<< 朝鮮半島の選択 | main | 毒はシロップに混ぜて >>

2018年総括

いつも応援ありがとうございます。

政治ランキング

 

お久しぶりです。
お久しぶり過ぎてブログの書き方忘れました(白目)

えーと、前回の更新が、2017年の4月・・・という事は、今回の更新は一年どころか、一年と八ヶ月ぶりになっとるやないか!(驚愕)

いや実際、ブログ記事の投稿画面になかなかアクセスできない(IDとパスワードを完全に忘れている)とか、記事の投稿画面が俺の知ってる時と違うとか、政治ブログランキングのバナーってこんなんだったっけ(以前と違ってる可能性マシマシ)とか、色々あって非常に戸惑っていました(笑)

おかげさまで、「久しぶりのブログ更新だけど、これが僕からのクリスマスプレゼントですよ!」とか言ってお茶を濁す予定が狂っちまったんだよなぁ・・・(現在12月26日から27日に日付が変わった所。二日遅れやんけワレェ・・・)

ま、まあ、そうは言ってもここ二年ぐらいは、本当に敵(反日勢力)が弱かったですからね・・・マジでクソ雑魚ナメクジゴミ以下クソ野郎でしたからね。更新の必要性を一切感じなかったってのもあって、ブログからは完全に離れていたんですよね(言い訳)
実際僕なんか居なくても、みんな安心して政治を見ていられたのではないでしょうか。何も知らない人なら心配するような事も、このブログで情報リテラシーに目覚めた人から見れば・・・ねえ?

マスゴミwww
パヨクwww
バwwwかwwwんwwwこwwwくwww


みたいな感じで草を生え散らかしていたのではないでしょうか。ハイ、というわけで2018年の総括行きます。

1.盤石な安倍政権

え?石破茂?誰でしたっけソレwww
というレベルで安倍総理の勝利で幕を閉じた自民党総裁選でしたが、実はアレがパヨクやマスゴミなど反日の人たちの最後の希望でした。
本来であればモリカケで安倍総理は求心力を失っており、そこに颯爽と登場する石破候補が政権を掻っ攫っていく。というのが、マスゴミの考えたあるべきストーリーだったんですねぇ。そして、悪しきアベ政治を弾劾し、民主党政権時代の売国政治に回帰して行く・・・

そんな都合のいい妄想が、実現する訳ないだろ!(爆笑)

と、まともな人であれば誰もが思っていたと思いますが、それを本気で実現させようとしていたのは、当時の報道を見ればわかる通りです。石破が負けた後も、安倍に反対意見を示した層に理解を示せとか、見苦しく喚いてましたけど。もう、そんなんに惑わされる安倍総理じゃないんだよなぁ・・・

おそらくですが、後で触れる韓国の徴用工(募集工)賠償判決なども、石破総理(なれなかったけどw)ありきで突っ走った結果だと思われます。馬鹿だなぁ・・・馬鹿だなぁ(大事な事なので二度ry

とは言え、マスコミの情報操作力全盛期であれば、これは恐らく実現していたはずなので、一概に馬鹿にする事も出来ないかも知れませんね。今年の政権続行をもって、私はマスゴミの信用がようやく死んだと見ています。思ったよりはしぶとかった。でも、事ここに至っても自分の力の弱体化を分析出来ないようじゃ、もう駄目ですね。
そして、最大の味方であるマスゴミが死んだ今、反日野党やパヨクなど、同じく死んだも同然となっています。マスコミお得意のマッド編集による野党カッコいい反政府活動カッコいいイメージ戦略が通用しなくなった時点で、息が止まるのは当然ですね。実際のところはクソダサい訳で、こんなのに憧れる訳ないんだよなぁ・・・
後はテロなどの武力反抗や、サイバー攻撃などの強硬手段を警戒しておけばよいでしょう。

安倍総理の国内政策については少々言いたい事もありますが、今は外交最優先で全力を尽くさなければならない時期なので、そこはある程度目をつぶらなければしょうがない部分もあると思っています。というのも、今は身内で揉めているような時間なんてありはしないのです。だからある程度「よくないと分かっていながらも、好きにさせざるを得ない」といった面があるように見えますね。
でもまぁ、現在の外交を維持しつつ安倍政権よりも良い国内政治を行えそうな所って、無いよな(身も蓋もなし)
現状を見るに、今は国外で『新・世界統治機構の再編』とでも呼ぶべき、言うなれば国際連合の次の枠を作るような大仕事をしているようなので、総理の力が国内にまで及びづらいのは致し方ないかと。正直、国際連合なんて常任理事国に中国ロシアが含まれてる時点で話にならないんで。
ちなみに、新機構はTPP+アメリカが基礎になると思いますので、そこに参加している国、参加していない国については要チェックや!(特に、『参加したいと手を上げているのに無視されている韓国のような国』は、より注意する必要があるでしょう)
次の覇権国は、アメリカ、イギリス、日本、インド、あとどっか適当みたいな感じの所が中心になるでしょうね。EUは入って来れるかな?どうかな?無理そうかな?ヨーロッパに幻想を抱いている人は今でも多いと思いますが、そういった勘違いも含めてぶっ壊して欲しいなぁ、と思ったり思わなかったり。特にフランスとかいう欧州の朝鮮は氏ねと思ってます。

 

ちなみに、ちょうど今日発表されたIWC(国際捕鯨委員会)からの脱退発表は、こうした動きの表れだと思っています。もう欧米諸国におべんちゃらかます、敗戦国として我慢する日本である必要は、無くなってきたってこった。クソの役にも立たん国際組織はどんどん消えて、どうぞ。


『移民法』などと批判を受けている、入管法改正についても軽く触れておきたいと思います。
これねぇ。「また移民を増やすつもりか!?日本が移民国家になってしまう!」という批判はずれているように感じていまして。見ての通り、何もしなけりゃ自然に増えまくっている現状ですので、今更移民が増えると言われてもなぁ・・・。そんな事よりも、今回の改正は『難民(非移民)をシャットアウトする』事を目的としていると思います。現在の入国管理局はザルもいいとこなんで、ここに梃子を入れたいんですよね。不法入国難民の扱いの難しさは、アメリカを見ていれば嫌という程わかるでしょう。
敢えて移民法と呼びますが、なぜこれを早期に通す事にこんなにも一生懸命だったのかと言うと、来年あたりに滅びるかそれに近い状態にまで悪化するであろう某国からの難民を受け入れない為の準備だと考えています。移民労働者の基準がどうのこうのと言われてますが、流石に難民は範囲外やろ(笑)

受け入れ予定の諸国の中に、例の国は見えないですしね。これはもう間違いないと思ってもいいんじゃないかな。
これについては詳細の続報を待ちたいと思っています。

あと気になる消費税の増税は・・・来年の某国崩壊でリーマン・ショック級の経済的ショックが起きて延期の線が濃厚。ここは時間を稼いでおいて、国外のゴタゴタが終わった後対応すればいいでしょう。これ、正直某国崩壊から、中国の不動産バブル崩壊が連鎖的に起きたりとか、色々とやべー事になるんじゃないかと予想しています。
大規模経済ショックからの復帰の為、というお題目があれば減税もやりやすいでしょう。

なお、こんだけ見える地雷がある中で投資をする人は・・・まぁ、悪いんだけど、死ぬべくして死ぬんだとしか・・・ねえ?

2.日米関係、米中関係、米韓関係

米国が中国を倒すために動き始めましたね。それに伴い、従来以上に日米関係は重視され、逆に米中関係、米韓関係は冷えまくっています。韓国は中国北朝鮮の一部と見做されましたので、米韓同盟なども速やかに解消したいのがアメリカの本音でしょうが、それをアメリカから言い始めるとややこしいんですよね。だから、アメリカは韓国を追い詰めて、自分から同盟破棄を言い出させる事で、韓国を国際的な悪役に仕立て上げようとしている訳です。トランプ政権になってからはこの動きが顕著ですね。
で、アメリカがここまで韓国を切り捨てる意思を固めたからこそ、日本も韓国に対して冷たい対応をできるようになったという訳ですな。いやぁ、ここまで長かったですね。まあ、そういう方向にアメリカを誘導したのも日本なんですけどね。(ヒント:慰安婦合意)

北朝鮮についても一応触れておくと、あそこが核廃棄の約束を守らない事なんか最初から分かってましたし、韓国の文在寅大統領が北朝鮮への制裁解除を欧州で呼びかけたりしたのも片っ端から日米に釘を刺されて頓挫してますし、もう滅びの道しか残ってないでしょう。準備が整い次第、強烈な制裁で終了のお知らせが届くと思いますよ。滅びというか、最貧国としてあり続ける感じかな。
韓国なんていう、味方にするとゲロより弱い国を頼ったのが悪い。お前ら同じ民族なんだから無能だって理解しとけよ。何が南北会談だかw

米中貿易戦争について。
先日の米中首脳会談において、知的財産権の窃盗などへの対応に関して、中国に対して90日の猶予を与えたとありましたが、ぶっちゃけ90日後に中国が、アメリカが納得する対応を行う事は不可能です。

「お前らは悪いことしたワケやが、お前らは何が出来るっちゅうんじゃ?お詫びの仕方は分かっとるんか?ん?」と脅されている図であって、こんなんアメリカの胸三寸やんけ(笑)

よって、来年の3月には制裁というか、関税は更に強化され、中国を衰退へと追い詰める展開になるでしょう。ただ、急にやると周辺の被害もでかいんで、何とかじわじわ追い詰める感じになると思うんですが、某国崩壊の余波がなぁ・・・中国は果たして生き延びる事が出来るのでしょうか。

逆に言うと、アメリカがここで中国に仲裁案的なものを提示するとすれば、それは時間稼ぎをしたいという意図があるものと分かります。最終的な勝者がどちらになるのかは目に見えていますので、あまり心配せずに展開を見ていればいいと思います。
ちなみに、中国は弱くなったら、多分革命が起こったり分裂したりすると思うよ(他人事)

3.韓国について

正直に言います。私が世界で一番警戒している国は、韓国です。この国以上に日本にとって致命的な国を、私は他に知りません。

日米にとっての最大の足かせは、中国でも北朝鮮でもなく、韓国です。味方のフリをした敵のスパイで、かと言って表立って断罪する事も一応味方陣営の為難しく、下手に対処して国際社会の中で日米の信頼が揺らぐと、中国やロシアが調子に乗る・・・と、絶妙にウザいんですよね。
表向きの友好のもと、工作員も日米国内にウジャウジャと潜伏している、まさしく獅子身中の虫。
よく扱ってやればどこまでも調子に乗り、悪く扱えば被害者ぶって徹底的にマウンティングしてくる。こんな疫病神みたいな国、他にどこがありますかね。(いやない。反語)
よって、ここをどう処理するかが、今後の世界を論じる上での最重要項目だったわけです。安倍総理は、ここ三年ぐらい、韓国の対処に一番力を入れていたと思う。マジで。世界各地で高評価を受けている安倍総理ですが、そっちは片手間ぐらいだったと思います。普通にやってれば普通に評価されるという、当たり前の事が起きただけなので(笑)

皆さん、韓国なんて大した国ではないと思ってるだろうし、実際大した国ではないのですが、その国と関わることで抱えるリスクは想像を絶するレベルです。データ上はどうでもいい国なのですが、絶対に軽視してはいけない国なのです。そこの認識を未だに甘く見ているというか・・・あんまりわかってない人が多いのは、正直歯がゆい限りですね。でもいいの。安倍総理は分かってくれてるから(笑)

韓国の現在の苦境に至る日本からの初手は明らかで、それは慰安婦合意です。当時の保守派には、なぜ韓国に十億円などという大金を支払わなければならないのかと批判していた人も多かったですが(そして、その意見は原則的には正しいのですが)、その後に起きたことを考えれば安倍総理にはこう伝えねばならないでしょう。

グッジョブ!

まず、韓国が十億ごときの端金で約束を守り、矛を収めてくれると思っている人は、当時からいませんでした(笑)
ですので、究極的にはあの一手は、「韓国を民主主義国家の裏切り者に仕立て上げる為」の一手だったんですね。もっと言えば、アメリカに韓国を見捨てさせる為の一手です。慰安婦合意の時点ですでに、日本としては韓国という国を見限る基本方針は決まってたってワケ。そして、その顛末をアメリカに見届けさせる。あんなグダグダを見たら、誰だって韓国とは付き合いをなくしたくなるでしょう。アメリカを韓国外しの味方に引き込む事が最大の目的でした。アメリカが韓国に気を使えと言い続ける限り、現在のような状況は永遠に来なかったでしょう。

そういう意味で、ヒラリーではなくトランプが大統領に選ばれたのは、本当によかった。マスゴミがクソなのは日本に限った話ではないので、トランプ大統領の悪評に関しては話半分で解釈すべきだと私は考えています。

実際、韓国は約束を守らず、慰安婦像は撤去せず、元慰安婦への賠償も片手落ちで、挙げ句に一方的に慰安婦財団(正式名称なんだっけw)の解散を日本へ通達しました。後にこうされる事をわかった上で、安倍総理は慰安婦合意を結んだ訳ですね。こうして日本は「合意を守れ」という、これ一言で韓国との交渉をすべてシャットアウト出来る魔法の言葉を手に入れました。これを繰り返す限り、アメリカも韓国への呆れを強めるというおまけ付き。
よって、韓国は表面上だけでも、合意を守ろうとする姿勢を見せなければなりませんでしたが、どうせいつもの日本のように最後には折れてくれると思ったのか、それさえもしませんでした。そこが最後の分水嶺だったんだよなぁ・・・
ちなみに、朴槿恵元大統領には、それをやろうとしていた形跡がありました。それを引きずり下ろした時点で終わった訳ですね。でも、彼女を引きずり下ろしたのは他の誰でもない、韓国の人たちなんで。日本は関係ありませんので。

韓国に対する有効な対応は、たった一つしかありませんでした。無視すること。ソレ以外は何をしても悪い結果が降りかかるという、本当に史上最悪の国なんです。その点で、私は韓国を非常に評価しています。断じて甘く見てはいけないのです。
例えばですが、一部の人が言っていたように、日本が韓国へ経済制裁を早い段階で開始したらどうなるか?アレらはあること無いこと世界中で大騒ぎして、その風評被害を撤回する為に日本は少なくない労力を取られる事になるでしょう。切迫した現在の世界情勢の中、そんなのの相手をしている暇は一欠片もありはしないのです。時間を稼がれるだけで害悪。よってすべての準備が整うまでは、無視以外の選択はありませんでした。
韓国は現在、あの『最終的かつ不可逆的に解決した』合意を白紙に戻し、その上で日本からの譲歩を求めたくて仕方がない訳です。ところが日本は取り付く島もない。しかも、日韓漁業協定や日韓通貨スワップなど、これまでの韓国を支えてきた日本という国の力を全く借りれない状況になった事で、見る間にメッキが剥がれて行きました。これが無視の効果です。

慰安婦合意によって慰安婦という最大のカードを失った韓国(と、それに協力するマスゴミ)は、徴用工問題という新たな問題を作り出してしまいました。
さすが、最悪のタイミングで最悪の行動をする国と有名なだけあります。何故なら、そこを問題視するとなれば、日韓基本条約、日韓請求権協定という、日韓の国交を樹立する上で最も基本的な、言うなれば土台を揺らす事になるからです。国交断絶に容易に結びつく案件だと言うのに、当時のマスコミや韓国の人たちは、そこに気づいた人は居なかったのかな?さてはお前らアホだな?(確定)
それでも、いつもの慰安婦プロパガンダみたいに、ありもしない歴史の石碑を作るぐらいで満足しておけばまだマシだったのですが、2018年11月、ついに戦犯企業(笑)である新日鐵住金に対して、最高裁判所から賠償命令が出てしまいました。朴槿恵大統領は、文在寅よりは世界が見えていたため判決を引き伸ばしていたのですが、無駄な努力でしたね。
同様の裁判はまだまだ控えており、さあこれで日本企業の財産を差し押さえして、当座の資金は心配なくなるぞとウキウキしたのも束の間、四方八方(それこそ日本の朝日新聞ですら)から「ザッケンナコラー!国際社会にケンカ売っとんのかワレー!」と言われ、日本政府からは「それは、日韓請求権協定を破棄するって事でいいんだな?ん?」と凄まれ、「韓国が国としての見解を発表するまで話す事は何もない」と無視され、河野外相は世界中で「韓国は国際法を守らないならず者国家だ。いや、すでに国家かどうかすら怪しい(意訳)」と喧伝し、これまで散々韓国で蜜をすすったであろう財界からも「これ、韓国で商売するのは無理なんじゃね?」と存在自体を疑問視され、来年1月には国際司法裁判所へ提訴すると日本政府から発表され・・・と、ここぞとばかりに攻め込まれています。
これに対する現在時点での韓国の回答は「未来志向で・・・日本が我慢して・・・経済と政治は別のツートラックで・・・日本は加害者なんだから発言は控えて・・・」と、まるで話になりません。これを受け入れるのは石破茂とかいう総理になれなかったマンm9(^Д^)のような愚者だけでしょう。

何故ここに来て急に事態が動いたのかと言うと、2019年をもって韓国を滅ぼす準備が整ったからですね。結果として滅びるかどうかは知らんけど、別に滅んでも困らないぐらいの環境づくりは終えたという事。はいお疲れー。
という訳で、前半話していた戦略的無視の時間は2018年で終わりです。2019年は皆さんお待ちかねの制裁の時間です。
先の入管法改正の話で、難民としてなだれ込んで来られると困る某国とは、なんと韓国のことでした!(周知の事実)

来年は、ICJに提訴されたり、日本との関係がなくなったり、在韓米軍が撤退してアメリカとの関係もなくなったり、北朝鮮と同一視されて経済制裁されたり、色々と楽しいイベントが目白押しだと思うけど、どうか強く生きて(届かぬ願い)

個人的には、2019年4月〜5月ぐらいに制裁の効果が出てエライことになって、韓国の滅びの始まりを眺めつつ平成が終わる・・・みたいな展開を予想しています。平成が終わり、新年号が始まる。その裏で韓国は死ぬ。日本は未来へ、韓国は過去へ。これが美しい因果応報のストーリーの流れというものですよ(笑)
何故かは知りませんが、事件というのは起きる時は重なりますからね・・・

一応・・・韓国が生き延びるために今から出来る事を書くとすれば・・・文在寅政権主導で国内の反対派をすべて黙らせた上で(重要)、国際法を逸脱した賠償判決を否定し、韓国政府が全て責任をもって賠償を行い、日本とアメリカに全力で許しを乞い、在韓米軍の引き上げを阻止するべく軍事負担増額などもすべて快く受け入れ、慰安婦財団の解散宣言を取り消し、世界中に散らばった慰安婦像(国際法違反の日本領事館前のヤツは最低限として)を撤去し、誤った歴史を喧伝していた事を認めて世界に向けて頭を下げ、中国や韓国と決別して西側諸国の立ち位置を明確化して、竹島もちゃんと日本に返して、旭日旗にいちゃもん付けた事も謝って、借りパクしてる仏像も返して、逆上するであろう韓国民を制圧して、その上で日本国民が韓国にもう一度チャンスを上げてもいい思うぐらいに世論が巻き返し、安倍総理やトランプ大統領が韓国に存在価値を認め直して、日米からの経済援助を受ける事が来年の2月ぐらいまでにできれば、ワンチャン助かる可能性が5%ぐらい出てくるんじゃないかな。

最初の段階からもう無理なんですけど、そこにダメ押しの自衛隊哨戒機レーダー照射事件である・・・あの人達は、アレか。自死に向かって突き進まないと気が狂う病にでもかかっているのか・・・(かかってます)
見ての通り、今の韓国政府に力は無く、事実上の無政府状態みたいなもんなので、これは案外簡単にクーデターからの軍事政権立・・・という動きが成立してしまう可能性もありますね。そうなると日本は対馬侵略を警戒しないといけませんが、果たしてどこまで切迫した状況になるのか?これは、今後の動向を見ながら判断せねば、という所。憲法改正の呼び水になるような気もします。

それでも日本はもう韓国を助けたりはしないから。
韓国の裁判所が資産差し押さえを執行するのも来年早々になりそうな感じですし(それを止めるべき政府があのザマじゃねw)来年は開始から大荒れに荒れるでしょうね。韓国の滅びは我々が思うより目の前にあるようです。

ここまで言えばわかると思いますけど、レーダー照射に対する制裁などについて、具体的な話がなかなか出てこないのは、タイムスケジュールをずらしたくないだけなんで。日本は韓国を来年から滅ぼしに掛かると決めているようなので、まだ2018年の年末なのに余計な事すんなと思ってると思います(笑)

2019年は、アメリカは中国と、日本は韓国と、それぞれ激しい戦いを繰り広げる年になると考えています。

これは・・・更新頻度を・・・増やさんといかんかも知れんな・・・(白目)

という訳で、久しぶりのMGRブログの更新はいかがだったでしょうか。
不定期更新とは言うものの、少しは更新して行きたいと思ってはいるのですが、私生活の方が仕事の関係等でなかなか時間を取れず・・・という訳で、次の更新がいつになるかはお約束出来ませんが、今後とも応援していただければと思います。来年は・・・今よりはマシになるはずです。きっと恐らくは。もちろん、国際情勢がのっぴきならない状況になったとなれば、更新したいとは思っています。


っていうか、一年八ヶ月も放置してたブログが、政治ブログランキングで50位〜60位ぐらいを今でもウロウロしてるのってすごくない・・・?すごくなくない・・・?

↓それは読者の皆様のおかげ、と思った方はクリック。


政治ランキング


コメント
ぎ・・・・・、
ぎ・・・・・・、
議長−−−−っ!!!!!

おかえりなさーいい!!!
1年と数か月、
「名探偵コナンで
 工藤新一君を待ち続ける
 毛利蘭ねーちゃん」の気持ちで
ずっとお待ちしておりました!!!

お書きになられる内容は、
さすが「乱世にこそ輝く伝家の宝刀」。
1文1文がすべて内容が含蓄に富んでいて、
密度が濃いです!!

今から何度も何度も読み返して
ちゃんと理解できるように頑張ります!!

そして2019年(しかも結構早い時期)は
勝負ということで間違いないと思います。

ネットにウヨウヨ居る日本人の気持ちを集結させて
一致団結させるためには議長の記事が一番だと思います!!

議長、来年もよろしくお願いします!!
オカエリナサト。

いや、自分の記事がゴミに見えてくる、いい記事でした。
私ではうまく表現できなかったもやの部分が、霧が晴れたように書かれた内容です。

まるでお釈迦様の手のひらで暴れまわっていた、孫悟空の気分です。
(それも、自意識過剰?)

真人様の記事は、本当に羅針盤の役割を果たしていると感じます。

参考にさせていただき、至らないところを修正していきますね。
気長に次の記事を、お待ちしています。
チャロチャロ様のブログでこちらの更新を知り、飛んできました!!
今回の考察も内容は鋭いのに、ユーモア沢山で笑ってしまいました。
やはり私は真人様の文章が好きです。
私生活がお忙しいとの事ですので、無理をなさらず毎日をお過ごし下さいね。
  • たかさお
  • 2018/12/27 9:48 AM
正直、久々のブログ更新で、前提条件をすっ飛ばして結論が異次元ワープしていると感じられてしまう箇所があるかもなので、わからない所があればコメント欄にて質問ください。年明けにいただいた質問には答えたいと思います。
  • 真人
  • 2018/12/27 7:11 PM
待っていました☆真人さんお帰りなさいませ〜

また明日ゆっくり読みます、取り急ぎ嬉しくて♪

  • やすこ
  • 2018/12/27 11:54 PM
真人様
ブログの更新、有難うございます。
この年末年始は諸事情から一時帰国出来ないのですが、こちらのブログ更新のお陰で、年の瀬に予定外の嬉しい事がパッと起きた様に、今感じております。
充実の内容で、私の場合、きちんと理解するために何度か読みかえさなければ…。
朝の仕事がひと段落しましたら、パソコンを開き大きな文字で熟読いたしますね。
コメント欄の皆さまからも、勉強させていただきます。
  • middle east
  • 2018/12/28 8:59 AM
議長、おかえりなさーい(&#3665;>&#9697;<&#3665;)!

入管法も慰安婦合意も、反射的に腹が立つよりも「なんか不自然なことするなぁ…?」という引っ掛かりは感じてたのですが。そういうことだったんですね、スッキリ〜☆*:.。. !。

これから、じっくりゆっくり読んで勉強させて頂きます。
次回更新はいつですか?いつですか?。
楽しみにお待ちしてます(^-^)/。
  • kaju
  • 2018/12/28 11:47 AM
お初に書き込みさせて頂きます 久しぶりの更新ですが本当に面白い事が書いてあるので(良い悪いは別にして)楽しませてもらっております 次の更新お待ちしています!
  • BLUE
  • 2018/12/28 5:33 PM
お久しぶりです!\(^o^)/
お帰りということは、本当に迫っているのですね。
覚悟しなくちゃ、ですね。
  • よっちゃん
  • 2018/12/28 8:40 PM
うわ〜!
真人様、お帰りなさいませ!
待ってました!

更新ありがとうございます!!
平成が終わると共に激動の予感。。
真人様に導いて頂けて心強いです!
  • こもれび
  • 2018/12/29 1:32 AM
だって毎日見てますもん!
  • 縷々
  • 2018/12/29 9:32 AM
チャロチャロです。

失礼します。
先日公開された防衛省による
「火器管制レーダー照射事案」の動画、
どうやら検索エンジンで探すと、
他者が再編集や短縮、前後入れ替えを行ったバージョンの動画が
優先して表示されていることがあるようです。

そこで、記事本文の意趣とは異なりますが、
ここに、防衛省が公開した動画のアドレスを直接書きます。

それぞれのアドレスの冒頭に
「半角大文字の『HTTP』4文字」を足してください。

(日本語字幕版)
韓国海軍艦艇による火器管制レーダー照射事案について
s://www.youtube.com/watch?v=T9Sy0w3nWeY

(英語字幕版)
Regarding the incident of an ROK naval vessel directing its FC radar at an MSDF patrol aircraft
s://www.youtube.com/watch?v=s93-l68D3Eo


なお、日本防衛省の動画チャンネルの動画一覧はこちらです。
ここからでも例の動画を探せます。
s://www.youtube.com/user/modchannel/videos

あと、このコメントの「チャロチャロ」の名前をクリックすると
s://ameblo.jp/charocharo01/entry-12428673887.html
に移動するようにしておきます。
こちらにも、上記の動画を掲載しておきます。

皆様、是非マスゴミフィルタを通さない、
純粋な一次ソース動画をご覧ください。
そして、動画のアドレスがわからない方がいたら、
ぜひ上記アドレスをご案内ください。
お帰りなさい。
やっぱり、あなたのブログは面白いです
来年はジャンジャン書いてください。
お願いします。
  • ぽち
  • 2018/12/30 2:35 AM
定期的にここにアクセスして、更新を待っておりました。うれしい。

zakzakですから話半分ですけど、

レーダー映像公開…日米、韓国に金融制裁の可能性も? 米政府関係者「われわれが離れるとき韓国は焦土化する」
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181229/soc1812290002-n1.html


これこそが我々が望んでいる事ですよね。

潰すときは一気に。
そして韓国のような邪悪な国は、本来の生活水準である李氏朝鮮(石器時代)に戻ればよい。

と強く思います。
  • おひさ
  • 2019/01/01 2:01 PM
久々の更新 本当にありがとうございます。
このブログは、社会情勢を理解する上での羅針盤です。

うのみにせず、なるべく自分でも考えるようにしたいものですが、
やはり要所で投稿していただけるとうれしいです。

とにかく、本当にありがとうございます!。
  • P.B
  • 2019/01/01 4:34 PM
あけましておめでとうございます。
遅ればせながら、お帰りなさいませm(_ _)m

記事更新、首を長くしてお待ちしておりました。
新年早々、読んでスッキリ(^^)
と言いますか、読んでみて、私が感じていた事とほぼほぼ同じだった事に感動しているところです。
数年前までお花畑状態だった自分がここまで成長したのか〜、と自分で自分を褒めたいくらいです。
見ると、次のエントリー記事もアップされているではないですか!
今年は色々と動きがありそうで気持ちがはやります。
早く無くならんかな〜あの国。
あと自分が一番気にしているのはIWC正式脱退表明です。
あんなカルト組織はサッサと抜けて、捕鯨国だけで組織すれば良いのです。
あ〜クジラ食べたい。
  • きいろ香
  • 2019/01/02 11:57 PM
管理者の承認待ちコメントです。
  • -
  • 2019/01/08 8:27 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM