<< 毒はシロップに混ぜて | main | 安定ルートに復帰した >>

スポンサーサイト

  • 2020.04.07 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


レーダー照射とかいう蛇足

いつも応援ありがとうございます。

政治ランキング

 

新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

・・・と、新年のご挨拶が2月間近までずれ込んだことに関しては、許してください。忙しかったんです(笑)

さて、2019年がスタートして、早くもひと月が経とうとしているのですが、正直に言って、私が想定していたよりも悪い状況です。今回は、何がどのように悪い状況かという事を、解説していきたいと思います。
さて、悪い状況と言われて、皆さんが真っ先に思い浮かべるのは、韓国のレーダー照射事件のことだと思います。私が言う悪い状況というのもまさにこれのことで、極めてイレギュラーな事態です。正直、ここまで予定を狂わせてくるとは、昨年末時点では考えていませんでした。

言っても仕方のない話ではありますが、もしレーダー照射がなかった場合、どうなっていたかをまず解説していきます。

韓国との関係が終了すること(制裁を含む)は、徴用工裁判で韓国最高裁が賠償命令の判決を出した時点で、確実なものとなっていました。

まずはこれが大前提。よって、日本が次に考えるべきは、如何に韓国が国際法という秩序を無視する違法国家であるかを世界に対して訴え、完全なコンセンサスを得た上で、国際司法裁判所への提訴や、経済制裁などの措置を、順次投入して行き韓国を干上がらせて行く――その為の情報戦及び、その情報浸透具合を予測した上での予定(スケジュール)を確立することでした。
昨年末の更新でも言った通り、日本と韓国の戦いは、アメリカと中国の戦いと、完全に連携を取らなければなりません。憲法改正も終わっていない日本は、アメリカという強力な軍事力を頼らなければならないため、この条件は外せないのです。
よって、これらの動きが表面化するのは、米中貿易戦争における新たな関税発動予定時期、つまり3月になると考えていました。事実、徴用工関係の韓国対応は計画通りに現在も進められており、このまま行けば3月に国際司法裁判所へ提訴するスケジュールは守られることでしょう。

ところが、これに一石を投じてしまったのがレーダー照射です。
はっきり言って、こんなのは韓国がレーダー照射したのが悪いだけの話な上に、日本の要求は「こういう事が二度とないように気をつけろ」という、たったのこれだけの事です。普通であれば「わかりましたごめん」で済む話ですが、韓国は普通の国ではないので、こじれにこじれてしまいました。

それでもまあ、「レーダー照射なんてしてないニダ!」と言い張っている間はかわいいもんだったんですよ。(1月前半)
完全な証拠を握られていると分かっているだろうに、往生際の悪い事だなあぐらいの感想だったんですよね。そして、徴用工判決からこっち、日本は韓国を切り捨てる方針を完全に固めていますから、レーダー照射問題についても毅然とした態度を取りました。友軍(仮)からレーダーという状況は、決して受け入れていいものではありませんからね。再発防止ぐらいは約束してもらわん事には話になりません。

なお、ここで言う毅然とした態度とは「韓国の主張を受け入れず、レーダー照射の有無をうやむやにしなかった」という点です。当たり前じゃないかと思われるかも知れませんが、民主党時代なら絶対なかった事にされてた。賭けてもいい。
はっきり言って甘すぎる対応なんですが、これまで蝶よ花よと甘やかされてきた韓国は、日本に「こらっ!ちゃんと謝りなさい!」と叱りつけられている状況に、思いっきりぶん殴られたかのような衝撃を受けてしまったようです。耐性なさすぎワロタ。

ところがここで困ったのは、この対応を切っ掛けに、韓国がついに「あれ?もしかして俺、本当に捨てられそうになってる?」と気付き始めてしまった事です。おめーそこは気付かなくていいんだよボケが。日本に切られる=死というシビアな現実に気付いてしまった韓国は暴走を開始してしまいました。

と言っても、気付かれてしまったものは仕方ないので、気付かれたなりの対応を模索するしかありません。

何度も言うように、これはイレギュラーです。本来、3月に制裁スケジュールを合わせていたものが、急速に崩れつつあります。
ここで考えられる対応は2つしかありません。

1.気付かれてしまっては仕方ない。制裁のスケジュールを早めて、2月に韓国を地獄に落とす。
メリット:日本国民の理解を得やすい。普通の目線では当たり前の対応。
デメリット:計画にない動きの為、イレギュラー不可避。最悪、韓国軍が暴走し戦争状態に突入する可能性。

2.気付かれたと言っても確信ではないだろ。レーダー照射の件はここまでとして、いつもの弱腰日本だと思わせてしまえ。
メリット:スケジュールに定められた動きを保持出来るため、イレギュラーが起きにくい。
デメリット:日本国民が怒る。選挙や憲法改正に悪影響?

という訳で、結構切迫した選択を迫られています。
韓国世論は、「やった事は韓国が悪いにしろ、それを暴いて(恥をかかせて)韓国を潰すと言うなら、日本への攻撃もやむなし」という所まで盛り上がってしまっています。あの国の人たちは、火が付いたら燃え上がるまで一瞬なので・・・このまま恥をかかされるぐらいなら、逆ギレからの玉砕上等という、韓国の国民性は考慮せざるを得ないでしょうね。その先にある破滅を見通せるほど、彼らは賢くありません。端的に言うなら、アホです。韓国世論は、韓国側が嘘をついている事は分かっていて、それでも恥をかかせる日本が悪いというスタンスなのです。改めてクソだなあの国。
残念ながら、文在寅とかいうド無能が大統領をやってるせいで、暴発する危険性は意外と高いと言わざるを得ません。暴走を抑え込める有能なら、そもそもこんな事にはなってないんだよなぁ・・・この期に及んでだんまりとか、もうホント死ね以外の感想が出てこないレベルの無能大統領。

1の選択も2の選択も、どちらにしてもろくでもない事は変わらないので、本当にレーダー照射とか余計なことをしやがって・・・という気持ちでいっぱいです。もし韓国軍がこれを狙ってレーダーを当てたのだとすれば、とんでもない有能です。座して死を待つしかなかった所に一石を投じたわけですから、狙ってやったなら大したもんだ。多分狙っての事ではありませんが。対応が場当たり的すぎるので、普通にやべー所を見られて焦っただけですね。

 

正直、韓国にとどめを刺すだけの材料は徴用工判決だけですでに十分揃っているので、追加されてしまったレーダー照射問題は余計なものでしかありません。ここでの日韓関係悪化ブーストは必要なかったんですよ。まさしく、完成された蛇の絵に付け加えられてしまった足――蛇足であると言えます。


安倍総理にとっても最大の悩みどころでしょう。スケジュールの前倒しという1の案を取れるように実務面の調整をしつつも(当然、その調整にはアメリカとの交渉も含まれる為、非常に高難度です)、流石にそんな急なスケジュール変更はどうしても無理となった時のために、2の懐柔案へスムーズに移行できるように事前に手を打っておく必要があります。事実関係を防衛省が公表しつつも、具体的な制裁の話を出していないのは、この為でしょう(情報だけは出しておかないと韓国から滅多打ちにされてしまう。ただし、具体的に制裁を開始して暴走されるのもまだ困る)。懐柔案へ舵を切ったら、そのタイミングでアメリカからの仲裁があるかも知れません。トランプ大統領が公式にこの件について触れてこないのは、どちらの対応にするかがまだまとまっていないためでしょう。

もちろん、アメリカが韓国の味方をするという選択は、すでに消えてますので大丈夫。
 

こういう感じのニュース(【岩屋防衛相】レーダー照射、日韓協議継続を表明とか、韓国非難決議、与党からも「国会でそんなのやるもんじゃない」と慎重論へ)が出たりするのも、早々に2の選択肢を潰す愚を犯さないためでしょうね。選べる道が多いに越したことはない。よって、日本政府が十分に機能し、冷静な判断が出来る状態にあるという事は、疑っていません。
ターニングポイントはレーダー照射された音を動画公開した所ですね。ここまでしてもなお、韓国国防部が「ただの機械音」などと、目玉が飛び出るようなことを言ってくるとは、さしもの日本政府も読めなかったのだと思います。この時点では、実務者協議の再開、再発防止で互いに矛を収めるというストーリーで、少なくとも日本側は動いていたはずです。ところがこのポイントを境に、韓国は主張の正当性を完全に無くし、発狂しました。
俺をここまで追い詰めた日本が悪いんだああああああっ!うおおおおおおっ!!
とか、そういう感じ。開き直られても困るんですが、これが本当に有効過ぎて日本としては非常に困る。
日本としては、韓国には穏便に滅びていただきたい訳であって、別に戦争で滅ぼしたい訳じゃないんですよね・・・いや、やらざるを得ないとなれば、やるしかないんだけれども。この辺、アメリカが中国に対して抱いている気持ちと、非常に近いと思います。
このままでは「徴用工からの制裁(国際法違反への制裁)」の流れが「レーダー照射への制裁」に性質を変えてしまい、予測不可能なアクシデントを招きかねない・・・という所で、日本政府内でも葛藤があるのだと思います。
レーダー照射への制裁は軍事衝突の性質を帯びてしまうので、日韓戦争につながりかねない危険な制裁になってしまうのですね。何度でも言いますが、レーダー照射はイレギュラーです。蛇足です。そんなものはなかった事にしたいのが日本政府の本音なのです。あくまでも、レーダー照射及び威嚇飛行の問題は、両国の間ですでに解決済みという状態から、経済制裁を開始したいのです。(逆に言うと、制裁開始後、韓国は「レーダー照射への報復だ!日本が仕掛けた戦争だ!」とミスリードを誘ってくる可能性が高いでしょうね)
国際法違反への制裁は国際社会からの理解を得やすいですが、マジもんの軍事衝突の話ではこれまでの根回しがすべて消し飛んでしまいます。
韓国国防部からのマニュアル改定(低空飛行されたらレーダー照射しろ)とか、韓国軍の「日本の威嚇飛行はヘリで妨害してやる」とかの発言を見るに、すでに韓国は発狂&暴走している訳ですが。これだから基地外の相手は疲れるんだよなぁ・・・どう収束に持って行けばいいのか、さっぱりわからん。当然、これだけの発狂の裏には、「監視されたらマジで一発で国が吹っ飛ぶレベルのヤバい事実(瀬取り等で、おそらく日米はその内容をある程度把握した上で秘匿している)」があるのでしょうね。皆さんの中でも疑いは確信へと変わっていると思います。

とは言え、軽々には出来ない「そこまで言うなら日本と戦争だ!」というマジキチ外交カードを、このタイミングで切ってくると予想していた人は、さすがにほとんど居ないんじゃないでしょうか・・・いや、確かに韓国が切れる札なんて、もうそれぐらいしか残ってないのは事実だけどさ・・・実態はどうあれ一応まだ友軍って設定なんだから、建前ぐらいは守ってほしいんだよなぁ・・・

ここはひとまず、「韓国がそこまで強硬な姿勢を見せるとは思ってなかった。具体的な制裁はしないから話し合おう」という路線で懐柔しておいて、3月から計画通りに仕留める(要するに2の案)のが賢いような気はします。
そりゃあ、強気の姿勢に日本が負けたような恰好になれば、韓国は勝ち誇って相当ウザい言動を繰り返すでしょうが、それを飲まざるを得ない状況になってしまったかも知れません。韓国は滅びの未来に気付き、マジで自らの基地外性を武器にして来てます。この姿勢の変化が見えたから、ヤバいと思いました。それは長い目で見れば韓国の自滅でしかないんだけど、短期的にはとても困る。韓国の人たちは、受け入れたくない現実から逃れるためなら、自殺特攻も辞さない危うさがあります。国規模の通り魔殺人犯になり得るという事です。
「想定よりも悪い状況」というのはそういう意味ですね。
早く制裁を開始して欲しい気持ちは私も同じですが、何事にも順序というか機というか、タイミングがあるという事をお伝えしたかった。新年早々ですが、保守論壇はめちゃくちゃ荒れそうです(笑)
しかし、これまでの日本とは違い、「事実を曲げてまで韓国を庇う」という事はもうなさそうなので、そういう意味では安心かな?
安倍総理がどちらの道を選ぶのかは、今後の動きを見るしかないわけですが、さて・・・


↓思ってたよりヤバかった!と思った方はクリック


政治ランキング


スポンサーサイト

  • 2020.04.07 Tuesday
  • -
  • 17:36
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
更新ありがとうございます!
レーダーの件安倍総理が何も言わないのが日本側の立ち位置のヒントかと。
但し、今月末からの国会で野党が、制裁を煽る質問をするかというと…
皆、日本が悪い!とか言いそうでw
だから、韓国自身がどうするか?当然、真人さんの危惧のとおり、飛行機を攻撃するとか日本人を拉致するとか有りそうですね。
まあ、但し現時点で既に中国にはスパイ容疑とやらで複数人が、北朝鮮にはめぐみさんが拉致されてるんですよね。
韓国得意?の瀬戸際外交がずるずる期限までの1ヶ月続くのではないかと予想します。

米朝会談で、高麗連邦をトランプさんが認めるか?これで韓国はホルホルして、破滅へのスピードを一気に加速するのでしょうね。

  • よっちゃん
  • 2019/01/26 9:15 PM
トランプ大統領が金正恩と2月に会見をするという話が出てきましたが、これは韓国の暴走を押さえるためのものですかね?
韓国にとって大事な北が、アメリカと交渉をするのを韓国がぶち壊すようなことはまさか無いだろう、と日米で考えたんでしょうか?
  • ユビキノール
  • 2019/01/27 12:24 AM
そうか!徴用工!
すみません、すっかり忘れてました。
そっちから攻めればよかったんですよね。

全体を俯瞰して見渡すことの大事さ、とてもよくわかりました!
  • チャロチャロ
  • 2019/01/27 7:20 AM
FCレーダー照射については、これまで何度も拙ブログでも取り上げてきましたが、「はぁ?」の世界ですね。

指摘されなければ見逃すような点にしか見えない距離にしか近づいていないのに、『威嚇された』というのですから、『韓国兵士は、どれだけチキン(臆病者)なのか?』と言いたくなります。

多分世界中の軍関係者から、笑いものになっている事でしょう。
各国に駐在する韓国大使館付武官は、相当肩身の狭い思いをしているでしょうね。

あんな言いわけで騙せるのは、コリアンか、軍事知識をあまり持たない日本の多くの人たち位でしょう。

そしてご指摘の通り、韓国政府の政治家たちの暴走で、意図せぬ日韓戦争に発展する可能性は、否定できない状況です。

もはや抱えた問題を処理しきれず、メダパニ(混乱)状態と言って良さそうですから、言語明瞭、意味不明瞭というような会話しか、成り立っていないですね。

防衛省が『今後レーダー照射についての日韓間での協議を行わない』という発言も、3月まで状況の保留を考えてのことならば、納得ですね。

そうなると、来月の焦点は、米朝首脳会談がいつどこで開かれ、何が話われるか、本当に開催までこぎつけられるのかの攻防が、焦点になりそうですね。

それも韓国軍が暴走すれば、すべておじゃんでしょうが。
>もし韓国軍がこれを狙ってレーダーを当てたのだとすれば、とんでもない有能です。
邪推・レーダー照射した船のクルーが文大統領、というか北朝鮮の息のかかった皆様だった可能性。
というか、そもそも文ちゃん自体が北朝鮮の韓国遠隔操作マシーン的存在(某生物災害ゲームのネメシスみたいな状態)で韓国を「自らの基地外性を武器にする」方向性に誘導する役割を帯びている。韓国がお亡くなりになったり大混乱になってもその隙に北の本国は核を売るとかトップが高飛びするとかのいろいろと行動を起こせるから別に構わない…

と、妄想はこれくらいにしておきましょう。キリがありません。

岩屋防衛相が
「うやむやにはしないけど、制裁とかはしない」みたいなスタンスであるおかげでツイッターや現場の自衛隊の皆さんを中心に非難されていますが、真人氏の仰ることを聞いてからでは極めて絶妙な人選であったと言わざるを得ません。

たしかに岩谷さんはおぼっちゃんかもしれない、喧嘩はできないタチかもしれない、だけどちゃんと安倍総理の意向を遵守して、韓国に対し真綿で首を絞める攻撃は継続しつつ、遺憾の意を表明するといった弱腰な日本役もまっとうしています。
「有事の前の最終準備の段階」における防衛相としての役回りとしては岩屋さんは正直ベストかと思っています。

逆に小野寺さんが今、防衛大臣の椅子にいれば、もしかしたら日本から手を出すような事態になった可能性もありえなくはないですし、もしそうならなかったにしても小野寺さんほどの有望株をまだ正念場にも入っていない段階でみすみす失ってしまうことにも繋がりかねません。

それにしても幸いなのは今のところ国内の敵が荒れる保守論壇とは裏腹に通常営業でいらっしゃるおかげで(具体的には「日本(もしくは安倍)が悪い!」の連呼しかしないこと)保守の「韓国制裁論」とせめぎ合ってうまい具合にバランスが取れてしまっていることでしょうかね。

裏を返せば、もし国会開会以降に野党やマスコミが一斉に「韓国を制裁すべき」みたいな論調になったら赤信号ということになることを忘れないでおきたいと思います。
  • 翼望
  • 2019/01/28 1:47 PM
一部の方や声のデカイ方が岩屋が悪い、未来志向とは何事だと宣って居ますが気にしない気に掛けない方が良いと思ってます。
岩屋の発言は、日米韓が連携を取って行くような努力をしたい、がしかし現状の儘ではそうはいかんでしょ。と言うことですから。
日米韓の連携とは我が国が取り続けた方針その物な訳で、これ以外言いようが実は無いんですね。
安全保障体制の移行期でしょうから、日米韓の連携と云う今までの方針を前面に打ち出して、時間を稼ぎたい思いは安部総理も日本政府もアメリカ政府でさえ持ち合わせてると思いますよ。
何で岩屋が攻撃されてるかと云えば、日韓防衛協議を打ち切った事に対する南北朝鮮側の工作の可能性を強く感じますね。
韓国側が防衛協議で日本側、防衛省に取り付けたい要求が有ったと思ってますよ。
FCレーダー照射も其の為の工作の可能性まで有ると疑ってますがね。
近寄られたら困る追い払いたい、近寄れなくしたい。
防衛協議
韓国「危険行為がー!再発防止と謝罪がー!」
日本側譲歩
背取りも楽々安心。過去の流れでは、そう成りそう。
  • サンサン
  • 2019/01/28 10:15 PM
韓国軍のレーダー照射に対し日本が対話で解決しようとしていることについて左側の人が反対している理由が私にはよくわかりません。

軍事的行動に対し対話しようというのは彼らが大好きな考え方だと思います。やはり安倍政権が嫌いなだけのイチャモンなのでしょうか。
  • 大和魂
  • 2019/01/29 3:47 PM
【 大事な事を忘れています!】

『 日本と韓国の戦いは、アメリカと中国の戦いと、完全に連携を取らなければなりません。
 憲法改正も終わっていない日本は、アメリカという強力な軍事力を頼らなければならないため、この条件は外せないのです。 』

 日本がアメリカと日米安全保障条約を結ぶ同盟国であると同時に、韓国もアメリカと米韓相互防衛条約を結んでいる同盟国なのを忘れています。

 実際、韓国軍は、ベトナム戦争にアメリカ軍と共に参加し、アメリカ軍と共に血を流して居ます。

 また、出来の悪い子程可愛い、喩の如く、御兄さん的な立場の日本が、何時も出来の悪い韓国に割を食って居ます。

 先日、アメリカ軍の思いやり予算の増額に、韓国は応じましたし、アメリカ連邦議会の、日韓は仲良くしろ決議も成立しました。

 この問題は、アメリカが、韓国と手をきるか、日本が改憲・核武装するしか解決しません!
  • 三角四角
  • 2019/02/27 9:21 PM
質問でーす
真人さんはツイッターやらないのですか?
  • モスラ1999
  • 2019/03/01 7:57 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM