<< 情報漏洩ルートを壊滅させよう | main | おや?韓国の様子が・・・ >>

スポンサーサイト

  • 2020.04.07 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


中国VS世界

いつも応援ありがとうございます。

政治 ブログランキングへ

中国が凄い勢いで崩れて行ってますね。
防空識別圏設定というのは、それほど愚かで、馬鹿で、洒落にならない行動です。相手が日本じゃなければ、こんなもんとっくの昔に開戦ですよ。

言っちゃあ悪いんですが、それが世界の常識です。

おーい!憲法9条さえあれば日本の国防は完璧!とか抜かしてた無防備マンの化身達よー!さっさとコメントくれやー!
まったく、普段はクソやかましいぐらいに「戦争は嫌だー!」と言っているくせに、こんな時だけだんまりを決め込んでいるのですから、本当に信じがたい愚物です。マジで死ねばいいのに。とっとと中国に9条の素晴らしさを説教しに行けっつーの。

ともあれ、頼りにならない無防備マンを無視する安倍外交がどうにかこうにか間に合って、対中包囲網を形成する事が出来ました。だからこうして中国の暴走を、安心して笑って見ていられます。
自衛隊はちゃんと防空識別圏を飛行しましたし(中国は気付く事すら出来なかったらしい)、アメリカもB52(核攻撃可能な爆撃機)を飛ばしてくれたし、当たり前のように中国はスクランブルなんて出来ないし、それどころか世界中の国々が口を揃えて中国を批判。みーんな日本の味方。辛うじて中国の味方と言えるのは、南北トンスルランドとパキスタンぐらいのもん。おまけに南トンスルは未だにどっちつかずのコウモリ野郎を貫くつもり上、何故か防空識別圏を飛行して中国様を挑発。何がしたいのかさっぱり理解出来ません。安定のキチガイ。
中国様のお仲間、頼り無さ過ぎクッソワロタwww

もしこれが民主党政権で起きていたらと思うと、本気で寒気がしますがね。気が付いたら尖閣諸島は中国に実効支配されていたでしょうし、諸外国との連携なども夢物語で「日本は孤立している!」「頼りにならないとアメリカからも見捨てられる!」「腰抜けの日本外交に、アジア各国(特亜以外)も遺憾の意!」とかまあ、そんな感じになってたはずです。マスコミは「中国を刺激するな!」の大合唱で、野田総理(笑)が「中国様に尖閣諸島は差し上げる。戦争回避の為にはやむをえない」などと発表する・・・といったシナリオが、普通にあり得ました。

実に危なかった・・・もう少しで日本が、無防備マン(反日日本人)の餌食になる所だったぜ・・・

結果論から言うと、安倍政権の中国封じ込めの外交政策は、ギリギリで間に合ったという所だと思います。もう少し遅れていれば、最悪のシナリオを、歯噛みしながら見守るしか無い状態になっていたかも知れません。
まあ、今にして振り返ってみれば、余計な事に力を割く余裕など、どこにも無かったのかも知れませんね。いや、何が余計な事だとまでは言いませんがw
ま、このクソ忙しいドサクサに紛れて、変な話を通そうとするカスも居るとは思うので、そこは引き続き要注意って事で。この辺が落ち着けば、色々と軌道修正も出来るだろうと、私は見ています。

今回中国は、自国の崩壊を少しでも先延ばしにする為に、内部対策として『日本だけを』挑発したつもりで居るはずです。・・・でした。
当初の予定では『中国VS日本』という限定された状況下において、「日本が悪い!」という大義名分を世界に対して発信し、世界中が日本を叩く・・・という妄想をしていたんでしょうが、もはや中国が理想とするようなシナリオには、絶対になりません。頼りになる安倍政権が、200点の外交でそれを阻止した。
分かるか、中国。君らが今指を掛けている引き金は、中国VS日本ではなく、

中国VS世界

を実現する物だという事。まあ、それが分かってても(分かってなかったかも知れないですが)やらずには居られんかったんだろうな。本格的に間に合わなくなると思って、決死の思いで決断したんだろうなあ。手遅れだったけど。
かわいそうですね。許しはしないけど、同情してやろうか?ん?(←上から目線)
本件に関しては日本政府がちゃんと対応してくれているので、余程の事が無い限り心配するような局面に追い込まれる事は無いでしょう。こういう時は、ビビって二の足を踏むのが最悪。今の外交はそれには当たりません。

ところで、ここ最近の動きを見て思い出さずに居られないのが、日清戦争です。
当時、中国(清)はそれなりに恐れられており、「どこがスゲーのかはよく分からねえが、何となく手出ししたらヤベー事になりそうな気がする」と欧米諸国も警戒していました。『藪をつついて蛇を出してしまったら、どうしよう?』という危機感で、誰も手出し出来なかったのです。いわゆるアレ、眠れる獅子(笑)という奴です。だから、今と同じ『恐喝外交』がそこそこ通用していました。
何しろ、あの広大な国土に、半端ない人口ですからね。中の人達が『それなりのレベル』に達していれば、強いはずなんですよ。普通なら。それに加えてあの尊大な態度。誰が弱いと思うもんかよ。まさかそれが張り子の虎だなどと、とてもとても・・・というか、まさかハッタリの大嘘でそこまで強者の演出をやるアホが居るなんて、流石の白人連合もビックリですよ。

欧米「清は強い!(確信)」

ところが、実際に日本が清と戦ってみると、想像していたような手強さなどは微塵もなく、あれよあれよと言う間に清は敗退。その後結ばれた下関条約で、日本は台湾を初の植民地としてGETしたり(白人国家以外では初の植民地です)、国家予算二年分相当の賠償金を払わせたり、その他色々と日本に有利な条件の不平等条約を押し付けた訳です。すると、黙ってないのはがめつい欧米。

欧米「日本ごときに負けただァ!?クッソ弱えじゃねえか!心配して損した!」

とばかり、荒らされまくる末路が待ってた訳ですが、なんかデジャヴを感じますね・・・やはり、歴史は繰り返すのでしょうか。
ちなみに、欧米諸国はこの後日露戦争を通じて「アレ?日本は本当に強かった?清が弱かっただけじゃないの?」という事を見せ付けられる事になるんですけどね。本筋に関係ないので、今回は省略。

ところでこれはどうでもいい話ですが、日清戦争の主戦場は朝鮮半島だったりします。日本海で盛大にドンパチやったり、中国本土決戦みたいなイメージをお持ちかも知れませんが、実際の所はトンスル半島での小競り合いでした。これに勝利する事で、『朝鮮の独立(悪夢)』が起きて、日本は大陸への橋頭堡を得る事になった訳ですが・・・その後の事は、黙秘権を行使させていただく。まったく、朝鮮の呪いは大したもんだぜ。
そもそも日清戦争のきっかけは東学党の乱(※後述)でしたから、朝鮮半島が戦場になったのはしょうがない・・・まさか、今回もそこだけは再現されちゃったりして(笑)

やっぱり『歴史に学ぶ』ってのは大事な事です。教科書に載るレベルの大事件の知識だけでも、その『流れ』を把握する事が出来れば、現代にも充分に応用が利くのですから。私、暗記はしてないですよ。暗記はしていませんが、「どの国が、何を考え、何をどうしたのか」という大まかな流れだけは掴んでいます。事件の名前や、それが起きた年代、日付など、語呂合わせまでして覚えなくても、ググれば出て来ます。そういう意味で、現在の暗記中心の歴史教育には一言申し上げたい所ですが・・・まあ、それは余談ですね。べ、別に私の学生時代の歴史の成績が死んでた事とは、関係無いんだからね!
なお、ファンタジーの歴史では、流れは掴めない模様。それなりに事実を網羅した歴史から流れを汲みとった結果、私が出した結論としては・・・

今も昔も、中国は弱い!(確信)

※東学党の乱
「日本人を朝鮮から追い出せ!」と主張するトンスラーが起こした内乱です。昔からあいつらは本当にもう・・・orz
現代に蘇る東学党の乱。現状を省みるに、無いと言い切れないのが朝鮮クオリティです。


↓遅かれ早かれこうなると思ってた方はクリックを。

政治 ブログランキングへ

スポンサーサイト

  • 2020.04.07 Tuesday
  • -
  • 10:23
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
hinodeです。こんにちは。

中国は、日本の忍耐強さに感謝して欲しいですよね。
もう、いつ戦闘が始まってもおかしくないと、覚悟してコメントもしていました。

もっとも中国の、想像をはるかに下回る愚かさと、言ったことに対する実行力のなさ、更にはその必要性すら気づいてなかったのでは?と思われる、一連の公式発表の数々…。
これには、はぁ?の嵐でした。

約110年経過したのに、同じ失敗を繰り返しているようにしか見えない、中国。
本当に局地戦になろうが、外交交渉で終わろうが、ここまでになると中国にとっていい目は出ませんね。
海外からペーパータイガーと呼ばれだしては、もうお終い。

結論。(歴史的な結果を見る限り)日本と敵対する国は、没落する。
ただし、アメリカに関しては例外かも。

歴史的なKの法則?を考えると、トンスル民族が余計なことをしだして周りが大迷惑、という恐れがあります。
既に防空識別圏拡大などと調子に乗り出しているので、その辺から余計な発火が起きかねないのが心配ですね。
トンスルランドで局地戦は、御免蒙りたいですね。
(その場合)今度は頼まれても併合、または植民地にしてやるものか。
戦後復興も自力でやって、人を頼るな、とその時言ってやりたい。
  • hinode
  • 2013/12/01 11:30 AM
真人さんこんにちは♪
歴史は繰り返す…
歴史に学ぶ…
正しい歴史を学ぶ事って本当に大切ですね。
教育が人をつくる。
安倍政権には教育改革もどんどん進めて欲しいと期待しているところです。

少し前に読んだ本がおもしろかったので、興味のある方はぜひ( ´ ▽ ` )ノ

祥伝社 日下公人
いま日本人に読ませたい「戦前の教科書」

欧米化する事が進化だと思い込んだり、試験の為でしかない現代の教育方法がいかに愚かで日本人のレベルを下げてきたかを、戦前の教科書を読みながら再考させられる一冊です。
戦前の教科書を作った人々の思慮の深さに感銘しました。


  • チャンコ
  • 2013/12/01 1:47 PM
>何しろ、あの広大な国土に、半端ない人口ですからね。中の人達が『それなりのレベル』に達していれば、強いはずなんですよ。普通なら。それに加えてあの尊大な態度。誰が弱いと思うもんかよ。まさかそれが張り子の虎だなどと、とてもとても・・・というか、まさかハッタリの大嘘でそこまで強者の演出をやるアホが居るなんて、流石の白人連合もビックリですよ。

別にはったりだとは思いませんよ。当時彼らは、本気で自分たちは強いと信じ込んでいたのでしょう。
井の中の蛙大海を知らず。自分は世界の中心の国、自分たちこそ世界の最強国。世界最高の文明国。野蛮人に負ける筈は無いと本気で信じ込んでいたのでしょう。無知ほど怖いものはありません。
今回のケースでも限られた情報で「中国対世界」ではなく「世界対日本」の戦いに持っていける、そして「勝つ」と信じ込んでいたのでしょう。
南朝鮮の女性大統領も、アメリカの大統領が日本の安部総理の保守的な姿勢に困っているという情報に飛びつき、ならばアメリカにしかってもらおうと告げ口外交に打って出てこの始末になったというのが真相のようですからね。
今中国は予想外の展開に困っているのが現実でしょう。こういうときえてして最悪の決断をするのが ●● です。暴発・暴走する危険を考えるべきですね。
無論それは「日本に退け」という意味ではありません。十分な用心と世界に対する配慮をした上で、ためらわず行動することが必要です。
  • みちお
  • 2013/12/01 2:14 PM
更新お疲れ様です。

最初の「戦争論(マンガの)」に『督戦隊』なる存在が出てきます。
軍の一番後ろに位置し、戦場から逃げ出そうとする兵士を撃ち殺すことで無理やり戦闘行為をさせる一陣。
第二次大戦以前から、中国はこうしないと戦闘行為もロクに出来なかった。
(だから「戦わずして勝つ(デマやテロで引っかき回して状況の混乱化を狙う)」のが彼らの戦術になります)

翻って現代。
ご存知のように今は電子戦全盛期、兵器制御もパソコンで行う時代。
彼らはどうするのでしょうか?
「ソフトが無ければハードはタダの箱」って揶揄する人が稀にいますが、ハードがしっかりしてなければソフトも力を発揮出来ない(だからわたしは、そういう人には「ハードが無ければソフトはタダのお題目」と返します。反論は聞いたことないですw)。

ともあれ、安倍さんよくぞここまで日本を持ち直して下さいました。
「ハッタリが効かない状況」がどれほど恐ろしいか、彼らにはたっぷりと味わっていただきましょう。
タップリと、ね(微笑)

  • ひがしかん
  • 2013/12/01 2:41 PM
>>べ、別に私の学生時代の歴史の成績が死んでた事とは、関係無いんだからね!
(ちょっと声が震えているような?いや、気のせいですよね  By kuni)

全然関係ないない話ですが、最近真人さん
美人をお二人つれて、抜きつ抜かれつつ楽しそうですね。
いえ、かけだし鬼女さんと嫌韓宣言さんですが。(^^);;

最近の中国事情ですが、ついに、キリスト教徒が1億人をこえたみたいですね。
大多数は隠れキリシタンだろうから、まだ表面にはでてこないけど、
いざとなると、天安門どころの話ではない。
火あぶりになっても、絶対に転ばなかった宗教ですから
共産党を根底から覆すでしょう!
シナって戦争に一度も勝ったことのない国。
勝ったのは内戦に勝っているだけ。
眠ったままのシナ。有名な話。

フィリピンへ派遣された自衛隊の隊員の方々に、申し訳ないけれど、2年くらい現場にいてくれ。
中国に南シナ海で余計なことをしないように
重しになってくれ。m(__)m
  • kuni
  • 2013/12/01 2:46 PM
コウモリ野郎がこちらに付かず良かった。
彼らが味方に加わると負けフラッグが立ちKの法則が発動する。

味方にすると一番恐い朝鮮の呪い。

  • ゴミはゴミ箱へ○○は○○へ
  • 2013/12/01 4:21 PM
皆さんこんにちは。
フィリピンの大災害と支那の暴挙ですっかり忘れておりましたが、天皇皇后両陛下が昨日インドへご出発されました。
「うぇ、確か政府専用機は空自管轄の軍用機扱いだった筈だし、インドに向かうには支那の拡大識別圏通過せにゃならん。護衛機付けなくて大丈夫か?」とか色々心配したのですが、ヘタレの支那にそんなことをする度胸があるはずもなく、本日無事にインドに到着された由。

しかしこのタイミングでのインドご訪問は、日本にとっても天祐でしょう。無論、両陛下は政治的な役割はお果たしにはなりません。しかし、インドの人々に、「日本」を意識していただくのに、これ以上ふさわしい方がいるでしょうか。
道中のご無事を切にお祈り致します。


  • papax
  • 2013/12/01 4:22 PM
自衛隊がすぐに動いてくれていたのは悪いですけど予想外でした、ほんとに。 迅速な対応に感謝。


売国極左政党による政権という未曾有の「人災」が続いていたらと思うとまったく笑えない話でした。こういう意味で紙一重だったように思えます。


昔だったら「中国は外交は凄いからな」みたいに思ってても、今では何か発言するたびに「あっ…(察し)」になるのが凄いところ。
  • 隼人
  • 2013/12/01 6:59 PM
NHKがしつこい  By kuni

どうしても、アメリカが中国の要請にこたえて
飛行計画書を出していることにしたいらしい。
アメリカ航空会社3社が飛行計画書を提出した。と報道。

何の計画書だよ??
上海などにいく航空機は当然飛行計画書を
出すだろう。国際ルールに基づいてね。

問題の領域を通過する航空機のデータを出せよ。(台湾行か?)
何時の飛行機で番号は?
そのくらい、調べられるだろ。NHKなら。

ま、アメリカ政府自体は禁止は要請しないだろう。
日本と違って、政府が民間に強制すると
大問題だからね。ANAは根性見せて計画書を
出し続ければよかったのに。
利用客は激減するかもしれないが、皆様の安全を考え
苦渋の決断とかね。
  • kuni
  • 2013/12/01 7:37 PM
更新お疲れ様です。師走の名の通り、忙しく、体調も崩しやすい時期ですので、真人さんだけでなく、皆さんもお気を付けください。

現在、日本でまともに行われていない学問の一つに、地政学というものがあります。地理的要因から、それぞれの国の政治や「歴史」を学ぶ学問です。
航空技術をはじめとする、各種移動(行軍)技術も発展し、特別必要ないのではないかと思われがちなのですが、そんなことはありません。というのも、一般的には上記の「歴史」という部分をスルーされがちなのですが、古来からの伝統や文化の形成、民族傾向、歴史の傾向などなど、そういうものはこの100年前後よりも遥か以前からの積み重ねであるわけで、それらを分析・考察する上で、地理的要因というのは非常に大きな意味を持つわけです。

地政学が抜け落ちてるからこそ、隣国と仲良く…などのファンタジーが生まれるのだと思います。現在、CGS(チャンネルグランドストラテジー)でカズヤ氏の修身など、昔にあった学問や科目が取り上げられる機会が増えましたが、寡聞にして、地政学は目にしません(内容自体が難しいというのもあるのでしょうが。かくいう私も、さわりを聞きかじったくらいです)。そういう分野についても、話し合える・学べる場があればいいなと、昨今は特にそう思います。
  • 暇執事
  • 2013/12/01 8:29 PM
日清戦争で、北洋艦隊の巨艦、定遠や鎭遠が破滅したということは、なんとも不条理だったでしょうね。

>朝鮮の呪い

これは怖い、触らぬ神にたたりなしと古代からいわれていたのにね。

  • 山科
  • 2013/12/01 9:41 PM
自民党の韓国議連の方々に通告する。

 日本・日本人を貶める韓国との交渉などありえません。

 あなた方は、何を考えているのですか。

 日本人は日本を貶める韓国に怒り心頭ですよ。

 日韓議連の皆様次の選挙を覚悟してください。

 茨城2区の額賀さん、覚悟してください。
県民を甘く見てはダメですよ。
 
  • MT
  • 2013/12/01 10:22 PM
カンタム、行きまーす!

まったく危なかったですね!シナの動きを考えれば消費税の8%など今はどーでもいい話です。(その金でリニアをオリンピックに間に合わせればお釣りが来ます。)
シナはねえ。紙、羅針盤、火薬を発明した国らしいんですが、紙と羅針盤はイスラム帝国で、火薬はモンゴル帝国でそれぞれ実用化されて、その紙の知識でルネサンスを経験したヨーロッパ諸国に、羅針盤と大砲(火薬)で強化した船で侵略されたというシャレにならない国です。「起源」を主張するだけでは何ら意味がない。覚えておきたまえ、チョン君(byド○ル将軍)!
  • カンタム
  • 2013/12/02 2:21 AM
>>結論。(歴史的な結果を見る限り)日本と敵対する国は、没落する。
ただし、アメリカに関しては例外かも。

いえいえ、20年前に、一度は抜いていますよ。
そのときは、日本人に自信がなかったので、
自分から、こけましたけれど。
アメリカは50年後には、いまのイギリス位の国になっているでしょう。
勿論、その時世界の盟主は我が、日ノ本の国。
  • kuni
  • 2013/12/02 4:26 AM
カンタム、行きまーす!

どうやらアメリカの航空会社が報告書を出したのは事実みたいです。もちろん、シナの防空識別圏を認めたわけではないよ、と念を押してのことですが。やはり当事者はあくまでも日本とシナです。そのためにアメリカの民間人に犠牲が出るのは避けたいでしょう。ここは日本の自立の第一歩です。JALとANAはシナ行の路線を休止するぐらいの意気込みでお願いします。でなければ、JALは再建に使われた国費を全額返還の上で、本社を北京にでも移転してください!
国民もシナへの渡航は止めるべきです。利敵行為です!
  • カンタム
  • 2013/12/02 5:40 AM
井戸端ネタ2点   By kuni

最近 14歳がすごい。
世界中で活躍しているね。
ジャンプ、ハーフパイプ、ゴルフetc
金メダルをとることが当たり前。

むかし、元服したのは14,15歳
この年になれば、大人として扱われた。
昔の人はよく知っていたのだねーーー
若者よ、立ち上がれ!!

フィリピンの台風
レイテ島のあたりは、WW2の時激戦があり、
日本兵40万人、フィリピン人150万人が
亡くなっている。
今回は1万人が死亡・行方不明になっている。
現地の新聞は爆撃を受けた様と表現している。
アメリカのせいとはいえ、そのような歴史を乗り越えて
日本の活動に感謝のコメントをくださる、
フィリピンの方々に敬意を表します。
色々あったのだろうけれど、70年前のことを今更言ったところで、
なんの足しにもならない。
最近、旧日本兵の遺骨収集が再開され、現地の方々も協力してくださる。
多分、中国と戦端を開いた場合、下朝鮮と、南シナ海が戦場となるだろう。
フィリピンとの関係は大切にすべき重要項目。自衛隊よ頑張ってくれ!

追加
インドをご訪問されている両陛下が53年前に自ら植樹された菩提樹をご覧になり、
大きくなりましたね、とご感想をのべられた。
こんな、国ほかにある!
  • kuni
  • 2013/12/02 7:13 AM
連投失礼

甘利さん、倒れたね。一応検査入院となってるけど
大丈夫かな?
やっぱり、TPP交渉よっぽどきついんだろうな。
回復をお祈りしています。
夏希さん、よろしく。
  • kuni
  • 2013/12/02 12:17 PM
我輩はネコウヨである。

インドネコはよく陛下の菩提樹を守り、育ててくれたものである。インドネコも我輩の日露戦争での奮戦を見て、有色人種もやればできると思ったそうである。当時は白色人種でキリスト教を信じていないと機械類は扱えないとマインドコントロールされていたそうな。
傷は大きかったが、無駄ではなかった…。
  • ネコウヨ
  • 2013/12/02 1:34 PM
皆様まだないでぇ~す(・∀・)ノ

中国のライン、尻すぼみになっちゃいましたね、折角体調良くなったから書き込むぞ~と張り切ってたのに........

<(・∀・)>でも何と!クネクネが「ウリ達もシナ様に続け!」モードだとか聞きました。
中国がやって世界的批判を受けてるのにマネしなくたって。
それともドサクサの火事場泥棒は本能なんでしょうか?

この分じゃ「今週の馬鹿」は来年まで予約一杯になりそうですね?

※kuniサン
お元気そうで何よりです。
  • まだない
  • 2013/12/02 4:12 PM
カンタム君、呼んだかね?

紙の製法がイスラムに伝わるきっかけになった「タラス河畔の戦い」では、唐の「援軍」にトンスル軍がいたらしい。
あの国のあの法則、侮り難し!!
  • ドンメル将軍
  • 2013/12/02 5:41 PM
張子の虎の内乱に気を付ける時が来たかもしれませんね。

キンペイの今回の領空識別圏騒動の火付け人は軍部上海閥とか。

近頃中国国内の自演テロ等も実は・・・て事も考え様に拠っては有り得る可能性でしょう。

日清戦争後の清国の騒乱、崩壊、新勢力国民党の台頭、そして群雄割拠。
今まさに其の入り口に中共が入り掛けていると私的には思いますね。

最後にベスト10圏内現時点での進出、お目出とう御座います。     
  • ゴミはゴミ箱へ○○は○○へ
  • 2013/12/02 6:45 PM
2チャンネルネタですけれど  By kuni

しつこく、防空識別圏の話です。
ソースが当たれないので、とりあえずの情報ですが、
アメリカの航空会社が飛行計画を提出したと
報道されているが、提出時期を明示しているのは
デルタ航空1社のみ。
そして、問題の領域を通過するのは、
台北(台湾)行きの1便(1日?)だけらしい。
ま、民間会社としてはとりあえず、
万が一訴訟を起こされないよう、1便程度なら
対応しておこうかな、というレベル。
ほかの2社がどうしているかは不明。
(いつから、問題の領域を通過するだけの
飛行計画を提出しているのか不明。上海行きならナンセンス)

真面目に調べろよ、>マスゴミ

どのように、情報が変質していくか、いいモデルケースになる事件でした。
  • kuni
  • 2013/12/02 8:03 PM
藤井聡先生の主催されたシンポジウム 「グローバル資本主義を超えて(Beyond Global Capitalism)」
に参加してきました。
(会社を休んで行きましたww)

藤井先生の「グローバルとインターナショナルの違い」についてや、
「グローバリズムの布教方法と全体主義の共通点」など非常に参考になりました。
(後者は特に、その発想は無かったと思わされました。)

また、柴山先生の「歴史の観点から見る1910年代のグローバリズム」や
中野先生の「保守主義と自由主義の結びつきの持つ不自然さ」など、実に興味深い話を聞いてきました。
ハジュン・チャン先生とエマニュエル・トッド先生のお話は残念ながら同時通訳の日本語が正直ちょっと読み取れない内容になってしまっていて
(専門用語だらけで難しかったのでしょう)
内容を把握できませんでした。

資本主義の悪魔の存在は徐々に認知されつつありそうです。
今後の世界は新自由主義(レントシーカー)vs民主主義の段階に突入しそうだなと思います。

僕は彼らは地上げ屋みたいな連中だと思っています。グローバル地上げ屋vs立ち退き反対民主主義と考えると
妙にスケールの小さい話に見えてしまいますねwww
  • k
  • 2013/12/02 9:08 PM
hinodeです。こんばんは。

今、朝日新聞のオンライン版で、特定秘密保護法案に対するアンケートを行っています。

ttp://www.asahi.com/topics/word/%E7%89%B9%E5%AE%9A%E7%A7%98%E5%AF%86%E4%BF%9D%E8%AD%B7%E6%B3%95%E6%A1%88.html?ref=com_top_keyw

10マス×10マスのマス目式で、縦軸が『日本の安全が脅かされていると感じるか否か』、横軸が『特定秘密保護法案に賛成か反対か』で、自分が感じるマス目を選んで意見を記入できます。(100字以内)

KAZUYAチャンネルさんで既に紹介されていますが、それぞれのスタンスでどういう意見が集まっているか、見ると少し面白いかも。

先ほど見た限り、それぞれの4隅に意見が集中しているという、あまり例がなさそうな集計になっています。

特定秘密保護法案に賛成&日本の安全が脅かされていると感じる、の意見が最も多いという辺り、朝日も読者(だけではないかも)を騙せなくなっていますね。
データ操作をしていない(?)事だけは評価しますが。

これを見ても、自社の社説や編集方針が、日本国民の大多数から乖離していることに気づかないのだろうか?
まあ、アカヒ教と言っていい位、主張が宗教じみていますから、異端(とみなす意見)は認められないのかもしれませんが。
  • hinode
  • 2013/12/02 10:33 PM
シナ大陸の政権は、日本により滅ぶ。
500年前からの歴史ですよ。

明は、倭寇と秀吉の出兵で疲弊し、滅びました。
清は、日清戦争の敗戦・肝心の明治維新への憧れで滅びました。
中華民国は、滅んでいませんが、日本との戦争で疲弊し、シナ大陸を追い出されました。

さて、シナ共産党というカルト集団は、日本と深くかかわってきていよいよ滅びそうです。
  • sige
  • 2013/12/03 9:06 AM
カンタム、行きまーす!

テキサス親父さんからの情報ですが、ロシアの天然ガス施設に侵入したグリーンピース、マシンガンを突きつけられてビビったらしい。
ロシアのプーさんを見習って、日本もこれからはシーシェパードなんか銃撃しろ!
  • カンタム
  • 2013/12/05 5:29 AM
バカサヨバカチョンバカシナは駄目ですね(笑)
シナに抗議しろよ自称ヘイワシュギシャはよ(大爆笑)
  • アジア
  • 2013/12/06 7:48 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM