<< 安倍政権2年延長確定 | main | ダブスタはやめてくれよ >>

2015年は現実を見据えて

いつも応援ありがとうございます。

政治 ブログランキングへ

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

さて、新年のご挨拶もそこそこに、今日は久しぶりに他の方の書いた記事をご紹介しようと思います。もうちょっと何か無いのかと、自分でも思わなくはない。

・・・新年明けて一発目の記事が他所様のご紹介とは手抜きだとか、あけましておめでとうも何も既に半月近く経ってるとか、そういう事には全力で気付かないフリをするんだ。このブログの読者なら楽勝だ。そうだろ?

(石を投げないでください。危険です)

ご紹介するのは、一時期よくご紹介してた、えい坊主の時事ネタ日記さんです。

小学校で習う基礎は大事だ

超分かりやすいので、絶対に読んでね。

以下、一部抜粋。

ある値を減らすには、分子と分母の値を「有効に」変化させればよい。

例えば4/5を減らすためには、3/5にしてもいいし(=分子を減らす)、4/10にしてもいい(=分母を増やす)。

仮に分子が増えたとしても、同時に十分に分母を増やせば良い。
例えば、4/5 → 6/10にすれば、分子は増えているにも関わらず値は減る。

逆もしかりで、分母が減ったとしても分子が十分に減ればいい。
4/5 → 2/4ならば、分母が減ってしまったにも関わらず値は減っている。

あまりに下らないからといってマウスを投げてはいけません。


この部分を読んで、何を当たり前の事を言っているのだと言えてしまう程度には、日本人の教育水準は高いです。いや、本当に小学校レベルの話なんで、これで「日本人の教育水準は高い(キリッ」とか、恥ずかしいので言いたくはないんですけどね(笑)
しかし、これが財政健全化の話の一部だと言われると、途端に理解出来ない物のように感じてしまうのが問題です。おい、ついさっきまでハナクソほじくりながらでも分かるわみたいな態度だったろお前ら、みたいな。
リンク先の記事を読めば分かるはず。すごく簡単です。どうか皆さんには経済アレルギーを克服していただき、経済は難しいという幻想を打ち砕いていただきたい。
経済の事を難しく語る輩というのは本当は理解して欲しくないから難しく語っているだけであって、実はそんなに難しくなんかないんですよ。価値のある物を作る。取り引きをスムーズにする為に国(権力者)がお金を発行する。お金を使って商取引を行う。流通するお金が足りないと実経済にまで悪影響がある。たったこれだけの話をどんだけ難しく語るつもりなんだと。ぶっちゃけ、カネの流通を妨げて不当な利益を吸い上げようとしている輩が、そのボロ儲けの仕組みを見抜かれたくないからゴチャゴチャ言っているだけです。あいつらホント嫌い。死ねばいいのに。
恐らく、「そんな上っ面の所だけカジッただけの経済素人が!本当の経済はもっと奥深い!」とか何とか言い出す自称高学歴の人が現れると思う(コメントは消しますがw)ので先に言っておきますが、それは嘘です。その奥深い部分を分かりやすく説明してくれる方には、これまで出会った事がございませんな(笑)

以上、久しぶりの記事紹介でした。(元記事の片鱗さえも紹介し切れていないので、絶対に読むんだぜw)
ところで、「昔はめちゃくちゃえい坊ちゃんにラブコール送ってたのに、最近ご無沙汰だったじゃねえかよオウ」と不思議に思われた方もいらっしゃるかも知れないので、簡単に説明しておきます。
・・・べ、別に、えい坊主さんが経済政策の不足を取り上げて、安倍総理を批判するのが面白くなくて避けてたとかじゃないんだからね!
と、冗談っぽく書きましたが、マジで避けてないから。毎日チェックしてたから。ただ、昨年末の選挙が終わるのを待ってただけです。あらゆる意味で、あの選挙が分水嶺。

実際、安倍政権の経済政策は、今の所非常に不甲斐ないです。ぶっちゃけ、これ一本で政権を降ろされても文句は言えないぐらいです。それほど、消費税の8%への増税は、暴挙でした。限界ギリギリ、生き残りを賭けた究極の一手であったと、今思い返しても寒気がします。幸い、安部総理はその危険な賭けには勝利した訳ですが。
選挙も終わったし、もう、言っちゃってもいいよね(笑)
えい坊主さんがこちらの記事で私の記事に反応してくれていたので、ちょっと抜粋。

つまり、(MGRさんの記事とは別にして)安倍総理・麻生大臣共に実は需要重視を心底から理解しているのだとか、経済は2015年から正しいアベノミクス が始まり大復活に向かうとか、消費税を増税したのは政均衡主義者との大々的な対決をいま起こすのは危険だからだとか、今回の選挙は在日や日韓関係問題を片 づけるための深謀遠慮であり経済政策の是非を問うための選挙ではないとか何とか、そういったことが真実であることを心から願っています。

「そうに決まってるじゃんwww」

とは言わないでください。笑わないでください。
普通は分からないですよ、そんなこと。


そりゃそうです。俺だって分かりません。<待てコラ
いやあ、ホント、ご本人でもないのに分かる人が居たら、それははっきり言って気持ち悪いですよ。私たちに出来る事は、入手可能な情報の中から、確度の高い情報(一次ソースを確認出来る物がベスト)を出来る限り集めて、そこから「恐らく彼らはこういう事を考えていらっしゃる」と予測する事だけです。私のように、楽観的に予測する人も居るでしょう。えい坊主さんのように、「でも、もし安倍総理や麻生副総理がそんな事少しも考えていなかったとしたら、日本はマズイ事になる」と、悲観的に予測する人も居るでしょう。もちろん、私が楽観的な未来を思い描き、それをこのブログで公開したいから、それらしい情報を取捨選択しているというのもあります。ぶっちゃけ(笑)
このブログの読者様ですから、何となく気付いていた人も多いんじゃないかなー。
では、えい坊主さん式の悲観的未来予測と、真人式の楽観的未来予測、どっちが正しいの?という話ですが、どっちが正解でも構いません。目指す先は結局の所同じだし、伝えたい事も同じだし、安倍政権にやって欲しい事も同じです。
単に、どっちの予測の方が自分のやる気が湧いてくるかという、気分の問題じゃないですかね。どっちが正解とか、無いです(笑)

例えば――

えい坊主さんは「3.5兆円の経済対策」など、増税分のマイナスの前には雀の涙程度だと考えています。更に、追加でガンガン財政出動しますみたいな情報は今のところ出ていないので、その事を不安視する気持ちは非常によく分かります。最悪のケースを考えれば「3.5兆円も財政出動したけど、デフレ脱却しなかったね。しょうがないから増税で財政健全化しよう」という方針に舵を切る可能性もある訳です。
では私はどう考えているのかと言うと、同じく「たかが3.5兆円だけでデフレ脱却なんて事は無い」と考えていますが、一方で「景気浮揚の効果がじわっと見て取れる」程度の効果はあると考えています。つまり、「やっぱり財政出動には効果があるんじゃないか!もっとやろうぜ!」と、対抗勢力を黙らせる試金石とするつもりなのだろう・・・と予測しています。
で、この二つの見方ですが、視点こそ違うものの

・3.5兆円程度では足りない。
・追加の経済対策が必要だ。(だから、そうなるように動こう)


という『現実』に対する捉え方は何一つ変わらないんですね。アプローチの仕方が違うだけです。何か問題ありますかね。

この、3.5兆円の経済対策というのは非常に大事なのでもう少し掘り下げます。批判を覚悟で言いますが、残念ながら、三橋貴明さんや藤井聡さんが唱えるマトモな経済理論には、裏付けが足りません。権威が足りないと言い換えてもいいです。ポール・クルーグマン?だから何?誰それ?ぐらいのヌルい感じが現在の日本の現実です。
もちろん、ちゃんと経済の基本的な部分を理解した人であれば、それが正しい話だと分かるのですが、現段階では机上の空論扱いなのです。高橋是清時代とか、ちゃんと実績はあるとは言っても、多くの人にとっては「失敗したらどうなるのか分からないから、何となく恐ろしい。アホだから経済の事なんて勉強してもよく分からない。昔の状況をそのまま当てはめていいのか不安」・・・ま、無念ですがこんなもんでしょう。くどいようですが、それが今の現実。
だから、「高橋是清の時、効果があったように見えたのは、実は当時の諸外国の景気が密接に関わってウンタラカンタラ」とか適当な事を言われただけで、不安に押しつぶされてしまうのです。
誰だって、成功する確証が無ければ動きたくありません。責任を取りたくないからね。自分以外の誰かがやってくれる事を、多くの凡人は望んでいるのです。そうそう、一大決心を成し遂げる偉人にはなれんよ。

従って、「一発でデフレを吹き飛ばすような、何十兆、何百兆円の経済対策!」などは、ハナから実現する訳がないのです。確実に『現実(あるいは固定観念)を重視する現場の人達』の反対にあい、潰されてしまいます。そいつらの頭が硬いとか、勉強不足だとか、色々と言いたい事はあるでしょうが、現実がそうなんだから仕方ない。それを無視すれば、行き着く先は夢想家の烙印を押されて失脚・・・って所かな。
というか、本当にいきなりそんなんやられたら怖いやろ・・・「いい変化であれば、どんなに急激に起こってもいい!」という訳には、行かないですよね。現実は、ゲームじゃないんだから。魔王を倒したら魔物が一匹残らず居なくなって、みんなハッピー♪みたいな。アホか。

という訳で、ここを安倍政権の攻撃材料にされると面白くないから言わなかっただけで、「私たちが満足出来るレベルの、デフレ脱却に届くような経済政策」なんて、そんなに簡単には実現できないって事は、実は最初から考えていました。
(そして、この辺りに昨年末の選挙で自民党を負けさせるウルトラC、絶対に避けなければならないシナリオが存在していた訳ですが、アホなマスゴミやゴ民主は気付きもしなかったようですね。アベノミクスは失敗ダーとか、あんなんが通用する訳ねーだろ間抜けがwww

いきなり大規模経済対策は無理。ではどうするのか?諦める?そんなまさか。
答えは、例え最初は小規模でも、実際にやってみて、実績を積み上げるしかありません。
そうやって、信頼を勝ち取り、実効性を証明し、一歩一歩進めて行くしか無いのです。そして、その困難な道のりは、余計な邪魔を適当にさばきながらやれるような、簡単な作業ではない!と、私は考えます。
真面目な話、新製品開発後、即発売、初回ロットで大量生産とか、やる会社なんて無いでしょ?失敗したら在庫の山だぜ?化粧品なんかでも、モニターとか頼んで実際に試してもらいますよね?まずは小ロットで販売して、市場の反応を見るでしょ?当然でしょ?そんな商売の基本の基も分かってない会社とか、あるの?あったら潰れますよね?当たり前だよなぁ?(笑)

その最初の一歩としては、3.5兆円という金額は、まあまあ頑張った額だと思っています。これで何も変化が起きないという事は、さすがに無いでしょう。・・・無いよね?
しかも、実験場となるのは『現在の日本』です。効果が認められたなら、そしてそれが何度も繰り返されたなら、批判を跳ね返す強固な実績となり、今度こそ「大規模な経済対策を実施する根拠」になります。どんぐらい時間掛かるんですかねコレ(笑)と言いたくなるような、厳しい道のりだということは、覚悟していただくしかありません。しょうがない。だってそれが現実だから。

つまり、2015年は、2016年以降の飛躍の為に、「コツコツ実績を積み重ねる期間」なんですね。ここは、非常に重要です。
これまでは『計画』と戦って来ましたが、今年からは『現実』、あるいは『実績』との戦いになります。今まで以上にじっくり行かないと、コケます。現場の仕事がそんなにサクサク行く訳がないという、当たり前の事を胸に刻み、決して慌てない事です。
みんなだって、しょーもねー仕事にすっげー時間掛けてんだろ?俺もだぜ!<唐突に読者を挑発するスタイルw

ここはちょっと社会人らしく、「2015年はPDCAサイクルをキッチリ回して行きましょう(キリッ」、とか言ってみましょうか(笑)
2014年までに計画(Plan)されて来た事が、今年から大きく実行(Do)されますので。我々が特に力を入れるべきは、確認(Check)の部分ですな。どうせマスゴミが嘘報告満載の偏向報道をやりやがるはずなので、騙されないように準備を整えておきましょう。また、現実をありのまま受け止め、分析し、改善(Action)案を導き出し、その情報を発信、拡散する事が大切です。国民の声を政治家が無視出来ない状況を作り上げれば、可能です。現政権は、人の話を全く聞かない、どこかの政党とは違いますからね。そして、既にマスコミを通して語られる『国民の声』を、安部総理始め現政権の方々は、まったく信じていません。これも非常に重要。電凸などは、非常に原始的な手段ですが、超有効です。直接声を届ける。だから、伝わる。
そして、敵の嘘に騙されない為には、基本を固めて判断のベースを作り上げるしかありません。つまり、知識のベースアップになるような情報が重要になるのです。地力を付け、少しでも賢くなるのです。
なので、今年の記事はそういうのが多くなる・・・予定です。多分、きっと、恐らくは。やべえ、そんなに勉強の時間とか取れるんかな俺(汗)
ぶっちゃけ、私の予測の何が当たらないって、自分がどう行動するかが一番よく分かりません。昨年だって、あんなに更新が少なくなるなんて、自分では思ってなかったんですよ。一ヶ月も更新停止なんて、まっさかーwwwみたいな感じで、信じられないんですよ未だに。明日の私が何を考えているのか、まったく予測出来ません。今日の更新だって、ここまで書くつもりなんてさらさら無かったしね。まったく違う記事書いてたのが、えい坊主さんに刺激されて筆が乗っただけだしね。はっはっはっ。
り、臨機応変って奴だぜ・・・(小声)

飛躍のためには、その前に十分な土台を作る必要があります。
ですので、2015年はじっくり腰を据えて、現実と向き合いましょうね。やるとなったら、ジャンプ台なんてチャチなもんじゃなく、ロケットの発射台ばりにゴージャスな土台を、ガッシリ作り上げようぜ!

↓今年の道筋が見えてきた!と思った方はクリック。

政治 ブログランキングへ

コメント
明けましておめでとうございます、よはJでーす

今年もよろしくお願いします。更新待ってましたよ。さぞお忙しいのでしょうが、せめて週1回くらいは更新がほしい、と気楽な立場で言ってみます(笑)声はあげずとも、同じこと思ってる読者は数千人いると思いますよ。

真人さんのキレが増すのは世の中ヤバい方に向かっているときなので、そうでない方がいいに決まっているんですが、ないと寂しいものです(笑)
  • よはJ
  • 2015/01/15 12:48 AM
hinodeです。こんばんは。

一度スローダウンすると、再起動が大変な事は、よく分かります。

こまめに更新するのは大変だと、しみじみ思いますが、ペースを落とす恐怖も、同時に感じているこの頃です。

それでも内容が薄い更新よりはいいと思いますよ。
(私は言われていそうですが…)

参謀長の言われる通り、今年は未辛抱というところですね。
そして消費税増税再延期を勝ち取れるように、頑張りましょう。
カンタム、行きまーす!

過去問って大事だよね!塾講師のバイトの時、よく言いました。大学の教授も人間なので、毎年入試問題を作るのはめんどくさい…もとい、そんなに暇ではない!ということで、だいたい8年周期で似たような問題が出題されてます。もちろん、まったく同じではなくて捻ってはありますが。
1935年頃、日本経済はだいたい同じような問題に悩んでいます。もちろん80年前にネットはないので、まったく同じ環境ではないですが、せっかく高橋是清翁ががんばって模範解答を作ってくれているのだから、参考にしない手はありません。
「過去を直視する」というのはこういうことを言うんじゃないかな?
  • カンタム
  • 2015/01/15 3:23 AM
かけ算と 百分率を 知らぬ奴
  • パクの細道
  • 2015/01/15 9:17 AM
今回の補正予算、少ねー!!
って声も多いでしょうけど、プライマリーバランス目標で足枷がある間はこれ以上は難しいです

突破するには
ゞ睛酸策の後押しにより、更に自然増収を高める
特会などの資産から捻出させる圧力を財務省にかける
デフレ脱却までPB目標撤回
※ハードル高い順

となります。
この目標も、民主党の置き土産(毒物)です

菅官房長官は、この目標は撤回したかったと、インタビューで答えてますし、
麻生さんもリーマンショック後に目標を凍結してました。
現政権はこんな目標は不景気時には不要というのは百も承知でしょうが、正しくてもやりたくても原発再稼働や憲法改正が出来ないのと同じく、世論が味方するまでは凌ぐしかありません。

誰もが反対せずに導入出来そうなのが、外為特会の利用です。

資産を活用しての財政出動は、プライマリーバランスに影響しません。
  • べてらんず
  • 2015/01/15 10:58 AM
財務省主計局が増税推進なので消費増税を延期できたとはいえ油断できない
ここは予算編成権を持っているので力が強すぎて並みの政治家じゃ逆らえない
安倍さんは頑張っていると思う
  • 2015/01/15 9:25 PM
お疲れさまです。
じっくりコツコツの年になるんですね。
私も真人さんほどではありませんが、激務っぽくなってきました。
たまに寄せていただきますので、じっくり更新お願いします。
  • きいろ香
  • 2015/01/15 11:35 PM
【朗報】自殺者がリーマンショック以前の水準に!
例によって、左傾斜のきつい新聞は「中高年の数が減っているので、自殺者が減るのは当たり前」という解説をしていました。
そんなにアベノミクスの効果を認めたくないんでしょうか?
歳を取っても、家族を食わせられないという悩みはあると思うんですよ。それがなんとか暮らしていけることになった。良いことだと思いますが!
  • カンタム
  • 2015/01/16 4:48 AM
まだないでぇ~す(・∀・)ノ

経済論、これは理解が深く無いと統計数値やグラフで騙され易い。
過去の先人達は経済知識を持たずして如何に経済を見てきたのか?
私の母親は街の活気が基準だったと言います。
例えば4年前のデパートでは、お客様よりも従業員の方が多かった。
でも今のデパ地下では人が沢山並び、万券が行き来しているそうです。
母は、自分はお金が無いけれど、流通は動いているんだと言います。
こんなささやかな素人意識でも、経済状態は順調だと感じている様なのに驚きです。
こんな事も言っていました。
貧乏人は大した買い物をしないから税金が上がっても気にならないと。
なんたる大雑把よ!
でも、国民はこれ位、気楽な方が上手く行くのかも知れませんw
  • まだない
  • 2015/01/16 11:50 AM
まさしく真人様のご指摘の通りだと思います。特に前半は我慢の連続になるでしょう。しかし、今月22日には在日が晴れて「韓国人」となり7月8日にはついに通名が廃止されます。そして慰安婦問題での朝日・植村・河野etcの「処刑」と「安倍談話」での特亜粉砕で日本復活!

ということになればいいのでしょうが・・・
このあたりは私たちの「覚悟」が問われるところでしょう。いつまでも安倍政権に頼りっぱなしではなりません。それでも現在のところ安倍総理にしか「戦後レジームの脱却」を成し得る政治家はいません。

そんな中、数研出版(だったかな?)の教科書から「従軍慰安婦」と「強制連行」の文言が削除されるとのこと。小さいことかもしれませんが長い目で見ればとてつもなく大きい一歩だと思います。

よくよく考えてもみてください。嘘の歴史に基づいて子供たちに(大人もか)自虐史観を植え付ける国に外国人は魅力を感じるでしょうか?投資しようと思うでしょうか?そう、経済復活の前にこそ真実の歴史、教育を取り戻さねばならないのではないですか?もちろん経済は大事ですよ。でも、正しい歴史を取り戻さないまま経済が復活してもまたすぐにそれは失われます。日本が少しずつでも強靭な国家になるためには「偽」を「真」に変えねばならないのです。日本には美しい「真」があるのですから、堂々とそれを取戻し後世に伝えてゆくべきです。

確かに消費増税は家計に厳しいです。しかし、戦後数度訪れた好景気でも日本が完全復活を果たせなかったのは何を隠そう「偽りの歴史」を押し付けられてきたからです。

個人の価値観に基づき仰りたいことは色々おありでしょうが、まずは教育から立て直していきましょうよ。いつまでも英霊は「侵略者」でいいのですか?「戦争賛美の象徴」でいいのでしょうか?あともう少しの辛抱ですから。来年以降のためにもあと少し、一緒に頑張りましょう。
  • 暇人
  • 2015/01/16 11:14 PM
うららです

☆今年読みたい本

真人著
「死ねばいいのに」

名言だよね〜(笑)。

内閣改造の日にアポなしでやってきて、安倍ちゃんが会ってくれないと火病る沖縄県知事。

総理になったら官邸をクラブハウスにして貸し出すと言う山本太郎。

「今年の流行語大賞はアホノミクスだ」と今から宣言しているやくみつる。

伝統ある東京の出初め式にわざわざソウルの消防署員を呼び「日韓友好」だと息巻くハゲ。

きな臭い外国人記者クラブで名誉毀損を訴える元朝日新聞記者。

あーだこーだとウザイ大阪。

関口・岸井はじめ各局キャスター・コメンテーター・電波評論家・論説委員・知ったかぶりの女優・作家・医者・弁護士・外タレ・バケモノ〜etc。みんなまとめて

死ねばいいのに。

父がよく「軍隊(旧日本軍)はすごいよ」と言ってました。何をやるにしても必ず部隊内に専門家がいる。魚屋もいれば大工もいる。できないことはないと。

ネットも同じだよね必ずどこかで専門家が見ている。思えば小保方さんの論文の誤りを指摘したのも、小6詐欺を看破したのもネットだった。私もネットの軍隊蟻の一匹になろう。

真人さん・皆さん
今年もどうぞよろしく!。
  • うらら
  • 2015/01/17 1:25 AM
カンタム、行きまーす!

先の衆院選でネットを参考にしない79%?!
毎度おなじみのマスゴミの記事なので、そんなことはないと思います。しかし、最悪の事態を想定しておくことが、危機管理の第一歩!まだ、ネットで調べてまで投票する人は少ないことを想定して動くべきでしょう。
「算数の勉強になる消費税」とか「小学生でもわかる公共事業」とか考えています。
日韓知事会が開かれるそうですが、舛添都知事の最期の晴れ舞台とすべく、リコールの調整中です。バラバラに動くのはまずいので。
  • カンタム
  • 2015/01/17 3:20 AM
朝鮮が 報道自由 挑戦し
  • パクの細道
  • 2015/01/17 3:59 PM
お疲れさまでーす。更新おめ、ついでに新年おめ。経済の事もたいへーんですが、在日の事もたいへーんな年になりそうなので、安倍そーりはたいへーん頑張っておられると思ってます。マスゴミはマスゴミでしかないので
我々ネット人が一般人になるべく正確な情報を教えるしかないと言うこれまた前時代的な感じに、いやはやもどかしい・・・

「梅一輪、一輪ほどの暖かさ」
玄関の花瓶の梅の木を眺めながら、膨らんでいく梅のつぼみのようにぼちぼちといきましょうと思ったり・・・
今年もよろしく!
  • mannma
  • 2015/01/17 10:45 PM
久しぶりの更新待ち望んでいました。
やはり、真人さんの記事を読むと勉強になり、納得でき、なにより爽快になれます。
今後も更新楽しみにしておりますのでマイペースで更新ください。


  • umio
  • 2015/01/18 1:37 AM
カンタム、行きまーす!

割と冷静なウィーンの新聞
パリやベルリンではなくてウィーンなんです。ハプスブルク帝国の都としてオスマン帝国(皇帝がイスラム教カリフを兼任してました)と500年もの間、戦争と交渉を続けてきました。ある程度はイスラム教徒との付き合い方を心得ているのですね。かたやパリやベルリンが本格的にイスラム教徒と接触するようになったのは、戦後のことです。
歴史の重みですね。
  • カンタム
  • 2015/01/18 3:30 AM
カンタム、行きまーす!

やはり「実績」とか「先例」のない企画は通りにくいですね。本当に匍匐前進ですね。
  • カンタム
  • 2015/01/19 4:16 AM
吾輩はネコウヨである。
教育改革、これこそ本格的に取り組むべきでしょう。子供たちに自信を与えることにより、子供たちは問題に取り組む気概を身につけるのです。
大人も日本の国柄、国力に今一度自信をもち、匍匐前進です!
  • ネコウヨ
  • 2015/01/19 2:26 PM
挙党ぞな そんなに議員 いるのかい?
  • パクの細道
  • 2015/01/19 3:36 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM