています。

また、ナチスドイツのような国をおっしゃっているとしたら、ナチスの評価は別として、日本がナチスドイツのような国になることは絶対にないと思います。なぜなら、日本は天皇陛下がいらっしゃるからです。

ナチスはヒトラーの神聖化により求心力を高め維持しましたが、日本において天皇陛下を差し置いて自らを神聖化する者は、例えば創価学会や統一教会、幸福の科学のように“異端者”となります。これは外ならぬ天皇陛下という偉大なご存在を頂いている日本だからこそ、このような者たちは幸福の科学のように右を装ってもカルト宗教扱いされるのであり、これがもし、ナチス誕生前のドイツなら話は変わると思います。

日本において、天皇陛下を差し置いての右など“ありえない”というのは常識だと私は認識していますが、天皇陛下がいらっしゃるからこそ、私個人的には日本はどれだけ右に偏っても問題ないと思っております。

また、余談ではありますが、昔は普通に天皇陛下万歳を言っていました。現在では、天皇陛下万歳を言えば右翼、右翼に何の問題があろうかと思いますが、今の日本はこれを嫌がる傾向があります。

これは私から見ると明らかに左へ傾き過ぎており、未だ日本は左翼天国だと思います。

よって、まだ右へ舵を切っても問題ないのではないでしょうか?

問題は、恨韓に取り憑かれた者たちでありまして、この盲目的恨韓信者たちには確かに治療が必要だと思います。

長々と失礼しました。
  • 硫黄島
  • 2013/08/21 10:46 AM
>硫黄島さん
右へ行き過ぎとは、急ぎ過ぎている人を指しています。今すぐにどうこうするには、問題は山積みで、ゆっくりでも進んでいくしかないでしょう?という事を言っています。不可能を押し付け批判した挙句、俺ならできると宣うのは、詐欺師の可能性が高いと思うのですが、どうでしょうか。特効薬など無いという事を、いい加減に学習しないといけませんね。
  • 真人
  • 2013/08/21 12:45 PM
ぶっちゃけ特亜がどう出ようと、アメリカがどう出ようと、日本としてこうするんだという軸のようなものがないのが問題なんですね。だから外の批判にたやすく影響されるという。安倍自民党を援護しつつ、本物の右翼政党を育てていくしかないのでしょう。

とりあえずは、シナチョンに倍返し!
(八つ当たり上等!)
ジュワッ!!
  • アベトラマン!
  • 2013/08/21 5:27 PM
硫黄島 様

私なりに思うのですが、まず「自分が内閣総理大臣だったなら、日本をどのようにかじ取りをするべきだろうか?」と想像してみては如何かと思います。

感情的に考えるなら、靖国問題などの内政干渉の完全排除、中韓との国交断交、国益に結びつかない条約の拒否、防衛力増強、国境の島の直接防衛と侵略されている島々の奪還実行、核兵器保有、安定的な次世代エネルギー技術完成まで、原発の利用等々、安倍内閣にやり遂げて欲しい事はいっぱいあります。

ただし、それを行うのは「今」なのか?という事です。
そして自分ならそれを短期間で解決できる政策、手段があるだろうか?と考えてみてはいかがでしょうか?

直近では、靖国参拝が取りざたされましたが、中韓に配慮してというより、アメリカが今事を荒立てることを望んでいない旨のコメントが、しきりに米高官や報道官から出されていました。

今更、中韓は何をしても反発するだけなので、安倍総理は恐れていないと思います。しかしアメリカの機嫌を損ねると、中韓とアメリカと、二正面作戦を考えなくてはいけません。
それだけを敵に回すのは危険であり、不本意であったとしても敵に回すのは中韓に絞るべきです。
(これは大東亜戦争からの戦訓でもあります。毛沢東に指摘されたくらいですが、当時はABCDと言われたくらい、敵を作りすぎたのが致命的でした。同じことを繰り返してはいけません)

まだ地獄の民主政権から脱して、1年も経っていません。徐々に明らかになっている民主の売国行為は、あと半年でも政権が続いていたなら、後戻りできないほど国家解体への、奈落の一本道に落とされていたかもしれないのです。

今問題になっている、消費増税問題、TPP交渉問題についても、民主党の遺した「負の遺産」です。これだけでも日本の将来を左右しかねません。

今なすべきは、100%同意できない政権運営であっても、方向性に大きな瑕疵がないなら、凸の準備だけしておいて、安倍政権を見守り、賛成できる政策には支持するという姿勢でいれば良いと思います。
  • hinode
  • 2013/08/21 7:23 PM
真人様、hinode様、ご丁寧に解説頂き感謝いたします。

できもしないことを言っても仕方ないのは事実そうだと思います。

個人的な話ですが、私の身内が左翼だらけなもので、そういう中において、日本の国益という決して交わることのない不毛な議論をしていますと、日本の将来に絶望感さえ感じてしまいます。

だから、国家という計り知れない大きな舞台で、左翼という、言葉は悪いですが“つんぼ連中”を相手に舵取りするのは、私などには想像もできない苦労であることと思います。そういう意味でも、日本の病巣は極めて根が深く、その中で、歴代自民党総理のように左翼に迎合するのではなく、決してブレずに保守を貫き通される安倍総理を尊敬しておりますし、安倍総理という存在に大変な勇気を頂いております。安倍総理が頑張っているんだから私も頑張ろう、そう思いながら、安倍総理には感謝の気持ちでいっぱいでございます。毎朝出勤途中に、「日本を取り戻す」と書かれた安倍総理のポスターを拝みながら、元気を頂いております。

現実にいま私の目の前にいる左翼(身内)を説き伏せることができるかと言えば、どれだけ正論を並べても無理であります。時間をかけてでも、彼らに国家観というものを自覚させられるか、これも正直自信がありません。

だから、安倍総理がその真意とは裏腹に、嫌でも飲まざるを得ないこと、悔しくても折れざるを得ないこと、たくさんあるだろうと、私なりに解釈をしております。

個人的なことを言えばキリがありません。今年の私の1番の楽しみは、8月15日、安倍総理の靖国神社参拝でございました。残念ながら、実現しませんでしたが、安倍総理も我慢なさっている、だから私も我慢しよう、そんな気持ちであります。

私と安倍総理は別の人間ですから、私には私の考えがあるように、安倍総理には安倍総理のお考えがあります。

できることを着々とやっていく、それが大事だと思いますから、今すぐ北朝鮮に自衛隊を送り込んで拉致被害者を取り戻せとか、できないことを強要するつもりは更々ありません。

ただ、私と安倍総理が別の人間で、考え方も違うように、これはその他の人も同じだと思います。

人には許容範囲というものがありますから、例えば、左翼の考えるようなことは、私には理解できません。

そういう意味でも、真人様やhinode様にとって理解に苦しむ人間がいるというのはよく分かります。

しかしながら、一つだけ、私は「保守(右)」という言葉を大事にしたい、そう思うのであります。

私は、恨韓の方たちを保守とは思いません。彼等は既に国益の何たるかを忘れております。ただ韓国にムカつく、腹が立つ、彼等のエネルギー源はそれだけであり、そんなことを言えば、私だって核ミサイルを撃ち込んで思い知らせてやりたいほど韓国が嫌いです。

国益を忘れた恨韓は、安倍総理が韓国に屈したと、そう自分が勝手に感じただけでも安倍総理を売国奴呼ばわりするでしょう。

彼等を左翼とも思わないし、売国奴と言うつもりもありませんが、保守とは言いたくありません。保守の名が汚れます。

だから、もし、真人様が、例えばよーめんさんが国益を忘れていると、そう感じたのであれば、保守(右)と呼ばないで欲しいなぁと、そんな思いから疑問を投げ掛けた次第であります。

何だかこう、保守がバカにされているというか、ナメられているというか、そんな勝手な思いに至り、疑問を投げ掛けた次第でありまして、取るに足らない話なのに真剣にお返事を頂きまして、誠に恐縮でございます。勉強させて頂きました。

お二方ともありがとうございました。
  • 硫黄島
  • 2013/08/22 1:38 AM
真人さん更新お疲れ様です。

毎度、胸のすく爽快なテキストにテンション上がります。

ツッコミ所や言い回しがほぼ私と一緒なので痛快なのです。

他に嫌韓ブログありますけど真人さんのブログがNO1ですよ!

B層や年寄りに、いや世界中に翻訳して見てくれたらと毎日思っています。

誰かそんな事ができるかも知れませんよ!
嫌韓ブログで申し合わせてenglishバージョンをUPしてほしいです。

暑いですから体には気をつけてくださいね。
いつまでも応援しています。

  • アベライク
  • 2013/08/22 11:09 AM
真人参謀総長。
国家運営を海軍で言うと「紀伊・尾張」より頑丈な戦艦(五十万土佐)で浸水傾斜を復元(逆傾斜しないよう注排水量を調整)しながら航行する(潜水艦なら前後傾斜せず水平)ようなものと理解させて頂きます。
左賊どもは駆除あるのみ。反動右朋(まかり間違っても阿部さんのお仲間デハアリマセン)は「頭山先生・パチボケリノヨシンの漫画なのが癪」の熊本県二大民権団体対立(改進党と自由党の如き)にキレられないよう我慢せえよ(歴代毛利当主の如く)。
  • 特亜消尽
  • 2013/08/23 9:20 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM